佐々木誠 (野球)

日本の野球指導者、解説者、元プロ選手

佐々木 誠(ささき まこと、1965年10月3日 - )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手外野手、左投左打)、野球指導者、野球解説者

佐々木 誠
鹿児島城西高等学校野球部 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県倉敷市
生年月日 (1965-10-03) 1965年10月3日(54歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1983年 ドラフト6位
初出場 NPB / 1985年4月16日
最終出場 NPB / 2000年5月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

引退後はプロ・アマ双方のコーチ・監督を歴任し、2018年より鹿児島城西高等学校野球部監督を務める。

横浜DeNAベイスターズでプレーしている佐野恵太は甥にあたる(佐々木の実妹が佐野の母親)[1]

経歴編集

プロ入りから南海・ダイエー時代編集

水島工業高校時代は投手として活躍、1983年春季中国大会県予選では準々決勝に進むが、岡山朝日高に0-1で惜敗。打者としての才能を見込まれ、1983年ドラフト会議南海ホークスから6位指名を受けて外野手として入団。4年間プレーして通用しなかったら野球をやめるつもりだったという[2]

1年目は高校生気分が抜けきらない面があった[3]ものの、山本一義長池徳士らコーチ陣のもとで厳しい練習を積み[2]、2年目の1985年には早くも一軍で54試合に出場。

4年目の1987年には6月30日の対日本ハムファイターズ戦でリーグ10人目となる2試合連続初回先頭打者ホームランを達成する[4]など、レギュラーとなって125試合に出場し、リーグ9位の打率.288を記録している[2]1988年は初めてオールスターゲームに出場。夏場にダイエーへの球団売却が決まり言葉にできないほどショックを受けた[3]ものの、同年の大阪スタヂアム最後の試合やシーズン最終戦でともに本塁打を放つなどの活躍で人気選手となっていった[2]。さらにオフの日米野球では翌年から本拠地となる平和台球場同年のワールドシリーズMVPのオーレル・ハーシハイザーから本塁打を挙げている。ダイエーホークスのユニフォーム発表会では加藤伸一とともにモデルを務めるなど注目を集め、監督の杉浦忠からも全国区のスターになれると評された[3]。なお、新ユニフォームの写真を用いた垂幕広告が博多駅井筒屋の壁面に飾られていた。

約80%の大幅増の年俸3,200万円(推定)[5]となり結婚して[6]迎えた1989年はハーシハイザーから打った本塁打からのイメージを引きずり、長打を狙って打撃のバランスが崩れ、打率が.235と大きく悪化し三振も激増した[2]。翌1990年は2番打者を任されたがバントエンドランなどを打席で考えすぎてパニックに陥ったという[7]。後に打順は1番に変わり、同年はリーグ最多の33二塁打を記録し、日米野球では21打数9安打の活躍で敢闘賞を受賞した[8]1991年は初の3割となる打率.304を記録し、1番打者ながら21本塁打を放った。また、初のゴールデングラブ賞ベストナインに選ばれている。

前年の成績で自信を付けた[9]1992年は、開幕戦での初回先頭打者アーチを達成し[10]オールスターゲームでは第3戦で北別府学からソロ本塁打を放つなどの活躍で優秀選手賞を受賞した[11]。同年は 1964年広瀬叔功以来NPB史上2人目となる首位打者盗塁王の同時獲得[10]を達成し、前年に続いてゴールデングラブ賞も受賞など、走攻守三拍子揃った外野手として活躍。なお、同年の平和台球場における対西武ライオンズ戦でレフトへの打球がワンバウンドして外野フェンスと上部の金網との間に挟まり、三塁まで到達したもののボールデッドのため二塁に戻るよう塁審から指示が出されてベース上でへたり込んだシーンがプロ野球珍プレー・好プレー大賞で取り上げられた。オフの契約更改では3,300万円増でチーム最高となる年俸9,800万円(推定)となっている[10]

1993年は前年苦手にしていた渡辺久信から開幕戦で猛打賞を記録する[12]など好調なスタートを切ったが、5月22日に打撃練習で右肋間筋に挫傷を負い、一軍登録を抹消された[13]同年のオールスターゲームでは第1戦で決勝点となる本塁打を含む3安打を挙げ、好返球による補殺もあって優秀選手賞を受賞している[14]。レギュラーシーズンでは3年連続でゴールデングラブ賞とベストナインを受賞した一方、この年から本拠地になった福岡ドームの広さにチーム全体で苦しみ佐々木も本塁打はわずか7本に終わる。

