佐々木 啓祐(ささき けいすけ、1901年4月29日 - 1967年3月30日)は、日本映画監督

人物編集

東京市出身。宮城商業学校水産科卒業。小山内薫の新劇運動に加わり、1920年の創立とともに松竹キネマに入社。27年「深窓の美女」で監督になる。女性映画・母ものを手がけたが、佐野周二主演の滝廉太郎の伝記映画「荒城の月」(1937年)などもある[1]

監督編集

  • 1935年 もの言はぬ姉
  • 1935年 海の兄弟
  • 1935年 爆弾花嫁
  • 1936年 最後の幸福
  • 1936年 母の面影
  • 1936年 お芙美の評判
  • 1936年 密漁の夜
  • 1937年 荒城の月
  • 1937年 出船の歌
  • 1937年 衣裳花嫁(林房雄原作)
  • 1938年 銀色の道(小島政二郎原作)
  • 1938年 新しき翅(片岡鉄兵原作)
  • 1938年 半処女(小島政次郎原作)
  • 1938年 純情夫人
  • 1938年 西海岸の娘達
  • 1938年 結婚の宿題
  • 1939年 向日葵娘(宇野千代原作)
  • 1939年 春雷 前篇 愛路篇(加藤武雄原作)
  • 1939年 春雷 後篇 審判篇
  • 1939年 日本の妻 前篇 流転篇
  • 1939年 日本の妻 後篇 苦闘篇
  • 1939年 女人新生
  • 1939年 母は強し
  • 1940年 花の雷雨
  • 1940年 都会の奔流
  • 1940年 くろがねの力
  • 1941年 男への条件
  • 1941年 争ひなき真実
  • 1941年 踊る黒潮
  • 1942年 高原の月
  • 1942年 愛国の花
  • 1943年 秘話ノルマントン号事件 仮面の舞踏
  • 1944年 女性航路
  • 1946年 女生徒と教師(菊池寛原案)
  • 1946年 鍵を握る女
  • 1946年 許された一夜
  • 1947年 二連銃の鬼
  • 1947年 シミ金の拳闘王(出演:清水金太郎
  • 1948年 シミ金の探偵王
  • 1948年 鐘の鳴る丘 第一篇隆太の巻(菊田一夫原作)
  • 1949年 鐘の鳴る丘 第二篇修吉の巻 
  • 1949年 鐘の鳴る丘 第三篇クロの巻
  • 1949年 海の野獣(梶野悳三原作)
  • 1950年 母(鶴見祐輔原作)
  • 1950年 七つの宝石(モーリス・ルブラン原作)
  • 1950年 三つの結婚(菊池寛原作)
  • 1951年 母待草(竹田敏彦原作)
  • 1951年 母化粧(竹田敏彦原作)
  • 1952年 母の願い(小糸のぶ原作)
  • 1952年 愛情の決闘
  • 1952年 母は叫び泣く
  • 1952年 わが母に罪ありや(橋田寿賀子脚本)
  • 1953年 乙女の診察室(松平京子原作)
  • 1953年 雪間草(今日出海原作)
  • 1953年 朝霧(富田常雄原作)
  • 1954年 螢草(久米正雄原作)
  • 1955年 母性日記
  • 1956年 お母さんの黒板

脚注編集

  1. ^ 『日本映画人名事典 監督編』