佐久田脩

日本の俳優

佐久田 脩(さくた おさむ、1958年7月9日[4][5][6] - 2020年12月4日[7])は、日本俳優声優。以前は本名の佐久田 修(読み同じ)名義で活動していた[1][5][6][8]

さくた おさむ
佐久田 脩
プロフィール
本名 佐久田 修[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本鹿児島県鹿児島市[2]
生年月日 (1958-07-09) 1958年7月9日
没年月日 (2020-12-04) 2020年12月4日(62歳没)
血液型 AB型[3]
職業 俳優声優
事務所 ビーボ(最終所属)
公称サイズ([3]時点)
身長 / 体重 173 cm / 65 kg
俳優活動
活動期間 1971年 - 2020年
ジャンル テレビドラマ映画
声優  活動
活動期間 1990年代 - 2020年
ジャンル 吹き替えアニメ
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

鹿児島県[8][9]鹿児島市出身[2]

来歴編集

東京都立代々木高等学校卒業[10]。劇団いろは[5][2][10]同人舎プロダクション[8][6]を経て、ビーボ所属[9]

小学6年時に父親の転勤により母親と鹿児島から上京。鹿児島弁を矯正するために劇団いろはに入団[2][5]子役として『仮面ライダー』『人造人間キカイダー』などに出演。

1975年NHK連続テレビ小説水色の時』に大竹しのぶの弟・松宮俊彦役で出演[2]1976年TBSテレビドラマ結婚するまで』では秋吉久美子の弟・真田健一役で出演[5]1977年土曜ワイド劇場野菊の墓』(テレビ朝日)で山口百恵の相手役を演じた。

1984年には、日本テレビで放映された特撮番組『星雲仮面マシンマン』の主演(高瀬健役)を務めた。マシンマンは口もとの見えるヒーローのため、アップでの演技や簡単なアクションなどは佐久田本人が演じた[11]。また、高瀬健の役作りについては、「スーパーマンクラーク・ケントを意識した」と語っている[12]

1990年代後半以降は、声優として外国映画・テレビドラマの吹き替えや、日本放送協会大河ドラマ地上デジタルテレビジョン放送衛星デジタル放送のみ)、NHK人間講座等の副音声解説者としても出演している。

NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』では中村秀利に代わってレオン・ヴァンス役を務めた。

2012年10月からディスカバリーチャンネルで放送開始の『名車再生!クラシックカー・ディーラーズ』の交渉役マイク・ブルーワーの吹替を担当。同番組は同chの看板番組に成長したが、8年目の2020年11月放送分の新エピソードからマイクの声を降板[13]。同年12月4日23時59分に膵臓癌により死去。62歳没。同月8日に所属事務所より発表された[7]。親交のあった小野寺丈は2018年ごろから病気療養中であったことを自身のブログで明かしている[14]

人物編集

趣味は、ウォーキングテニス健康に関する資料集め[3]。特技は、殺陣水泳音楽[3][9]。高校時代は、同級生とバンドを結成し、文化祭などでコンサートを開いていた[5]

後任編集

佐久田の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演(俳優)編集

テレビドラマ編集

映画編集

出演(声優)編集

太字はメインキャラクター。

吹き替え編集

洋画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

テレビアニメ編集

1992年

1993年

1995年

1996年

1999年

2001年

2002年

2007年

2008年

2009年

2016年

OVA編集

1997年

2009年

  • TO(ショーン、ナレーション)

Webアニメ編集

2006年

2008年

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 副音声解説も担当
  2. ^ 一部のカットではスーツアクター兼任
出典
  1. ^ a b 『声優名鑑』、459頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c d e 『福島民報』1975年5月28日付朝刊、8面。
  3. ^ a b c d 佐久田修のプロフィール(日本タレント名鑑)” (日本語). 2017年1月4日閲覧。
  4. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、52頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  5. ^ a b c d e f g 『福島民報』1976年12月1日付朝刊、9面。
  6. ^ a b c 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、97頁。ISBN 4-87376-160-3
  7. ^ a b 声優の佐久田脩さん死去 62歳「NCIS」ヴァンス局長など 俳優としても朝ドラ「水色の時」など”. スポニチアネックス (2020年12月8日). 2020年12月8日閲覧。
  8. ^ a b c 『日本タレント名鑑1993』VIPタイムズ社、1993年、144頁。
  9. ^ a b c 『日本タレント名鑑2017』VIPタイムズ社、2017年、169頁。ISBN 978-4904674086
  10. ^ a b 『日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1982年、192頁。
  11. ^ メーキング・オブ・東映ヒーロー〈1〉 1987, pp. 215
  12. ^ メーキング・オブ・東映ヒーロー〈1〉 1987, pp. 219, スペシャルインタビュー 佐久田修
  13. ^ 元々ディスカバリーchの番組はテロップEPGで日本語版キャストの公開は行わない上に、事前にキャスト交代についての発表も行われなかった。
  14. ^ さくちゃん”. Joe's Mutter 丈のつぶやき (2020年12月7日). 2020年12月8日閲覧。
  15. ^ [1]-【追悼】佐久田脩氏(マイク・ブルーワー 日本語吹替担当)
  16. ^ レッドクリフ”. 日曜洋画劇場. 2016年7月23日閲覧。
  17. ^ 神雕侠侶 コンドルヒーロー”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。

参考文献編集

  • 『メーキング・オブ・東映ヒーロー〈1〉アクションヒーローの世界』講談社、1987年。ISBN 406190082X

外部リンク編集