メインメニューを開く

佐々木 政義(ささき まさよし、承元2年(1208年) - 正応3年6月17日1290年7月24日))は、鎌倉時代前期の武将。鎌倉幕府御家人佐々木義清の嫡男。通称は隠岐太郎。官位は左衛門少尉隠岐出雲両国の守護職

来歴編集

 
花輪違(七宝に花角)

承元2年(1208年)、佐々木義清の嫡男として生まれる。

鎌倉幕府第5代将軍藤原頼嗣の近習となる。

父の歿後、隠岐出雲両国の守護職を相続したが、三浦泰村と諍いを起こし憤怒に任せて、建長2年(1250年)無断で出家をして心願と号した。この無断出家の罪により政義の職掌・所領は没収され、弟の佐々木泰清が、隠岐出雲両国の守護を継承した[1]

正応3年6月17日1290年7月24日)入寂。享年83

補注編集

  1. ^ 吾妻鏡』第40巻、建長2年(1250年)12月大29日庚申條。「隠岐太郎左衛門入道心願者、佐々木隠岐前司義清が嫡男。幕府の近習也。俄に以て出家遁世令め訖。而るに若狭前司泰村、北條殿御縁者と為し、殆ど武家の権柄を極め、已に諸人之上首を爲すに似たり。時于、心願獨り異心を挿み坐着の上下の如き之事に就き、度々喧嘩に及ぶ。始終之を相争うを不得と出家之企て此の事に於て起こすと云々。件の所領に於て者、舎弟次郎左衛門尉泰清に賜はる」による。

参考文献編集

関連項目編集