佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

ニッポン放送の深夜ラジオ番組
オールナイトニッポン0(ZERO) > 佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)

佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(さくまのぶゆきのオールナイトニッポンゼロ)は、ニッポン放送キーステーションに全国31局ネットで放送されているラジオ番組2019年4月4日(3日深夜)放送開始。

佐久間宣行の
オールナイトニッポン0(ZERO)
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送[注 1]
放送期間 2019年4月4日4月3日深夜) -
放送時間 毎週木曜 3:00 - 4:30(水曜深夜)
放送回数 100回(2021年3月18日時点)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRNラジオ関西
パーソナリティ 佐久間宣行
テーマ曲 Avicii「Waiting For Love」(OP)
BITTERSWEET SAMBA(ED)
ディレクター 齋藤修
提供 AKRacing
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

テレビプロデューサー(元テレビ東京社員)の佐久間宣行パーソナリティを務める。

概要編集

そもそも、佐久間とニッポン放送との関わりは、学生時代にまで遡る。もともと深夜ラジオのヘビーリスナーであった佐久間は、就職活動においてニッポン放送も受験していた。しかし、三次面接で落選しており[注 2]、後に内定を得たテレビ東京に入社。『ゴッドタン』や『ピラメキーノ』といった人気番組を手掛けるテレビプロデューサーとして活躍していた。

その後、2013年7月13日に佐久間が投稿したあるツイート[1]をきっかけに、『アルコ&ピースのオールナイトニッポン0(ZERO)』において頻繁に佐久間が話題に上がるようになり、約1年後の2014年10月17日には『アルコ&ピースのオールナイトニッポン』に佐久間が乱入するという事件が発生[2]。この事件はリスナーを中心に大きな話題となり、この一連の流れを間近で見ていた同番組のディレクター・石井玄と放送作家・福田卓也の働きもあり、2015年8月29日の『オールナイトニッポンR』でパーソナリティを務めることが決定する[3]。ANNR担当以降も、『AKB48のオールナイトニッポン』にゲストとして複数回出演するなど、オールナイトニッポンとの関わりを有していた。

そして、ニッポン放送は2019年3月13日、テレビ東京制作局CP制作チーム部主事(当時)の佐久間が『オールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティを務めることを発表。『オールナイトニッポン』シリーズのレギュラーパーソナリティを現役テレビ局社員が務めることは史上初であり、かつ同放送枠におけるレギュラーパーソナリティとしては最年長となる[4][5]

佐久間は同局からレギュラーパーソナリティオファーを受け、以後テレビ東京の当時:代表取締役社長(現・同局会長)である小孫茂へ報告後、1年掛けて説得し、同局のオファーを受諾した[6][7]。また、小孫も社長定例記者会見の場で、「同じ放送(事業)局を跨がり、違う層の視聴者さんに色んな情報なり、作品なりを提供することはいいことであり、(中略)ニッポン放送さんもハッピーになってWin-Winの関係で、両局に良い影響が及べばいいなと。…」と見解を示した。

番組放送中は、リスナーからTwitterのツイートをハッシュタグ「#佐久間宣行ANN0」で募っている。また、同番組の音声コンテンツはジングルと楽曲を除いて同局のニッポン放送 PODCAST STATIONにて音源配信しており、『オールナイトニッポン0(ZERO)』シリーズは番組全編スタジオ模様と番組終了後のアフタートークをライブ&動画コミュニティアプリMixChannel にて配信することを発表された[8]

番組の最後は『野郎共!港に別れを告げろヨーソロー!』と言って締める。これは「深夜ラジオっぽいことをやりたい」という佐久間自身の意向から募集されたリスナーの案の中から選ばれたものである。この流れからリスナーは「クルー」、佐久間はリスナーから「船長」と呼ばれる事があるが、このことについて「当初は嫌だった」「だって木村拓哉さんのラジオ[注 3]と同じことやってもつまらないでしょ。」[9]といっていたが、やがて定着し、後述する番組イベントではこの流れを汲んだ衣装やセットで登場した。

