メインメニューを開く

佐々木 秀六(ささき しゅうろく、1947年3月14日 - )は、日本の元レーシングドライバー。現役時代は「マムシの秀六」と呼ばれた。息子はレーシングドライバーの佐々木孝太

略歴編集

広島県出身。広陵高校時代には野球部に所属し甲子園に出場している。

元々はホンダメカニックだったが、テストでの速さが認められドライバーに転身。1968年にレースデビュー。ツーリングカーFL500を経て、1977年にFJ1300でランキング2位となり、1980年には日本F3チャレンジカップ(現・全日本F3)でチャンピオンを獲得。翌年にはイギリスF3にフル参戦(最高3位)した。

以降は、フォーミュラカー(全日本F3、フォーミュラ・パシフィック全日本F2)やツーリングカー(全日本ツーリングカー選手権)、耐久レース(全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権)など様々なカテゴリーで活躍した。

2000年には全日本GT選手権の第1戦にスポット参戦し、息子の佐々木孝太と親子で同じレースに出場。2010年には鈴鹿クラブマンレースの第4戦に、自身の念願だった親子コンビでの出場を果たした。

現在は鈴鹿市でガラスコーティングとカーフィルムの専門店を経営している。

関連項目編集

外部リンク編集