メインメニューを開く

佐々田 愛一郎(ささだ あいいちろう、1968年 - )は日本指揮者。宝塚歌劇オーケストラでタクトを振る。宝塚歌劇団ではじめて指揮として採用された[1]

略歴編集

1968年、兵庫県宝塚市に生まれる[1]

大阪教育大学附属池田中学校大阪教育大学附属高等学校池田校舎を経て神戸大学教育学部へ進学する[2]

1992年に神戸大学教育学部を卒業。同年、指揮者の採用で宝塚歌劇団に入団した[1]。1年間の研修を経て1993年2月に宝塚大劇場で公演された『ラ・ノーバ!』で指揮者デビューする[1][2]

宝塚大劇場での公演を中心に、年間300公演以上を指揮する[2]

出典編集

  1. ^ a b c d すみれの園を創る人たち:指揮者・佐々田愛一郎”. 産経新聞 (2004年). 2017年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c 母校創立70周年記念式典”. 皐城会(大阪教育大学附属池田中学校同窓会). 2017年3月3日閲覧。