番組当初は佐久間にサインが無く出待ち対応等では楷書で「佐久間宣行」と書いていたが、サイン入りの番組本発売に伴いリスナーからサイン案を募集し、ラッパーのKEN THE 390をヒントにしたサインを完成させた。[10]ちなみにKEN THE 390はこの番組のリスナーである。(ただし佐久間は番組本限定で使用すると話した。)

コーナー編集

現在編集

  • 企画書は、甘いラブレター…
リスナーから架空の番組の『企画書』を募集するコーナー。コーナーテーマ曲はヴァネッサ・カールトンの「A Thousand Miles」。2021年11月3日以降は、食品メーカー明治とのコラボレーションによりコーナー名が「企画書は、甘いラブレター…」に変更されている[11]
  • カンペッ!
リスナーから番組中に演者に指示を与える際に見せる架空の「カンペ」を募集するコーナー。
  • ラジオチャンピオン
かつて佐久間がディレクターとして携わっていた『TVチャンピオン』のパロディコーナー。リスナーから架空の選手権のタイトルを募集する。採用作品は放送内では流されず、CM明けのジングルとして使用される。
  • 最近おもしろかったエンタメ(2020年7月1日-)
佐久間が最近観た映画・舞台・配信ドラマ等を紹介するコーナー。4時前のCM明けのジングルとして紹介をしている。番外編として「本日のオススメエンタメ」を紹介する時がある。(ゲスト回では紹介なし)2019年4月10日から2020年4月15日までは「最近食べて美味しかったもの」2020年4月22日から同年6月24日までは「最近おもしろかったおうちエンタメ」を紹介していた。

過去のコーナー・タイアップ企画編集

  • だから私はタクシーを呼びました・・・
DiDiモビリティジャパンとのタイアップ企画。思わずタクシーを呼びたくなるような状況をリスナーから募集する。2019年11月7日放送分にて終了。
  • ネームは、ラブレター…
週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて行われた大型マンガ賞「40漫画賞」とのコラボレーションコーナーであり、『企画書は、ラブレター…』の派生コーナー。リスナーから漫画のネームのアイデアを募集する。2020年2月13日放送分にて終了。
  • カンペinハリウッド
ENGLISH JOURNALとのタイアップコーナー。『カンペッ!』のフォーマットで、映画撮影中のハリウッドスターに出された架空のカンペを募集するコーナー。メールのネタは全て英語で書くことが規則である。2020年6月24日放送分にて終了。
  • アベンジャー部、入部希望届!
2020年9月4日に発売されるゲームソフト『Marvel's Avengersアベンジャーズ)』とのコラボコーナー。同時期に『三四郎のオールナイトニッポン』『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』でも行われているが番組によって募集内容が違っており、この番組では「プロデューサーヒーロー」からの入部届け(メール)を募集する。2020年9月2日放送分で終了。
  • めっちゃわかるコミックあるあるのコーナー
めちゃコミック』とのタイアップコーナー。お題となる漫画のあるあるを募集するが、メールの最後はめちゃコミックのCMのように「めっちゃ〇〇〜」という形をとらなくてはならない。2020年10月8日と10月15日の2週のみ放送。
  • 教えて!健康チャンス
サントリー『特茶』とのタイアップコーナー。日常に潜む、健康のために生活習慣を変えるきっかけとなる「健康チャンス」を募集する。2021年5月27日から6月24日まで放送。
  • 仕事のセンパイ
パーソルホールディングス『はたわらワイド』とのタイアップコーナー。リスナーが自分の働いている職場の特徴的なセンパイやセンパイによって定められた規則を投稿する。8月25日・9月1日・9月15日に放送。
  • 想い出掲示板・サクティー
ジモティーとのタイアップコーナー。リスナーから自分ではもう話さなくなってしまった、他人が自分のものにしたくなるようなエピソードを送ってもらう。第1期は2021年3月11日から25日まで、第2期は2021年9月23日から10月7日にかけて放送。

