メインメニューを開く

佐伯 文郎(さえき ぶんろう[1][注 1]1890年明治23年)1月13日[1][2] - 1967年昭和42年)6月10日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

佐伯 文郎
Bunrou Saeki.jpg
生誕 1890年1月13日
日本の旗 日本 宮城県
死没 (1967-06-10) 1967年6月10日(77歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1911年 - 1945年
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif陸軍中将
テンプレートを表示

略歴編集

宮城県出身[1][2][3]。佐伯永全の長男として生まれる[1]仙台陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1911年(明治44年)5月、陸軍士官学校(23期)を卒業[1][2][4]。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第32連隊付となる[1][4]陸軍歩兵学校教導大隊付などを経て、1921年(大正10年)11月、陸軍大学校(33期)を卒業し歩兵第32連隊中隊長に就任[1][2][3]

1922年(大正11年)12月、参謀本部付勤務となり、参謀本部員、陸軍運輸部員を経て、1927年(昭和2年)3月、歩兵少佐に昇進し運輸部大連出張所長に着任[1]1928年(昭和3年)8月、歩兵第31連隊大隊長に就任し、陸大専攻学生、参謀本部付を経て、1931年(昭和6年)3月、歩兵中佐に進級し関東軍司令部付(満鉄嘱託)となる[1]

1933年(昭和8年)4月、運輸部員に転じ、台湾軍参謀を経て、1935年(昭和10年)8月、歩兵大佐に昇進し歩兵第29連隊長に就任[1][3]1937年(昭和12年)9月、北支那方面軍司令部付に異動し、同方面軍特務部第1課長に転じ、1938年(昭和13年)7月、陸軍少将に進級[1][3]。同年11月、歩兵第104旅団長となり日中戦争に出征[1][2][3]

1940年(昭和15年)3月、参謀本部付に異動し、運輸部付を経て船舶輸送司令官兼陸軍運輸部長に就任[1][2][3]1941年(昭和16年)3月、陸軍中将に進み太平洋戦争を迎えた[1][2]1943年(昭和18年)4月、第26師団長に親補され蒙古に赴任[1][2][3]1944年(昭和19年)7月、船舶司令官兼陸軍運輸部長に転任[1][2][3]1945年(昭和20年)8月の原爆投下を受け、第2総軍により広島警備担任司令官に任命され、原爆負傷者の救護・救援活動を指揮した。同年12月、予備役編入[1]

戦後、戦犯容疑により逮捕され、1948年(昭和23年)12月に重労働24年の判決を受け服役するが、1957年(昭和32年)10月、仮釈放された[1]

栄典編集

親族編集

  • 娘婿 七海正武(陸軍大尉)[1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』292頁では「ふみお」。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『日本陸海軍総合事典』第2版、69頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本陸軍将官辞典』327頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』292頁。
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』289、292頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目編集