メインメニューを開く
花輪違(七宝に花角)

富田 義泰(とだ よしやす、生没年不詳)は、鎌倉時代初期の御家人佐々木泰清の四男。月山富田城主。佐々木四郎とも称す。官位は左衛門尉大夫判官。紋は「花輪違(七宝に花角)」。

佐々木流富田氏の祖編集

佐々木頼泰は、出雲国神門郡塩冶郷を領し、塩冶氏を称して出雲国守護職を父泰清から継承した。頼泰の弟である義泰は、父泰清から出雲国意宇郡富田庄を分与せられ、祖父佐々木義清の築城した月山富田城(がっさんとだじょう)を本拠として富田氏を称す。子に泰茂師泰頼秀胤清宗泰秀泰がいる。

関連項目編集