西武時代編集

1993年オフに秋山幸二渡辺智男内山智之との大型トレードで村田勝喜橋本武広とともに西武ライオンズへ移籍。2,200万円増の年俸1億2,000万円(推定)で契約を更改している[15]。このトレードに際しては、チームが求めている長打力のある左打者で[16]、かつ秋山と同等の守備能力を持ち[17]、年齢が若くFA権取得まで2年ある点[16]などが西武側から評価されたという。一方、佐々木は目標とする外野手である秋山とのトレードという点で驚いたが[7]、リーグ4連覇中の強豪に移籍する事を前向きに受け止めたという[18]。秋山については1年後にFA宣言して移籍する可能性も指摘されており、村田と佐々木という若い主力選手を獲得した西武側にメリットが大きいトレードだとも言われた[16]

1994年はそれまで2番打者のレギュラーだった平野謙の退団もあり、監督の森祇晶は1番・辻発彦に続く2番を任せる構想を持っていた[7]。実際には佐々木が2番で出場したのは数試合のみで、3番打者を任されることが多く、同年のオールスターゲーム第1戦では斎藤雅樹から2ラン本塁打を放ち、優秀選手賞を受賞した[19]。前年まで9年連続30本塁打を記録していた秋山と同様に、一発長打を期待する一部のファンからの野次も受けたが[20]、俊足好打が持ち味である佐々木は自分の役割を果たすことを心がけ、自己最多の84打点を挙げて2度目の盗塁王も受賞した。同年の日本シリーズでは6試合全てに3番・中堅手として先発出場し、第1戦では2安打4打点[21]、第4戦でも3安打2打点を挙げた[22]が、チームは巨人に敗れて日本一を逃した。オフには5,000万円増の年俸2億円(推定)で契約を更改し、NPB日本人選手で5位タイの高額年俸選手となった[23]。一方、同年は初のリーグ優勝の喜びと勝利へのプレッシャーが絡み合い、複雑な思いがあったという[20]

1995年は腰痛に苦しみながらも全試合に出場し、秋季キャンプでは対策として重点的に走りこみを行なっている[24]。オフにFA権を取得するとMLBからもオファーがあったが、これを断り[25]、FA宣言した上で1億円の再契約金と現状維持の年俸2億円(いずれも推定)で西武に残留した[26]

1996年ハワイマウイでのキャンプを順調にこなしたが、帰国直前に右足首を捻挫して2次キャンプとオープン戦に参加できなかった[24]。開幕後も6月には右手首の捻挫で一軍登録を抹消され、シーズン終盤には右肋軟骨を損傷[24]。若返りを目指すチーム方針もあって夏場以降は新人の大友進が中堅手のレギュラーとなり、自身は指名打者として起用される機会が増えた。規定打席到達者では最低の打率.243など不本意な成績の一年となった[24]。9月には起用方法への不満などからトレードを直訴したとも報じられ、球団から事情聴取と厳重注意を受け、3,500万円減の年俸1億6,500万円(推定、この他に出来高払い)で契約を更改している[27]

1997年は、前年途中より外れた外野のレギュラー奪取を目指し、鈴木健との恩納村での合同自主トレで有酸素運動などのハードなトレーニングを積んだ[28]。4月24日の対オリックス戦で守備の際に右肩を打撲したが、5月20日には打率がリーグトップの.365まで上がるなど、首や腰の古傷に痛みを抱えながらも主に6番・右翼手として起用された[27]。9月4日の対日本ハム戦では死球を受けて右肋骨を亀裂骨折した[29]が、9月14日の2位・オリックスとの直接対決では本塁に突入して捕手と激突するクロスプレイで得点を挙げ、本塁打で通算1,500安打も達成するなどの活躍を見せている[30]。同年は5年ぶりに打率が3割を超え、チームも3年ぶりのリーグ優勝を達成し、日本シリーズには6番ないし5番・右翼手として全試合に先発出場した。オフには現状維持の年俸1億6,500万円(推定)で契約を更改したが、同年齢で元エースだった渡辺久信が解雇されるなど「一年ごとに結果を残せなければ自分もリストラ対象となる」と厳しい状況を認識した発言をしている[31]