出演者編集

パーソナリティ編集

ゲスト編集

2019年
放送日 ゲスト 備考
4月4日 中井りかNGT48 中井がパーソナリティを務めた『AKB48のオールナイトニッポン』2018年5月10日放送分・2018年7月12日放送分に佐久間がゲスト出演したことが、当番組が始まるきっかけとなった。
4月18日 劇団ひとり[12]
5月30日 加地倫三テレビ朝日演出家プロデューサー[13]
6月13日 千鳥[14]
6月20日 伊集院光上柳昌彦 当初は伊集院のみが出演していたが、伊集院のエピソードに違和感を覚えた上柳が自身の番組の準備を抜け出して飛び入り参加した。
7月25日 オークラ[15]
8月8日 Creepy Nuts[16]
8月29日 若林正恭オードリー[17]
10月9日 キングコング[18]
11月7日 上柳昌彦[19]
11月14日 服部潤[20]
12月11日 飯塚悟志東京03[21]
2020年
放送日 ゲスト 備考
1月15日 上田誠(劇団ヨーロッパ企画主宰)[22]
1月22日 持田優奈頓知気さきな、齋藤有紗、出口晴臣(青春高校3年C組)[23]
2月20日 金田哲はんにゃ)、村上健志フルーツポンチ[24]
3月26日 藤井健太郎TBSテレビ、演出家、プロデューサー)[25]
4月8日 上出遼平(テレビ東京、プロデューサー)[26][注 4]
7月29日 三宅優樹(テレビ東京『青春高校3年C組』演出・ディレクター)、日比野芽奈、頓知気さきな(青春高校3年C組)
8月20日 ダイアン[27]
9月10日 加藤浩次極楽とんぼ[28]
10月22日 バカリズム[29]
11月25日 オークラ
12月16日 川島明麒麟[30]
2021年
放送日 ゲスト 備考
2月17日 平成ノブシコブシ[31]
3月25日 伊藤隆行、三宅優樹[32]
4月22日 ニューヨーク[33]
5月13日 ジェーン・スー[34]
6月17日 田中卓志アンガールズ[35]
7月21日 オークラ
9月9日 三四郎[36]
10月20日 ハナコ[37]
11月17日 新内眞衣乃木坂46[38][注 5]
12月8日 オークラ
12月15日 板倉俊之インパルス[39]
2022年
放送日 ゲスト 備考
1月19日 新内眞衣(乃木坂46)[注 5]
2月16日 久保史緒里(乃木坂46)[40]
2月23日 花澤香菜[41]
3月2日 秋元康[42]
3月9日 千鳥[43]
3月23日 千葉雄大、小御門優一郎(劇団ノーミーツ脚本家[44]
4月20日 森田哲矢さらば青春の光
5月25日 橋本和明日本テレビ、演出家、ディレクター)
6月1日 久保史緒里・賀喜遥香(乃木坂46)
6月15日 秋山竜次ロバート
7月6日 山崎怜奈(乃木坂46)[注 6]
8月31日 品川庄司
9月28日 喜多建介、後藤正文ASIAN KUNG-FU GENERATION

代理番組編集

制作スタッフ編集

  • 元ディレクター:石井玄(元ミックスゾーンディレクター、現ニッポン放送エンターテインメント開発局エンターテイメント開発部)2019年4月3日 - 2020年6月3日放送分
  • ディレクター:齋藤修[46](佐久間から『ぴえん齋藤・クレーンゲーム齊藤』と呼ばれている。またクレーンゲームが好きで本番前もしくは本番中に佐久間に話したエピソードがそのまま披露される事がある。)
  • 構成作家:福田卓也チェ・ひろし
  • AD:菊田知史

