メインメニューを開く

佐世保エクラン東宝(させぼエクランとうほう)は、長崎県佐世保市にかつて存在した東宝系列の映画館

佐世保エクラン東宝
Sasebo Eclan Toho
情報
正式名称 佐世保エクラン東宝
旧名称 弥生座、佐世保日活劇場
開館 1990年
閉館 2011年9月30日
最終公演 神様のカルテ(東宝1)
モテキ(東宝2)
収容人員 (2館合計)206人
設備 ドルビーデジタル5.1ch
用途 映画上映
旧用途 芝居小屋
運営 株式会社エクラン
所在地 857-0054
長崎県佐世保市栄町7丁目5番地
位置 北緯33度10分26.598秒 東経129度43分13.019秒 / 北緯33.17405500度 東経129.72028306度 / 33.17405500; 129.72028306座標: 北緯33度10分26.598秒 東経129度43分13.019秒 / 北緯33.17405500度 東経129.72028306度 / 33.17405500; 129.72028306
アクセス 松浦鉄道西九州線中佐世保駅より徒歩5分

目次

データ編集

  • 所在地:長崎県佐世保市栄町7丁目5番地
  • 運営:株式会社エクラン(代表:野口武義[1]
  • 座席数[2]
    • スクリーン1:128席
    • スクリーン2:78席

歴史・概要編集

1897年明治30年)に創設された芝居小屋「弥生座」が前身[3]1922年大正11年)火災により焼失したものの、翌年に再建。1939年昭和14年)から映画館に転身した[3]。当時の佐世保市内の映画館は同館のほか、第一中央館、第二中央館、第三中央館、千日劇場、大宮劇場、ニュース映画専門館の佐世保ニュース劇場、中央小劇場などが存在していた[3]

終戦から9年後の1954年(昭和29年)9月、現法人が設立され[2]日活封切館「佐世保日活劇場」として再開。このころには、戦前から残った千日劇場、大宮劇場のほか、1955年(昭和30年)にスバル座(現在のシネマボックス太陽の前身)が開業。1957年(昭和32年)の時点でこれらを含めて25の映画館が佐世保市内に存在していた[4]

1990年平成2年)、地上5階建てのエクランビルに改築し、同ビルの2階に2スクリーンの映画館「佐世保エクラン東宝」として再オープン[1]。以後東宝の邦画・洋画を数多くロードショー上映してきたが、客足の低迷などで経営不振に陥ったこともあり2011年(平成23年)9月30日をもって閉館[1]。弥生座時代から114年の歴史に幕を下ろす結果となった。ちなみに閉館当時『モテキ』をロードショー上映していたが、同作の原作者だった佐世保市出身の漫画家・久保ミツロウは自らのツイッターで遺憾の意を表している[5]。2013年現在、同館の跡地はカフェ&バー「Blue Mile」(ブルーマイル)が入居している。

おもな上映作品編集

基本的に東宝系の邦画・洋画を多く上映していたが、まれに東宝以外の配給会社の邦画も上映することがあった。以下、出典のみられる主な作品である。

脚注・出典編集

  1. ^ a b c 佐世保エクラン東宝が閉館 客の減少響く”. 各地のニュース/長崎. 47NEWS (2011年10月1日). 2013年10月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 佐世保エクラン東宝”. 港町キネマ通り (2011年9月). 2013年10月2日閲覧。
  3. ^ a b c 大衆娯楽の始まり”. 第十一章「戦争への道」. 佐世保の歴史. 2013年10月2日閲覧。
  4. ^ 昭和32年の長崎県の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2013年10月2日閲覧。
  5. ^ a b kubo_3260 (2011年9月30日). “佐世保の「エクラン東宝」が9月30日で突然の閉館!”. 久保ミツロウ. Twitter. 2013年10月2日閲覧。
  6. ^ 上映劇場/九州地区”. 金田一少年の事件簿. 東映アニメーション. 2013年10月2日閲覧。
  7. ^ みみだより 388号”. みみだより会 (2000年4月24日). 2013年10月2日閲覧。
  8. ^ theater&Schedule”. 天国までの百マイル. 日活. 2013年10月2日閲覧。
  9. ^ 映画「黄金の法」上映館情報”. 幸福の科学出版 (2003年10月11日). 2013年10月2日閲覧。
  10. ^ わいわいセブン5月号”. 海上保安友の会七管支部. 海上保安庁 (2004年5月31日). 2013年10月2日閲覧。
  11. ^ a b 2009年10月31日放送【第130回】”. トコトン・サタデー. 長崎文化放送 (2009年10月31日). 2014年9月29日閲覧。
  12. ^ a b シネマナビゲーションブログ”. 長崎文化放送 (2010年9月). 2013年10月2日閲覧。
  13. ^ 映画「十三人の刺客」特集”. TSUTAYA on line. カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2013年10月2日閲覧。
  14. ^ a b シネマナビゲーションブログ”. 長崎文化放送 (2011年5月). 2013年10月2日閲覧。
  15. ^ もしドラ×福岡美少女図鑑スペシャルコラボ企画リーフレット完成!!”. ローカルニュース. 福岡美少女図鑑 (2011年5月27日). 2013年10月2日閲覧。