メインメニューを開く

佐々木 隆志(ささき たかし、1961年 - )は、日本会計学者。専門は財務会計論、監査論公会計論。一橋大学大学院経営管理研究科教授。日本会計研究学会学会賞受賞。会計検査院特別研究官等も務めた。

略歴編集

福島県郡山市出身[1]福島県立安積高等学校を経て、1986年慶應義塾大学商学部卒業。1988年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。1991年同博士後期課程単位取得満期退学。新田忠誓に師事し、森田哲弥ゼミにも所属した。2003年『監査・会計構造の研究』で一橋大より博士(商学)を取得。審査員は安藤英義、新田忠誓、万代勝信[2][3]

1991年広島大学経済学部専任講師。1995年助教授。1997年一橋大学商学部助教授。2000年同大学大学院商学研究科助教授。2000年から2002年まで会計検査院特別研究官。2003年一橋大学大学院商学研究科教授。2004年日本会計研究学会学会賞受賞。2006年から2007年までカリフォルニア州立大学サンノゼ州立大学客員研究員。2008年から2012年まで公認会計士試験試験委員[4][5][6]

著書編集

  • 『会計学・簿記入門』(共著、白桃書房、1996年)
  • 『財務会計論・簿記論入門』(新田忠誓編、白桃書房、2002年)
  • 『監査・会計構造の研究』(森山書店、2002年)
  • 『会計数値の形成と財務情報』(白桃書房、2005年)
  • 『会計制度の設計』(須田一幸編・分担執筆、白桃書房、2008年)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『監査・会計構造の研究』(森山書店、2002年)
  2. ^ [1]富士大学
  3. ^ 中村忠「社会を支える会計」一般社団法人如水会
  4. ^ 佐々木 隆志 - 一橋大学研究者情報
  5. ^ 「研究活動」 - 一橋大学
  6. ^ 「会計講座」一橋大学