ネット局と放送時間編集

放送対象地域 放送局 放送期間 放送時間 備考
関東広域圏 ニッポン放送(LF)
制作局
2019年4月4日 - 木曜 3:00 - 4:30(水曜深夜) 同時ネット
北海道 STVラジオ(STV)
宮城県 東北放送(tbc)
茨城県 茨城放送(LuckyFM)
栃木県 栃木放送(CRT)
京都府
滋賀県
京都放送(KBS)
KBS滋賀
兵庫県 ラジオ関西(CRK)
高知県 高知放送(RKC)
愛媛県 南海放送(RNB)[注 7]
香川県 西日本放送(RNC)[注 8]
福岡県 九州朝日放送(KBC)
新潟県 新潟放送(BSN)[注 9] 2020年4月2日 -
富山県 北日本放送(KNB)[注 10] 2020年10月1日 -
長野県 信越放送(SBC)[注 11]
青森県 青森放送(RAB)[注 12] 2021年4月1日 -
静岡県 静岡放送(SBS)[注 12]
中京広域圏 東海ラジオ(SF)[注 13]
長崎県
佐賀県
長崎放送(NBC)[注 12]
NBCラジオ佐賀[注 12]
沖縄県 ラジオ沖縄(ROK)[注 14]
山梨県 山梨放送(YBS)[注 15] 2021年9月30日 -
石川県 北陸放送(MRO)[注 15]
鹿児島県 南日本放送(MBC)[注 15]
秋田県 秋田放送(ABS)[注 16] 2022年3月31日 -
福島県 ラジオ福島(rfc)[注 16]
山口県 山口放送(KRY)[注 16]
熊本県 熊本放送(RKK)[注 16]
宮崎県 宮崎放送(mrt)[注 16]
岩手県 IBC岩手放送(IBC)[注 17][47] 2022年9月29日 -
福井県 福井放送(FBC)[注 18][48]
島根県
鳥取県
山陰放送(BSS)[注 17][49]
大分県 大分放送(OBS)[注 17][50]

放送時間変更事例編集

  • 2019年7月11日(10日深夜)および18日(17日深夜)放送はニッポン放送のみ『第25回参議院議員通常選挙 東京都選挙区政見放送』を放送するため4時20分までの短縮放送。なおMixChannelでのスタジオ中継とニッポン放送以外のフルネット局は裏送りで通常通り04:30まで放送/配信された。
  • 2020年7月2日(1日深夜)放送はニッポン放送のみ『東京都知事選挙 政見放送』を放送するため3時55分までの短縮放送。なおMixChannelでのスタジオ中継とニッポン放送以外のフルネット局は裏送りで通常通り4時30分まで放送/配信された。

放送休止事例編集

CMフィラー編集

佐久間が担当した番組のテーマ曲がCMフィラーに使用されている。

ジングル編集

イベント・特別番組編集

受賞歴編集

  • 2022年日本民間放送連盟賞ラジオ番組・生ワイド番組部門・東京地区1位(2022年4月7日(6日深夜)放送分)[54]。その後の中央審査において、ラジオ番組・生ワイド番組部門でニッポン放送制作の番組史上初となる最優秀を受賞したことが、2022年9月15日に明らかになった[55]

