メインメニューを開く

佐々木 孝次(ささき こうじ、1945年9月12日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手捕手)。

佐々木 孝次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 (1945-09-12) 1945年9月12日(74歳)
身長
体重
172 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1964年
初出場 1965年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

広島・広陵高校では、1963年夏の甲子園に五番打者、中堅手として出場。2回戦(初戦)で花巻北高を降すが、3回戦では高田商の中川久輝に完封を喫する[1]。高校同期に四番打者、三塁手の山本英規(巨人)がいた。

1964年中日ドラゴンズに入団。1964年、1965年ジュニアオールスターに連続出場、1965年にはMVPを獲得する。入団3年目の1966年にプロ初本塁打を放つ。1968年は自己最多の38試合に出場、うち8試合には左翼手右翼手として先発する。しかし翌年は4試合のみの出場に終わり、同年限りで現役引退。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集


















































O
P
S
1965 中日 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1966 11 9 9 1 1 0 0 1 4 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .111 .111 .444 .556
1967 7 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1968 38 55 54 3 13 4 0 0 17 1 0 0 0 0 0 0 1 12 0 .241 .255 .315 .569
1969 4 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 64 75 74 4 14 4 0 1 21 2 0 0 0 0 0 0 1 19 0 .189 .200 .284 .484

表彰編集

背番号編集

  • 38 (1964年)
  • 48 (1965年 - 1969年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集