1998年は高知でのキャンプ2日目に腰痛のため治療に入り、負担軽減のために左翼手にコンバートされた[31]。シーズンでは6月に入って打撃が好調になってきたが、6月13日の対近鉄戦で腰痛が再発して欠場し、右足首の捻挫も重なって6月21日には一軍登録を抹消された[31]。7月に復帰した後も8月7日の対近鉄戦で右ヒザに死球を受けて退場するなど負傷が続き、8月19日に腰痛悪化のため再び一軍登録を抹消されている[32]。9月からはイースタン・リーグでチームの4番を務めるなど回復したが、中旬には既に解雇が確実になっていたルディ・ペンバートンが一軍に昇格して自身は二軍に残るなど、翌年のチーム構想から外れるようになった[32]

阪神時代編集

同年オフに金銭トレードで阪神タイガースへ移籍。なお、自由契約になった場合は中日ドラゴンズや日本ハムが獲得を検討していたという[33]

監督の野村克也の野球観が森祇晶と同じように感じられた事もあり[20]、トレードに先立って野村には直接電話して意欲を訴えたといい[34]野村は「若手の鑑になると思う」と若手選手への手本としての役割を期待した。

腰の負担軽減と外野手の多いチーム事情から、キャンプ前には一塁手兼任を指示され、ダイエー時代に佐々木を指導したバッテリーコーチの黒田正宏の存在もあって再生が期待されていた[35]1999年の対巨人との開幕シリーズでは7番・右翼手でスタメン起用され、第3戦ではこの年投手タイトルを総ナメにしたルーキーの上原浩治から決勝タイムリーを放つなど存在感を見せたが、慢性的な怪我で思うように活躍できず、2年間で46試合の出場にとどまり、2000年に退団した。なお、野村と森の野球観は全く別物だったという[20]

米独立リーグ時代編集

このまま引退したら後悔すると考え、2001年2月のMLBのスプリングトレーニングに参加し、紅白戦やオープン戦での打率は4割を超えた[36]。しかし、35歳という年齢や各球団のビザ支給枠の問題もあってマイナーリーグとも契約には至らず、たまたま選手を探していたティム・アイルランドに誘われて独立リーグソノマカウンティ・クラッシャーズに入団した[36]

3番・右翼手で先発出場した開幕戦では4安打を放ち、他の選手と同じ待遇の契約である事がわかるとチームメートとも打ち解けていった[2]。最終的に全90試合中83試合に出場し、打率.290、6本塁打、42打点、10盗塁の成績を残した。コーチだった古賀英彦とシーズン最終戦に握手した際には涙が止まらなくなったという[2]

現役引退後編集

2001年オフシーズンに帰国し、同年開始されたプロ野球マスターズリーグ大阪ロマンズの選手として参加。打率.516で首位打者となった[36]。マスターズリーグ出場期間中に現役引退を表明した。

2002年サンテレビ解説者、西日本スポーツ評論家を務めた後、2003年は古巣・ダイエーの二軍外野守備・走塁コーチに就任。2004年オリックスの一軍外野守備兼打撃コーチ補佐、2005年は同球団の二軍であるサーパス神戸の外野守備・走塁コーチを務めた。2006年からは西日本スポーツ評論家と並行して、同年創部されたセガサミーのコーチに就任。この年の都市対抗予選では東京第1代表決定戦に進みながら、そこから5連敗して本大会出場を逃して社会人野球の厳しさなどにショックを受けたという[37]

青島健太の監督退任に伴って2008年シーズンからセガサミーの2代目監督に就任すると、結果へのプロセスを重視して猛練習を課し[37]、同年はチームにとって2年連続となる都市対抗出場を果たしている。また、監督業と並行して2009年からKBC九州朝日放送野球解説者を務め、主に関東地区での試合の解説を担当した。2010年にはJABA静岡大会で初優勝を果たし、齊藤勝宮崎祐樹の2人がプロ入りするなどチームは成熟期を迎えたが[38]日本選手権後にセガサミーの監督を退任した。また、同年12月7日にはプレーヤー部門で野球殿堂入り候補者名簿に掲載されている[39]

野球観に共鳴したという監督の橋本哲也からコーチ就任を依頼されて2011年からはNTT西日本の打撃コーチを務め[40]、これにともないKBCでは関西でのオリックス戦の担当が中心となった。同年の都市対抗では、前年まで指揮を取ったセガサミーに1回戦で勝利したが、複雑な気持ちだったという[41]。当てにいかずにバットを振り抜くというシンプルな方針を打ち出し、助言が合わなければすぐに別のアイデアを出せる引き出しの多い指導で選手から信頼を得た[42]。翌2012年からは監督に就任した。2013年末に、プロ野球経験者による大学・高校野球の指導に必要な資格(学生野球資格)の回復に向けて講習会を受講。翌2014年3月6日付で、日本学生野球協会から資格回復の適性を認定された。