出典編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一部スケジュール都合で事前録音の場合有
  2. ^ 当時、内定を受けて入社したのが、現:ビジネス開発センター局ネクストビジネス戦略部吉田ルーム担当副部長のアナウンサー吉田尚記、元同局アナウンサーで現・フジテレビ元アナウンサー、編成局広報センター所属の山本麻祐子。また、入社以後、歳下の同局後輩から「僕、ニッポン放送から内定もらったんですけど、蹴りました。」とキズを抉る返答をされた経験を持っている
  3. ^ TOKYO FM系の『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』とその後継番組『木村拓哉 Flow』のこと。番組内で木村は「キャプテン」、リスナーは「乗組員」と呼ばれる。
  4. ^ 2022年6月にテレビ東京を退社、フリー
  5. ^ a b 2022年2月10日に乃木坂46を卒業。
  6. ^ 2022年7月17日に乃木坂46を卒業。
  7. ^ 2020年9月24日までの放送時間は、木曜 3:00 - 4:00(水曜深夜)
    2020年9月、4時台のTBSラジオ Fine!!放送終了に伴いフルネットへ変更
  8. ^ 2021年3月25日までの放送時間は、木曜 3:00 - 4:00(水曜深夜)
    4時台のTBSラジオ CITY CHILL CLUB(2020年9月以前は、4時台のTBSラジオ Fine!!)を放送していた。
  9. ^ 2020年3月まではTBSラジオ Fine!!
  10. ^ 2020年9月までは文化放送 走れ!歌謡曲
  11. ^ 2020年9月、TBSラジオ Fine!!放送終了に伴い放送開始
  12. ^ a b c d 2021年3月まではTBSラジオ CITY CHILL CLUB
  13. ^ 2021年3月、文化放送 走れ!歌謡曲放送終了に伴い放送開始
  14. ^ 2021年3月までは放送休止枠
  15. ^ a b c 2021年9月まではTBSラジオ CITY CHILL CLUB
  16. ^ a b c d e 2022年3月まではTBSラジオ CITY CHILL CLUB
  17. ^ a b c 2022年9月まではTBSラジオ CITY CHILL CLUB
  18. ^ 2022年9月までは文化放送 ヴァイナル・ミュージック〜歌謡曲2.0〜の3時代とTBSラジオ CITY CHILL CLUBの4時台

