佐久海ノ口駅

長野県南佐久郡南牧村にある東日本旅客鉄道の駅

佐久海ノ口駅(さくうみのくちえき)は、長野県南佐久郡南牧村大字海ノ口にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)小海線[1]である。

佐久海ノ口駅
駅舎(2021年10月)
さくうみのくち
Saku-Uminokuchi
佐久広瀬 (4.5 km)
(2.7 km) 海尻
地図
所在地 長野県南佐久郡南牧村大字海ノ口[1]
北緯36度1分16.46秒 東経138度29分26.92秒 / 北緯36.0212389度 東経138.4908111度 / 36.0212389; 138.4908111座標: 北緯36度1分16.46秒 東経138度29分26.92秒 / 北緯36.0212389度 東経138.4908111度 / 36.0212389; 138.4908111
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 小海線
キロ程 39.7 km(小淵沢起点)
電報略号 サウ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
79人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1932年昭和7年)12月27日[1]
備考 無人駅[1]
標高:1,064 m[2][注 1]
テンプレートを表示

駅の標高は1,064 m[要検証]で、いわゆるJR線の駅の中で6番目に高く[2]、開業から1933年昭和8年)7月27日の小海南線清里駅開設までの約7ヶ月間は鉄道省で最高地点の駅であった。

歴史 編集

駅構造 編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅[9]。かつては相対式ホーム2面2線であったが[1]、無線式列車制御システム導入に合わせて下り線ホームが廃止されたため、現在は旧上り線ホームに両方向の列車が発着する。互いのホームはずれて設置されて[1]、構内踏切で連絡していた。

無人駅である[1]。駅舎は2012年に落成した[6]、地元信州産のカラマツを使用した木造の伝統的和風建築となっている。

利用状況 編集

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

  • 2007年度 - 109人[1]
  • 2009年度 - 80人[1]
  • 2010年度 - 79人
  • 2011年度 - 79人

駅周辺 編集

隣の駅 編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
小海線
佐久広瀬駅 - 佐久海ノ口駅 - 海尻駅

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 文献によっては1039.3 m[1][3]とするものもある。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、155頁。ISBN 9784784071647 
  2. ^ a b 緯度経度付き全国沿線・駅データベース - 公益財団法人国土地理協会、2015年8月6日閲覧。
  3. ^ a b 『週刊 JR全駅・全車両基地』 12号 大宮駅・野辺山駅・川原湯温泉駅ほか92駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年10月28日、26頁。 
  4. ^ 大蔵省印刷局, ed (1932‐12-21). “鉄道省告示 第530号”. 官報 (国立国会図書館デジタルコレクション) (1794). https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958265/4. 
  5. ^ a b 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 3号 飯田線・身延線・小海線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年7月26日、27頁。 
  6. ^ a b 交通新聞2012年12月12日
  7. ^ 小海線への無線式列車制御システムの導入決定のお知らせ』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2020年9月15日。 オリジナルの2020年9月17日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200917064012/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200915_ho01.pdf2020年9月17日閲覧 
  8. ^ 小海線への無線式列車制御システムの導入について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2020年3月10日。 オリジナルの2020年3月10日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200310070133/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200310_ho01.pdf2020年3月10日閲覧 
  9. ^ JR東日本:駅構内図

関連項目 編集

外部リンク 編集