2014年11月11日にソフトバンクに三軍打撃コーチとして復帰することが発表された[43]。2017年は三軍監督を務め[44]、同年退団した[45]

学生野球資格については、ソフトバンクへ復帰したことに伴って、2015年1月1日付でいったん喪失。退団後の2017年11月28日付で再度の回復が認められた[46]ことによって、日本学生野球協会に加盟する大学・高校の硬式野球部での指導が可能になったため、2018年1月1日付で鹿児島城西高等学校の監督に就任した[47]

鹿児島城西高校では、監督就任2年目の2019年秋に、鹿児島県大会優勝を経て第145回九州地区高校野球大会に出場。九州大会では、チームを史上初の準決勝進出に導いた[48]。この実績が認められて、チームは翌2020年に、第92回選抜高等学校野球大会への出場校に選ばれていた。大会が開催されていれば、チーム史上初めて甲子園球場の全国大会出場が実現していたが[49]、実際には日本国内における新型コロナウイルスへの感染拡大の影響で大会自体が中止された。ただし、中止に伴う救済措置として同部が2020年甲子園高校野球交流試合へ招待されているため、期間中の8月中旬には1試合限定ながら同球場で初めて指揮を執る予定。

選手としての特徴編集

打撃、走塁、守備の全てを兼ね備えた選手として、全盛期には秋山幸二と共に「メジャーに一番近い男」と称された[2]1990年日米野球終了後には監督のドン・ジマーから秋山とともにMLBに連れて帰りたい選手として名前を挙げられ[2]ドン・ベイラーがダイエーで臨時コーチを務めた際にも「いつでもMLBで通用する」と評価された[50]。入団当時から目標とする選手に簑田浩二の名前を挙げ、トリプルスリーを達成できる走攻守の三拍子そろった選手を目指していた[2][50]

パワーとバネを兼ね備えた身体能力を持ち、川上哲治からは「俊足で長打力もあり、1番打者とクリーンナップのどちらでも十分に任せられる」と評されている[51]。正確さがあれば毎シーズン首位打者を狙えるとも言われ[51]土井正博は「ケガさえなければコンスタントに打率.350を達成できる、イチローにも劣らない打撃技術の持ち主」と評している[52]

一本足打法で右足を高く上げ、キャッチャー側に倒す振り子打法のような、独特の打撃フォームが特徴だった[2][51]。ダイエー時代に制球を崩した打撃投手に合わせてエンドランの練習をしていたところ、いい加減な練習をしていると思ったコーチの竹之内雅史から一方的に叱責され、それに対する反発から適当なフォームで同日の試合に臨み3安打を放った事がフォーム習得のきっかけになったという[20]。なお、竹之内とはその後ケンカもしたが良い関係だった[20]

最も自由に打たせてもらえる打順だとして1番打者に対するこだわりが強かったが[53]、西武移籍に際してはそれを続けるのは無理だろうと語っている[15]。1番打者としては珍しく、打つと決めたら1球目からボール球でもバットを振ろうとするアグレッシブさを特徴として[51]積極的に早いカウントでも打ちにいき[9][51]、対戦した投手から嫌がられていた[54]。自身をアベレージヒッターとして認識してライナー性の打球を放つことを心がけており、その延長として長打が加われば良いと考えていた[55]

人物編集

1985年頃に守備走塁コーチの藤原満から「ボーッとしているパープリン」と言われたのをきっかけに自ら「パ」を円で囲んだマークをアンダーシャツに書いてトレードマークにするなど、ひょうきんな面があった[56]

南海時代の背番号は当時珍しい0番で、同じ0番の長嶋清幸(当時広島東洋カープ)、1番の愛甲猛(当時ロッテオリオンズ)と3人で、事業者識別番号が001であるKDD国際電話CMに出演している。