出典編集

  1. ^ @nobrock (2013年7月19日). "会議終わって帰宅。番組バカリズム録画予約して、アルコのオールナイト聞きながら、寝る。" (ツイート). Twitterより2022年5月9日閲覧
  2. ^ 『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』の始まりは『アルピーANN』にあり? 8年前からのサーガを辿る”. Quick Japan (2021年3月31日). 2022年5月9日閲覧。
  3. ^ “8月29日(土)深夜3時からは佐久間宣行のオールナイトニッポンR”. (2015年8月14日). http://www.allnightnippon.com/program/annr/2015/08/post-9.html 
  4. ^ オールナイトニッポン0(ZERO) 4月からは伊藤健太郎、Creepy Nuts、佐久間宣行、King Gnu 井口理、霜降り明星がパーソナリティに決定!!”. オールナイトニッポン.com ニッポン放送. 2019年3月13日閲覧。
  5. ^ “佐久間宣行P、『ANN0』への思い「リスナーに転がされた方が面白そう」”. マイナビニュース. (2019年4月15日). https://news.mynavi.jp/article/20190415-nobrock/ 2019年4月20日閲覧。 
  6. ^ “テレ東、佐久間Pのラジオに理解「いいことだと」”. 日刊スポーツ. (2019年3月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903280000639.html 2019年4月20日閲覧。 
  7. ^ “テレ東社長 異例ANNパーソナリティー抜てきの佐久間Pにエール”. スポーツニッポン. (2019年3月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/28/kiji/20190328s00041000215000c.html 2019年4月20日閲覧。 
  8. ^ 「オールナイトニッポン0(ZERO)」新パーソナリティらが、喜びの挨拶!”. オールナイトニッポン.com ニッポン放送. 2019年6月20日閲覧。
  9. ^ 著書「普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる。」pp.35より。
  10. ^ 佐久間P、自身の“サイン”はイケメンラッパー・KEN THE 390からオマージュ”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. 2021年8月15日閲覧。
  11. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン0 公式TwitterによるTweet”. Twitter社. 2021年11月22日閲覧。
  12. ^ オールナイトニッポンWEBページ テレ東・佐久間Pと劇団ひとりが選ぶ「ゴッドタン」“神回”” (2019年04月24日21時40分). 2019年11月14日閲覧。
  13. ^ オールナイトニッポンWEBページ テレ東・佐久間P×テレ朝・加地P、現場の空気を一変させたあの芸人を絶賛” (2019年06月04日18時50分). 2019年11月14日閲覧。
  14. ^ テレ東・佐久間P×千鳥 面白いのに売れなかった苦悩の時代を語る” (2019年06月19日11時50分). 2019年11月14日閲覧。
  15. ^ テレ東・佐久間Pの番組に、「トップ芸人の参謀」こと構成作家・オークラの出演が決定!” (2019年07月24日11時40分). 2019年11月14日閲覧。
  16. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 [@SakumaANN0] (2019年8月8日). "【佐久間宣行のオールナイトニッポン0】" (ツイート). Twitterより2022年11月17日閲覧
  17. ^ テレ東・佐久間P ラジオ番組内でサプライズ発表! 10月からテレ東でオードリーのレギュラーが決定”. オールナイトニッポン.com ニッポン放送. 2019年9月7日閲覧。
  18. ^ オールナイトニッポンWEBページ テレ東・佐久間P、キンコン西野の衝撃エピソードを語る「東京タワーの下でウクレレ」” (2019年10月16日11時50分). 2019年11月14日閲覧。
  19. ^ オールナイトニッポンWEBページ テレ東・佐久間P、「ラジオシンポジウム」を語る” (2019年11月13日17時55分). 2019年11月14日閲覧。
  20. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 [@SakumaANN0] (2019年11月14日). "【佐久間宣行のオールナイトニッポン0】このあと深夜3時から。" (ツイート). Twitterより2022年11月17日閲覧
  21. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 [@SakumaANN0] (2019年11月28日). "12月11日(水)深夜3時からの【佐久間宣行のオールナイトニッポン0】はスペシャルウィーク!" (ツイート). Twitterより2022年11月17日閲覧
  22. ^ “テレ東・佐久間P、上田誠と劇団のお金の話を語る「構造的にやっぱり食べるのは難しい」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年1月22日). https://news.1242.com/article/203760 
  23. ^ “テレ東・佐久間P、ニッポン放送から提示された条件に焦燥「面倒くさいことになった……」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年1月29日). https://news.1242.com/article/204711 
  24. ^ “テレ東・佐久間P、はんにゃ・金田の猛烈な人気ぶりを回想~子供向け番組『ピラメキーノ』撮影秘話”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年2月26日). https://news.1242.com/article/210418 
  25. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 [@SakumaANN0] (2020年3月26日). "このあと深夜3時からは【佐久間宣行のオールナイトニッポン0】" (ツイート). Twitterより2022年11月17日閲覧
  26. ^ “佐久間P×上出D、テレ東で最もヤバい番組の企画書内容明かす「僕は生きて帰ってくることができるんです」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年4月15日). https://news.1242.com/article/219303 
  27. ^ “テレ東・佐久間P、「ゴッドタン」MC陣の前室でのイチャイチャを明かす ダイアン「疎外感が……」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年8月26日). https://news.1242.com/article/241470 
