佐々木 英昭(ささき ひであき、1954年8月 - )は、日本の比較文学者、元龍谷大学国際文化学研究科教授。夏目漱石の周辺を研究している。

経歴編集

鳥取県生まれ。1980年、東京大学教養学部フランス科を卒業、同大学院比較文学比較文化博士課程を中退、愛知県立芸術大学助教授、名古屋工業大学助教授、1992年「「煤煙事件」をめぐる比較文学的研究」で学術博士。1996年、これを公刊した『「新しい女」の到来』で日本比較文学会賞受賞。2001年龍谷大学国際文化学部助教授、のち教授、2012年国際文化学研究科長。この間、国際日本文化研究センター客員助教授。2019年退職。

著書編集

編著編集

  • 『異文化への視線 新しい比較文学のために』 名古屋大学出版会 1996
  • 森田草平『詳注煤煙』根岸正純共同注釈 国際日本文化研究センター(日文研叢書) 1999
  • 『漱石文学全注釈 8 それから』若草書房 2000
  • 『芸術・メディアのカルチュラル・スタディーズ』松居竜五共編、ミネルヴァ書房、2009 

論文編集

外部リンク編集