阪神時代の打席への登場曲には『デビルマンのうた』を使用していた[57]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1985 南海
ダイエー
54 114 103 19 30 5 0 2 41 15 5 4 1 2 7 0 1 21 0 .291 .336 .398 .734
1986 79 182 160 14 26 3 1 2 37 4 5 2 5 1 15 0 1 43 5 .163 .237 .231 .469
1987 125 499 451 67 130 22 2 11 189 33 15 9 7 2 37 3 2 72 3 .288 .343 .419 .763
1988 97 411 373 55 106 14 1 16 170 58 13 3 5 5 25 0 3 59 9 .284 .330 .456 .786
1989 124 542 489 63 115 20 1 15 182 45 12 4 9 2 40 2 2 97 8 .235 .295 .372 .667
1990 130 569 516 69 141 33 4 14 224 52 19 8 13 4 34 1 2 76 6 .273 .318 .434 .752
1991 130 574 519 82 158 32 7 21 267 71 36 10 3 0 48 11 4 64 3 .304 .368 .514 .882
1992 126 548 509 83 164 26 2 21 257 54 40 11 2 2 30 5 5 64 7 .322 .364 .505 .869
1993 113 488 444 38 123 24 1 7 170 41 23 11 3 3 36 2 2 84 10 .277 .332 .383 .715
1994 西武 126 568 527 92 150 23 1 20 235 84 37 8 2 4 31 3 4 85 9 .285 .327 .446 .773
1995 130 579 535 63 145 27 2 17 227 55 18 7 3 1 37 8 3 89 10 .271 .321 .424 .745
1996 105 415 374 33 91 11 0 9 129 40 7 4 9 2 30 1 0 56 4 .243 .298 .345 .643
1997 121 480 450 56 137 26 1 13 204 57 5 3 3 1 25 5 1 77 7 .304 .342 .453 .795
1998 75 271 251 17 65 8 0 1 76 21 6 2 1 1 15 1 3 30 2 .259 .307 .303 .610
1999 阪神 30 58 55 3 15 5 1 1 25 6 1 1 0 0 3 2 0 12 0 .273 .310 .455 .765
2000 16 20 19 1 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .158 .200 .158 .358
通算:16年 1581 6318 5775 755 1599 279 24 170 2436 638 242 87 66 30 414 44 33 933 83 .277 .327 .422 .749
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

タイトル編集

NPB

表彰編集

NPB

記録編集

NPB初記録
NPB節目の記録
  • 100本塁打:1992年9月8日、対オリックス・ブルーウェーブ23回戦(北九州市民球場)、7回裏に酒井勉から2ラン ※史上173人目
  • 1000安打:1994年4月14日、対福岡ダイエーホークス3回戦(福岡ドーム)、3回表に渡辺智男から ※史上175人目
  • 1000試合出場:1994年5月4日、対日本ハムファイターズ5回戦(西武ライオンズ球場)、3番・中堅手として先発出場 ※史上317人目
  • 150本塁打:1996年6月1日、対近鉄バファローズ9回戦(西武ライオンズ球場)、2回裏に品田操士からソロ ※史上104人目
  • 1500安打:1997年9月14日、対オリックス・ブルーウェーブ23回戦(グリーンスタジアム神戸)、6回表に野田浩司から ※史上73人目
  • 1500試合出場:1998年5月31日、対オリックス・ブルーウェーブ7回戦(西武ドーム)、7番・左翼手として先発出場 ※史上121人目
NPBその他の記録

背番号編集

  • 57 (1984年 - 1986年)
  • 0 (1987年 - 1988年)[注 1]
  • 3 (1989年 - 1993年)
  • 1 (1994年 - 1998年)
  • 8 (1999年 - 2000年)
  • 73 (2003年)
  • 79 (2004年)
  • 75 (2005年)
  • 96 (2015年 - 2017年)

登場曲編集

関連情報編集

出演番組編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ダイエー発足時のユニフォーム発表時にモデルとして0番のホーム用を着用したが(ビジター用は加藤伸一が17番で着用)、その後すぐ定岡智秋の引退・コーチ就任(86番に変更)で1年間空き番だった3番に変更し、0番は坂口千仙(43番から変更)に譲渡した。