  28. ^ “佐久間P・加藤浩次、テレビが過激だった時代を「『昔はよかった』とはあんまり思わない」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年9月16日). https://news.1242.com/article/244923 
  29. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】 [@SakumaANN0] (2020年10月22日). "このあと27時からは【佐久間宣行のオールナイトニッポン0】" (ツイート). Twitterより2022年11月17日閲覧
  30. ^ “麒麟・川島明、テレビ出演で「ピンマイク」を付けてもらえず……相方の『ホームレス中学生』大ヒットの憂鬱な時代を語る”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2020年12月23日). https://news.1242.com/article/264355 
  31. ^ “ノブコブ・吉村、テレ東・佐久間Pの鋭い分析に照れるも堂々“天下取りたい”宣言!”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2021年2月24日). https://news.1242.com/article/273591 
  32. ^ “佐久間Pのテレ東・卒業スペシャル 思いがあふれて手紙が読めない部長に「何しに来たの!?」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2021年3月31日). https://news.1242.com/article/280986 
  33. ^ “佐久間Pとニューヨーク、平和そうに見えて難しい番組は『世界仰天ニュース』『ケンミンSHOW』”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2021年4月28日). https://news.1242.com/article/287190 
  34. ^ “佐久間Pとジェーン・スーの“エゴサーチ論”「売れている人はみんな、ちゃんとやっている」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2021年5月19日). https://news.1242.com/article/290771 
  35. ^ “アンガールズ田中、「気持ち悪い」を認めたのは「このままじゃ終わるって自分でも思って……」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2021年7月23日). https://news.1242.com/article/297909 
  36. ^ 三四郎・小宮、衝撃の姿で『ゴッドタン』初登場を迎えた理由を明かす「終電に間に合わなくて……」”. ニッポン放送. 2021年9月21日閲覧。
  37. ^ “佐久間P、『有吉の壁』は「革命だと思っている」ハナコも頷き「しびれますね、毎回」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2021年10月27日). https://news.1242.com/article/322296 
  38. ^ “乃木坂46・新内眞衣『佐久間ANN0』にサプライズ登場 佐久間Pは10分前にスタジオ到着で“緊急釈明””. ORICON NEWS. (2021年11月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2214293/full/ 
  39. ^ “インパルス板倉、“絶望先生”としてのアドバイス「才能に大金が払われていると思うな」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2021年12月22日). https://news.1242.com/article/333500 
  40. ^ “佐久間P、『ラヴィット!』に出演する乃木坂46・久保の悩みに回答「心の中に『真空ジェシカ』」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2022年2月23日). https://news.1242.com/article/344952 2022年2月25日閲覧。 
  41. ^ “花澤香菜、オーディションの胸中「こんなの勝てるわけない」佐久間P「『やべえ、花澤香菜と一緒だよ』ってみんな思ってる」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2022年3月2日). https://news.1242.com/article/346327 
  42. ^ “「ニッポン放送×秋元康 1DAYジャック」 3月2日(水)ニッポン放送の各番組に出演!”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2022年2月23日). https://news.1242.com/article/345126 
  43. ^ “千鳥 なぜYouTubeをやらない?大悟が明かした“シンプルな”理由「芸人になろうと思っていて…」”. スポーツニッポン. (2022年3月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/14/kiji/20220314s00041000487000c.html 
  44. ^ “佐久間P、オールナイトニッポン55周年記念公演で見た千葉雄大の凄さ「僕らは本当にホッとして」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. (2022年4月4日). https://news.1242.com/article/352441 2022年4月6日閲覧。 
  45. ^ 佐久間宣行氏、新型コロナ感染「咳が少し出る状態」 『ANN0』代打はヒコロヒー」『オリコンニュース』、2022年11月2日。2022年11月2日閲覧。
  46. ^ 2021年3月3日放送分での発言。
  47. ^ Gガイド番組表2022年9月28日(岩手)
  48. ^ Gガイド番組表2022年9月28日(福井)
  49. ^ Gガイド番組表2022年9月28日(鳥取)
  50. ^ Gガイド番組表2022年9月28日(大分)
  51. ^ 佐久間宣行のオールナイトニッポン0【公式】による2022年3月17日の発言
  52. ^ ニッポン放送のラジオ2番組とTIFのコラボ!トークステージが決定!
  53. ^ 【お笑いナタリー】佐久間船長とクルーが本多劇場でヨーソロー!ゲスト小木も絶賛「歴史の始まり」
  54. ^ 『佐久間宣行ANN0』高1娘との“旅行回”が快挙 日本民間放送連盟賞・東京地区の1位に選出」『オリコンニュース』、2022年7月15日。2022年7月15日閲覧。
  55. ^ 思春期の娘との“箱根旅行回”がニッポン放送初の快挙! ニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』 日本民間放送連盟賞ラジオ部門中央審査 生ワイド番組部門で最優秀を受賞」『ニッポン放送』、2022年9月15日。2022年9月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

オールナイトニッポン0(ZERO) 水曜日
前担当
佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)
木曜日(水曜深夜) 3:00 - 4:30

-