佐々田 雅子(ささだ まさこ、1947年3月14日 - )は、日本翻訳家

三重県生まれ。立教大学文学部英米文学科卒。日本翻訳専門学院で、中村能三常盤新平柳瀬尚紀らに学ぶ。35歳から翻訳家として独り立ちし、トルーマン・カポーティ冷血』の新訳を行った。ハードボイルド小説を多く訳している。

翻訳編集

  • 『見習い女探偵』(リザ・コディ、早川書房) 1982、のち文庫
  • 『ミニ・ミステリ100』下(アイザック・アシモフ、早川書房) 1983、のち文庫
  • 『暑いクリスマス』(ジェイムズ・マクルーア、早川書房) 1984
  • 『特種はカリブ海』(マージョリー・J・グローヴ、東京創元社) 1984
  • 『ダブル・クロッシング』(エリカ・ホルツァー、早川書房) 1985
  • 『アリシア故郷に帰る』(ドロシー・シンプソン、サンケイ文庫) 1987
  • 『オハイオ - ニューヨーク物語』(シリル・R・リーイ、早川書房) 1987
  • 『毒殺はランチタイムに』(ホートン・マーフィー、ハヤカワ文庫) 1988
  • 『ナニー』(ダン・グリーンバーグ、新潮文庫) 1989
  • 『燃える季節』(ウェイン・D・ダンディー、文春文庫) 1990
  • 『まぶしい陽の下で』(ジェイムズ・W・ホール、ハヤカワ文庫) 1990
  • 『サマーセミナーの殺人』(ドロシー・サッチャー、新潮文庫) 1991
  • 『特別検察官』(ジェイ・ブランドン、文春文庫) 1993
  • 『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』(ジェフリー・ユージェニデス、早川書房) 1994、のち文庫
  • 『ブロンドの処刑人』(ダン・グリーンバーグ、新潮文庫) 1994
  • 『ホワイト・ジャズ』(ジェイムズ・エルロイ、文藝春秋) 1996、のち文庫
  • 『戦慄の候補者』(トニー・マコーレイ、新潮文庫) 1996
  • 『パーフェクト・カバー』(リンダ・チェイス,ジョイス・セントジョージ、早川文庫) 1996
  • 『第三双生児』(ケン・フォレット、新潮文庫) 1997
  • 『ノルウェーの汀の物語 ディーナの愛』(ハルビヨルグ・ヴァッスムー、集英社) 1998
  • 『わが母なる暗黒』(ジェイムズ・エルロイ、文藝春秋) 1999、のち文庫
  • 『白球の王国』(トマス・ダイジャ、文春文庫) 2000
  • 『敵中漂流』(デイモン・ゴーズ、新潮文庫) 2000
  • マザーレス・ブルックリン』(ジョナサン・レセム、早川書房、ミステリアス・プレス文庫) 2000
  • 『奥津城』(ローリー・キング、集英社文庫) 2001
  • 『ショップガール』(スティーブ・マーチン、集英社) 2001
  • 『世界をだました男』(フランク・アバネイル,スタン・レディング、新潮文庫) 2001
  • 『トード島の騒動』(カール・ハイアセン扶桑社) 2001
  • 『あまりに年下の彼』(ダイアン・ハイブリッジ、集英社文庫) 2002
  • 『テキサス・ナイトランナーズ』(ジョー・R・ランズデール、文春文庫) 2002
  • 『CIAは何をしていた?』(ロバート・ベア、新潮社) 2003、のち文庫
  • 『ひかりの巫女』(アレックス・シェイカー、アーティストハウスパブリッシャーズ) 2003.6
  • 『ミドルセックス』(ジェフリー・ユージェニデス、早川書房) 2004
  • 『わが手に雨を』(グレッグ・ルッカ、文藝春秋) 2004
  • 『野生馬の谷 大地の子エイラ3』(ジーン・M・アウル、ホーム社) 2004
  • 冷血』(トルーマン・カポーティ、新潮社) 2005、のち文庫
  • 『ザ・ブラスウォール NY市警の闇』(デイヴィッド・コシエニウスキー、集英社文庫) 2006
  • 『ウエディング・シーズン』(ダーシー・コスパー、集英社文庫) 2006
  • 『グラデュエーションデイ 未来を変える24のメッセージ』(アンドリュー・アルバネーゼ,ブランドン・トリスラー編、オデッセイコミュニケーションズ) 2007
  • 『天使は容赦なく殺す』(グレッグ・ルッカ、文藝春秋) 2007
  • 『孤独の要塞』(ジョナサン・レセム、早川書房) 2008
  • 『英詩訳・百人一首 香り立つやまとごころ』(マックミラン・ピーター、集英社新書) 2009
  • 『静かなる天使の叫び』(R・J・エロリー、集英社文庫) 2009
  • 『T・S・スピヴェット君傑作集』(ライフ・ラーセン、早川書房) 2010
  • 『琥珀の眼の兎』(エドマンド・ドゥ・ヴァール、早川書房) 2011
  • 『鷲たちの盟約』(アラン・グレン、新潮文庫) 2012
  • 『イエロー・バード』(ケヴィン・パワーズ、早川書房) 2013
  • 『マリッジ・プロット』(ジェフリー・ユージェニデス、早川書房) 2013
  • 『そして山々はこだました』(カーレド・ホッセイニ、早川書房) 2014
  • 『背信の都』(ジェイムズ・エルロイ、文藝春秋) 2016

スティーヴン・グリーンリーフ編集

  • 『共犯証言』(スティーヴン・グリーンリーフ、早川書房) 1983
  • 『探偵の帰郷』(スティーヴン・グリーンリーフ、早川書房) 1985
  • 『離婚をめぐるラブ・ストーリー』(スティーヴン・グリーンリーフ、早川書房) 1986、のち文庫
  • 『深夜の囁き』(スティーヴン・グリーンリーフ、早川書房) 1989
  • 『運命の墜落』(スティーヴン・グリーンリーフ、早川書房) 1995

アンドリュー・ヴァクス編集

  • 『赤毛のストレーガ』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1988、のち文庫
  • 『ブルー・ベル』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1990、のち文庫
  • 『ハード・キャンディ』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1991、のち文庫
  • 『フラッド』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1992、のち文庫
  • 『ブロッサム』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1992、のち文庫
  • 『サクリファイス』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1993、のち文庫
  • 『凶手』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1994、のち文庫
  • 『ゼロの誘い』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1996、のち文庫
  • 『鷹の羽音』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1997
  • バットマン 究極の悪』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1997
  • 『嘘の裏側』(アンドリュー・ヴァクス、早川書房) 1998

脚注編集