佐々木宏 (クリエイティブディレクター)

佐々木 宏(ささき ひろし、1954年10月18日[1] - )は、日本クリエイティブディレクター

目次

略歴編集

熊本県八代市出身[1]慶應義塾大学卒業。1977年、電通入社。新聞雑誌局に6年。宣伝会議のコピーライター養成講座を受け、クリエーティブ局に転局。以後20年にわたり、コピーライター、クリエーティブディレクター、クリエーティブ局長職を経て、2003年7月「シンガタ」を設立。企業イメージや商品イメージのブランディングをはじめ、数多くの広告作品を手掛けている。

受賞編集

ACC全日本CMフェスティバル グランプリ3回。TCC(東京コピーライターズクラブ )最高賞6回。ADC(東京アートディレクターズクラブ)最高賞3回。カンヌ国際広告フェスティバル金賞。広告電通賞、朝日広告賞。日経広告賞。毎日広告デザイン賞最高賞。フジサンケイ広告賞グランプリ。JR東日本ポスターグランプリ2回。クリエーター・オブ・ザ・イヤー賞2度ほか多数受賞。CM-INDEX年間CM好感度5年連続第1位(ソフトバンク)。

主な仕事編集

略歴編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.286
  2. ^ ソフトバンク、CMの裏に制作陣の「SMAP愛」 - niftyニュース(モデルプレス)、2016年12月27日
  3. ^ 椎名林檎らリオ五輪閉会式で東京引き継ぎ式メンバー - 日刊スポーツ、2016年1月26日
  4. ^ 佐々木宏氏、菅野薫氏、リオ五輪閉会式での東京引継ぎ式メンバーに - #ブレーン | AdverTimes、2016年1月27日