佐々木宏一郎

佐々木 宏一郎(ささき こういちろう、1943年8月30日 - 1989年5月22日)は、岐阜県揖斐郡池田町出身の元プロ野球選手投手)・解説者

佐々木 宏一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県揖斐郡池田町
生年月日 1943年8月30日
没年月日 (1989-05-22) 1989年5月22日(45歳没)
身長
体重
184 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年8月9日
最終出場 1981年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

史上11人目の完全試合達成者。

1960年代後半から1970年代前半にかけての近鉄バファローズにおいて、鈴木啓示清俊彦と共に主力投手の1人として活躍した。

目次

経歴編集

岐阜短期大学付属岐阜高校時代の1961年夏の甲子園県予選で準決勝に進出するが、県岐阜商に敗退。1962年大洋ホエールズにテスト入団。120人の応募者の中で、唯一のテスト合格者であった。1年目から早速一軍での登板機会があり、4試合で1勝を挙げるが、同年オフに解雇され、1963年近鉄バファローズへ移籍。別当薫監督と故郷・岐阜の先輩でもある武智文雄二軍投手コーチに鍛えられ、アンダースローから繰り出される切れの良いシュートとスライダーを武器に、次第に頭角を現した。最も活躍したのは1970年で、10月6日南海ホークス戦でプロ野球史上11人目となる完全試合を達成している。同年には、最高勝率(17勝5敗、勝率.773)のタイトルも獲得した。なお、防御率は新人王にも選ばれた佐藤道郎(南海)に次ぐ2位であった。1975年シーズン途中、島本講平外野手との交換トレードで南海ホークスに移籍後は、主に中継ぎで起用された。そして、1981年オフに引退。プロ野球選手として20年という長期間を過ごしたが、在籍した3球団でリーグ優勝を1度も経験できなかったことが、心残りであったという。

普段は口数も少なく物静かな性格であったが、1967年8月3日の対阪急ブレーブス戦では阪急ファンのヤジに立腹してスタンドのファンにボールを投げつけて負傷させ、パ・リーグから厳重戒告と制裁金の処分を科されている。

引退後はKBS京都近鉄エキサイトアワー解説者1982年)を経て、心斎橋でスナック『ササ』を経営した。

1989年5月22日肝臓癌の為、大阪市住之江区内の病院で逝去。享年45。

エピソード編集

大洋ホエールズをわずか1年で解雇されたのは、この年(1962年)のシーズン途中に日本石油野球部から同姓の佐々木吉郎投手が加入したため、「佐々木は2人もいらない」という全く不可解な理由によるものといわれている。佐々木宏一郎本人は「人生の理不尽を感じた」と語る一方、「野球ができればどこでもよい」と自らに言い聞かせたという。[1]なお、佐々木吉郎も1966年に完全試合を達成している。

近鉄バファローズの入団テストに合格した際、佐々木の獲得を推挙したのは投手コーチだった武智文雄である。佐々木は、武智の現役時代と同じ背番号「16」を背負い、近鉄の主力投手として活躍し、1970年に球団史上2人目の完全試合を達成した。佐々木の入団当時は背番号「16」を武智が付けていたが、入団翌年の1964年に佐々木と武智が背番号を交換した。

また、近鉄球団で初の完全試合を達成したのは、佐々木を指導した武智である(1955年6月19日、大映スターズ戦)。武智はパールス時代の球団創成期よりエースとして活躍し、1954年には26勝を挙げて最多勝利のタイトルを獲得。そして、近鉄球団の投手では初の通算100勝も達成している。

更に、2人の完全試合はいずれも大阪球場で成し遂げられたもので、右下手からの変則投法であった点も武智と佐々木は共通していた。なお、プロ入り当初はサイドスロー気味のフォームで投げていた佐々木にアンダースローへの転向を勧めたのも武智である。「アンダースローになって球威が増した」と武智は評している。

近鉄球団に在籍した期間のみの成績で通算100勝以上を記録したのは、55年の球団史において武智(100勝)・佐々木(113勝)・鈴木啓示(317勝)のわずか3人だけである。

近鉄時代のチームメートだった土井正博も佐々木と同じく、西武移籍後の1981年に現役を引退しているが、水島新司作の「あぶさん」ではシーズン終盤の西武ー南海戦で試合冒頭、引退登板として打者一人だけに登板しているが、この試合でかつての僚友への餞としてトップバッターを務め、キャッチャーフライに討ち取られ、労を労った際に、佐々木に「俺も決心がついた」と話し、佐々木もダグアウトに戻った際、景浦に「土井も今季限りだそうだ」と語るシーンが描かれている。因みに両者ともチーム在籍中、選手として優勝の美酒を味わう事はなかったが、近鉄は佐々木の南海移籍後に初めて、西武も土井の引退翌年に西鉄時代の1963年以来の(福岡から所沢に移転後では初めて)優勝をしている。

引退後、KBS京都で解説を担当したが1年で辞めている。夫人によれば、佐々木本人はもうちょっとやりたかったようだが、もともとの喋り下手に加え、KBS側からの「7:3くらいで近鉄を応援した放送を」[2]という要請に反して、完全に中立的なトーンで解説を行っていたことが影響したという。[3]

