メインメニューを開く

佐々木 晶三(ささき しょうぞう、1956年1月15日 - )は日本中央競馬会栗東トレーニングセンターに所属する調教師で元騎手

佐々木晶三
Syozo-Sasaki20100529.jpg
2010年金鯱賞表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1956-01-15) 1956年1月15日(63歳)
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 中村武志(1974年3月 - 1981年2月)→
工藤嘉見(1981年3月 - 引退)
初免許年 1974年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1982年9月30日
重賞勝利 2勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 1183戦137勝
調教師情報
初免許年 1994年
経歴
所属 騎手(1974年3月 - 1982年9月)→
杉村一馬(1982年10月 - 1985年2月)→
田中耕太郎(1985年3月 - 1986年10月)→
坂口正則(1986年11月 - 1994年2月)→
栗東T.C.
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1974年中村武志厩舎所属として騎手デビュー。キョウエイライジンに騎乗し、初騎乗で初勝利を挙げる。1979年桜花賞を師匠の管理馬であるホースメンテスコで制してG1初勝利を挙げた。1981年工藤嘉見厩舎に移り、1982年に騎手を引退し、杉村一馬厩舎の調教助手に転身した。騎手成績は1,183戦137勝であった。

その後、田中耕太郎厩舎、坂口正則厩舎と移り、1994年に調教師免許を取得し、厩舎を開業。初出走は同年11月26日京都競馬第1競走のヤマトタイトルで3着。初勝利は同年12月25日阪神競馬第2競走のヤマトタイトルで延べ10頭目であった。

1996年デイリー杯3歳ステークスシーキングザパールで制して重賞初勝利を挙げた。同馬は翌年のシンザン記念も勝ったが、ローテーションなどで馬主と対立し、森秀行厩舎へ転厩となった。

2003年のジャパンカップタップダンスシチーで制し、G1初勝利を挙げると、続くようにコスモサンビーム朝日杯フューチュリティステークスを勝利した。以降は順調に勝利数を伸ばし、栗東の有力厩舎のひとつに数えられるようになった。レース前のインタビュー等で強気なコメントをすることが多く見られる。

佐藤哲三(2014年現役引退)を主戦騎手として佐々木厩舎の馬に騎乗させるケースが多かった。ちなみに佐藤は佐々木に対する尊敬と親しみを込めて「晶ちゃん先生」と呼んでいる。それ以外では田中克典中村将之が多く起用される傾向がある。以前は武豊の起用は少なかったが、増加傾向にある。

2013年、キズナ東京優駿(日本ダービー)を制し、ダービートレーナーとなる。

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗回数 勝率 連対率
平地 137 112 110 1182 .116 .211
障害 0 0 0 1 .000 .000
137 112 110 1183 .116 .210
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗・初勝利 1974年3月2日 - キョウエイライジン - - 1着
重賞初騎乗 1974年4月14日 小倉大賞典 タイラップ 15頭 15 15着
GI級初騎乗・初勝利 1979年4月8日 桜花賞 ホースメンテスコ 22頭 15 1着

主な騎乗馬編集

  • ホースメンテスコ(1979年桜花賞)
  • オーバーレインボー(1980年京都新聞杯)

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1994年11月26日 1回京都7日1R 3歳未勝利 ヤマトタイトル 8頭 2 3着
初勝利 1994年12月25日 7回阪神8日2R 3歳未勝利 ヤマトタイトル 11頭 1 1着
重賞初出走 1995年4月2日 4回京都4日11R 大阪杯 フジノショウブ 13頭 13 12着
重賞初勝利 1996年10月19日 4回京都5日11R デイリー杯3歳S シーキングザパール 16頭 1 1着
GI初出走 1996年12月1日 5回阪神2日11R 阪神3歳牝馬S シーキングザパール 10頭 1 4着
GI初勝利 2003年11月30日 4回東京8日10R ジャパンC タップダンスシチー 18頭 4 1着

主な管理馬編集

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走、太字はGI級競走。

関連項目編集