出典編集

  1. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【プロ野球通信】「目標は伯父の佐々木誠です」 元パ首位打者の甥っ子 明大・佐野恵太がDeNAに入団” (日本語). 産経ニュース. 2020年6月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 週刊ベースボール、2002年3月11日号、P.39
  3. ^ a b c 週刊ベースボール、1989年2月27日号、P.37
  4. ^ 朝日新聞、2006年4月27日付朝刊、P.17
  5. ^ 読売新聞、1988年11月26日付朝刊、P.19
  6. ^ 週刊ベースボール、1989年2月27日号、P.36
  7. ^ a b c 週刊ベースボール、1994年3月28日号、P.116
  8. ^ Sports Graphic Number、1995年6月8日号、P.72
  9. ^ a b Number、1992年7月5日号、P.30
  10. ^ a b c 毎日新聞、1993年2月8日付朝刊、P.17
  11. ^ 読売新聞、1992年7月22日付朝刊、P.21
  12. ^ 読売新聞、1993年4月11日付朝刊、P.24
  13. ^ 朝日新聞、1993年5月27日付朝刊、P.21
  14. ^ 読売新聞、1993年7月22日付朝刊、P.21
  15. ^ a b 読売新聞、1993年12月4日付朝刊、P.23
  16. ^ a b c 読売新聞、1993年11月17日付朝刊、P.21
  17. ^ 読売新聞、1993年11月17日付朝刊、P.22
  18. ^ 週刊ベースボール、1994年3月28日号、P.117
  19. ^ 読売新聞、1994年7月20日付朝刊、P.21
  20. ^ a b c d e f 週刊ベースボール、2002年3月11日号、P.40
  21. ^ 日本野球機構 1994年度日本シリーズ試合結果(第1戦)
  22. ^ 日本野球機構 1994年度日本シリーズ試合結果(第4戦)
  23. ^ 読売新聞、2000年1月14日付朝刊、P.19
  24. ^ a b c d 週刊ベースボール、1996年10月14日号、P.55
  25. ^ 週刊ベースボール、2002年3月11日号、P.41
  26. ^ 朝日新聞、1995年10月30日付朝刊、P.31
  27. ^ a b 週刊ベースボール、1997年9月8日号、P.41
  28. ^ 週刊ベースボール、1997年2月10日号、P.129
  29. ^ 読売新聞、1997年9月5日付朝刊、P.21
  30. ^ 読売新聞、1997年10月18日付夕刊、P.7
  31. ^ a b c 週刊ベースボール、1998年10月19日号、P.52
  32. ^ a b 週刊ベースボール、1998年10月19日号、P.51
  33. ^ Number、1998年12月3日号、P.115
  34. ^ 週刊ベースボール、1999年5月3日号、P.129
  35. ^ 週刊ベースボール、1999年2月8日号、P.126
  36. ^ a b c 週刊ベースボール、2002年3月11日号、P.38
  37. ^ a b 週刊ベースボール、2008年02月23日臨時増刊号、P.175
  38. ^ 毎日新聞、2010年11月2日付朝刊、東京地方面、P.21
  39. ^ 「平成23年 第51回競技者表彰委員会 野球殿堂入り候補者名簿」発表 - 日本野球機構オフィシャルサイト
  40. ^ 毎日新聞、2011年5月13日付夕刊、P.11
  41. ^ 毎日新聞、2011年10月24日付朝刊、大阪地方面、P.23
  42. ^ 毎日新聞、2011年6月24日付朝刊、P.21
  43. ^ 新入団コーチのお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス公式サイト (2014年11月11日). 2014年11月11日閲覧。
  44. ^ 2017年 コーチングスタッフについて - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2016年10月28日
  45. ^ コーチングスタッフの退団について - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2017年10月6日
  46. ^ 学生野球資格回復に関する規則 第4条による認定者 - 日本学生野球協会
  47. ^ 元プロ佐々木誠氏、鹿児島城西の監督に 首位打者1度、盗塁王2度など”. サンケイスポーツ (2017年12月21日). 2017年12月21日閲覧。
  48. ^ “第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!”. 高校野球ドットコム. (2019年12月25日). https://www.hb-nippon.com/column/2093-kagoshimano01/14297-kagoshimano01 2020年3月19日閲覧。 
  49. ^ “元プロ監督・佐々木誠氏率いる鹿児島城西、初の甲子園へ! 「チーム一丸、全国制覇目指す」”. 高校野球ドットコム. (2020年1月24日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/40100-bsinfo20200124012 2020年3月19日閲覧。 
  50. ^ a b Number、1995年6月8日号、P.72
  51. ^ a b c d e 週刊ベースボール、1996年8月5日号、グラビア
  52. ^ 週刊ベースボール、1996年10月14日号、P.56
  53. ^ Number、1993年2月20日号、P.105
  54. ^ 読売新聞、1993年2月9日付朝刊、P.21
  55. ^ Number、1991年8月5日号、P.39
  56. ^ 週刊ベースボール、1988年11月21日号、P.130
  57. ^ a b 月刊タイガース、2000年5月号、P.45

関連項目編集

外部リンク編集