引退後に開いたスナック「ササ」には完全試合達成時の佐々木のピッチングフォームを撮影した写真パネルが飾られ、電話番号も下4桁が現役当時の背番号から0016とし、コースターは球形で数字の16とボールの縫い目を描いたもの、さらに箸置きも野球帽を形どったものにするなど、随所にベースボールスナックとしての特色を出すための工夫を凝らしていたという。佐々木は客に対しての愛想はあまり良くなかったが、常連客達はむしろそれを気に入っていたのだという[4]。なお、「ササ」は佐々木の逝去後も夫人の手で切り盛りされていたが、1994年に閉店した。[5]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1962 大洋 4 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 42 10.1 9 1 1 0 1 6 0 0 6 6 4.91 0.97
1963 近鉄 41 11 1 0 1 4 5 -- -- .444 482 116.1 105 18 29 3 7 81 0 0 46 40 3.08 1.15
1964 73 24 4 2 1 10 17 -- -- .370 921 227.1 189 22 57 3 8 161 2 0 97 79 3.13 1.08
1965 38 20 5 2 0 7 20 -- -- .167 624 149.1 148 14 35 2 5 119 0 0 72 64 3.87 1.23
1966 46 33 9 4 1 8 12 -- -- .400 884 214.1 178 18 67 5 9 133 0 0 77 67 2.82 1.14
1967 46 26 9 3 1 14 10 -- -- .583 882 218.1 203 18 45 2 7 121 0 0 91 82 3.39 1.14
1968 52 27 6 1 0 11 15 -- -- .423 813 191.2 174 23 70 10 8 134 1 1 89 74 3.47 1.27
1969 47 22 7 1 1 15 7 -- -- .682 795 199.0 165 10 39 6 13 93 3 0 62 52 2.35 1.03
1970 43 27 10 6 4 17 5 -- -- .773 865 219.0 181 15 44 5 5 102 0 0 59 50 2.05 1.03
1971 41 33 6 2 3 13 11 -- -- .542 933 228.1 207 16 47 11 10 117 1 0 98 81 3.20 1.11
1972 36 30 8 5 0 10 15 -- -- .400 829 199.2 189 19 49 12 12 86 0 0 90 77 3.47 1.19
1973 27 13 2 1 0 2 9 -- -- .182 357 79.1 96 16 20 7 5 37 0 1 61 49 5.58 1.46
1974 15 5 1 0 0 2 1 0 -- .667 161 34.2 47 6 7 1 4 10 1 0 27 24 6.17 1.56
1975 南海 14 12 4 1 0 4 4 0 -- .500 359 85.0 97 9 16 0 3 30 1 0 38 34 3.60 1.33
1976 13 5 0 0 0 2 3 0 -- .400 165 39.2 38 4 12 0 2 12 0 1 20 19 4.28 1.26
1977 20 7 3 0 1 4 2 1 -- .667 329 80.1 80 9 15 1 2 14 0 0 34 31 3.49 1.18
1978 41 1 0 0 0 1 5 2 -- .167 393 96.0 103 6 10 1 7 32 1 1 40 33 3.09 1.18
1979 38 15 2 0 1 3 7 1 -- .300 589 139.2 144 16 27 7 8 37 0 0 66 54 3.47 1.22
1980 19 8 1 0 0 3 4 0 -- .429 277 58.2 81 17 21 0 5 19 3 0 55 52 7.93 1.74
1981 13 2 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 145 33.1 45 7 8 2 1 9 0 1 23 19 5.18 1.59
通算:20年 667 321 78 28 14 132 152 4 -- .465 10845 2620.1 2479 264 619 78 122 1353 13 5 1151 987 3.39 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル編集

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000奪三振:1971年7月4日、対阪急ブレーブス18回戦(日生球場)、1回表に福本豊から ※史上40人目
  • 100勝:1971年10月4日 対南海ホークス23回戦(日生球場)、9回表に2番手で救援登板・完了、1回無失点 ※史上55人目
  • 500試合登板:1974年5月26日、対南海ホークス前期9回戦(大阪球場)、先発登板で6回4失点 ※史上30人目
  • 600試合登板:1979年4月16日、対近鉄バファローズ前期3回戦(大阪球場)、7回表1死に2番手で救援登板、1回2/3を1失点 ※史上17人目
その他の記録
  • オールスター選出:2回 (1968年、1969年)
  • 完全試合:1970年10月6日、対南海ホークス23回戦(大阪球場)、投球数99・奪三振4・内野ゴロ10・内野フライ7・外野フライ6 ※史上11人目
  • 63打席連続無安打:1966年4月10日 - 1966年10月4日、近鉄球団記録、パ・リーグ2位[6]

背番号編集

  • 56 (1962年)
  • 62 (1963年)
  • 16 (1964年 - 1975年途中)
  • 32 (1975年途中 - 1980年途中)
  • 16 (1980年途中 - 同年終了)
  • 53 (1981年)

脚注編集

  1. ^ 『完全試合』(北原遼三郎著、東京書籍刊、1994年)、P292。
  2. ^ 当時、KBSテレビでは近鉄グループ1社提供による自社制作の近鉄戦の中継が行われ、それに佐々木も出演していた。(詳細はKBS京都エキサイトナイターを参照)
  3. ^ 前記『完全試合』、P310。
  4. ^ 前記『完全試合』、P303-304。
  5. ^ 前記『完全試合』、P315。
  6. ^ 個人打撃連続記録(3) Archived 2013年12月3日, at the Wayback Machine.パ・リーグ公式サイト

関連項目編集