佐久間町

日本の静岡県磐田郡にあった町

佐久間町(さくまちょう)は、かつて静岡県磐田郡に存在したである。静岡県西部(遠州)の北遠と呼ばれる地域にあった。

さくまちょう
佐久間町
佐久間ダム
佐久間町旗 佐久間町章
佐久間町旗 佐久間町章
廃止日 2005年7月1日
廃止理由 編入合併
浜北市天竜市舞阪町雄踏町細江町引佐町三ケ日町春野町佐久間町水窪町龍山村浜松市
現在の自治体 浜松市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
磐田郡
市町村コード 22487-1
面積 168.53km2
総人口 5,394
推計人口、2005年6月1日)
隣接自治体 天竜市水窪町龍山村春野町
愛知県北設楽郡東栄町豊根村富山村
町の木 すぎ
町の花 つつじ
他のシンボル めじろ
佐久間町役場
所在地 431-3901
静岡県磐田郡佐久間町佐久間429番地の1
座標 北緯35度05分30秒 東経137度48分49秒 / 北緯35.09156度 東経137.81364度 / 35.09156; 137.81364座標: 北緯35度05分30秒 東経137度48分49秒 / 北緯35.09156度 東経137.81364度 / 35.09156; 137.81364
佐久間町の県内位置
合併時点における位置図。緑色部分が佐久間町。
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
浜松市佐久間地域自治センター(旧佐久間町役場)
静岡県立佐久間高等学校・浜松市立佐久間中学校

2005年(平成17年)7月1日、周辺10市町村とともに浜松市へ編入合併され消滅した。同時に地方自治法第202条の4に基づく「佐久間地域自治区」が設置された[1][2]。2007年(平成19年)4月1日に浜松市が政令指定都市へ移行したことに伴い、天竜区の一部となった。政令市化後も佐久間地域自治区は存続したが、2012年(平成24年)3月31日をもって廃止[3]された。

地理編集

静岡県の西北、遠州北部に位置し、山深い土地である。住居はほとんどが川沿いの山間部にあり、町中心部の佐久間・中部地区や浦川地区は幅が広く盆地になっている。

河川・湖沼編集

気候編集

盆地であり夏は高温となり、日本の年間最高気温を記録することもある。地形的に南からの吹き込みが雨雲になりやすく、夏は夕立が多い。

佐久間より下流では雪が積もることは稀であり、佐久間より上流では毎年積雪する。このため冬季で降雨・降雪時の佐久間周辺の山では上が白く麓は黒い景色を見ることができる。

隣接していた自治体編集

静岡県
愛知県

歴史編集

  • 1889年(明治22年)10月1日
    • 豊田郡浦川村・川合村が合併し、浦川村となる。
    • 豊田郡佐久間村・中部村・半場村が合併し、佐久間村となる。
    • 豊田郡大井村・戸口村・上平山村・下平山村・瀬尻村が合併し、山香村となる。
    • 周智郡地頭方村・山住村・相月村・奥領家村が合併し、奥山村となる。
  • 1896年(明治29年)4月1日 - 浦川村・佐久間村・山香村が、豊田郡から磐田郡に移行する。
  • 1901年(明治34年)11月1日 - 磐田郡山香村の一部(下平山・瀬尻)・磐田郡龍川村の一部(戸倉・大嶺)が合併し、磐田郡龍山村が発足。
  • 1903年(明治36年)12月1日 - 周智郡奥山村の一部(相月・奥領家の一部)が分立し、周智郡城西村が発足。
  • 1920年(大正9年)10月1日 - 磐田郡浦川村が町制施行し、浦川町となる。
  • 1925年(大正14年)5月10日 - 周智郡奥山村が町制施行、改称し水窪町となる。
  • 1951年(昭和26年)7月1日 - 城西村・水窪町が、周智郡から磐田郡に移行する。
  • 1953年(昭和28年)- 佐久間ダム及び佐久間発電所着工。多数の工事従事者により人口が大幅に増大。宿、食堂、料亭などが多数作られる。
  • 1956年(昭和31年)9月 - 佐久間ダム及び佐久間発電所 完成。
  • 1956年(昭和31年)9月30日 - 磐田郡浦川町・佐久間村・山香村・城西村が合併、町制施行し佐久間町となる。
  • 1965年(昭和42年)- 佐久間周波数変換所 運転開始。
  • 2005年(平成17年)7月1日 - 浜松市に編入され消滅[4]。佐久間町にあった字の名称を、佐久間町と冠したものに変更した[5]

施設編集

行政地名編集

  • 合併前の旧4町村の大字(浦川、川合、中部、半場、佐久間、大井、戸口、上平山、相月、奥領家)は佐久間町に継承された。
  • 小字は行政地名として設定されなかったが、中部、半場、戸口、上平山を除く大字には、小字相当の以下の通称地名があり[6]、現在も佐久間ふれあいバスの停留所名などに用いられる。
    • 浦川 - 川上、吉沢、出馬、沢上、上市場、町、柏古瀬、小田敷、島中、河内、地八、和山間、早瀬
    • 川合 - 神妻、川合
    • 佐久間 - 佐久間、下平、峯、羽ヶ庄、上野
    • 奥領家 - 芋掘、野田
    • 相月 - 相月、横吹、松島
    • 大井 - 大滝、大輪、仙戸、福沢、和泉鮎釣、間庄、瀬戸、西渡、舟戸

教育編集

小学校編集

中学校編集

高等学校編集

図書館編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

出身有名人編集

  • 江川卓(プロ野球選手)
    大輪地区に住み、2年次まで佐久間中学校に在学。近くの天竜川で石投げをしていた。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 浜松市地域自治区の設置等に関する条例 (平成17年浜松市条例第40号) 平成17年(2005年)6月1日公布
  2. ^ 浜松市区及び地域自治区の設置等に関する条例 (平成18年浜松市条例第78号) (平成18年(2006年)12月1日公布)
  3. ^ 浜松市区及び地域自治区の設置等に関する条例の一部を改正する条例 (平成21年浜松市条例第48号) (平成21年(2009年)9月4日公布)
  4. ^ 市町村の廃置分合 (平成17年総務省告示第456号) 『官報』 平成17年(2005年)4月18日付 本紙 第4076号 p. 4
  5. ^ 字の名称の変更 (平成17年静岡県告示第799号) 『静岡県公報』 第1681号 平成17年(2005年)6月7日 (PDF) pp. 1579-1582
  6. ^ 標準地域コードインデックス 2020年8月18日閲覧

外部リンク編集