メインメニューを開く

佐伯 祐三(さえき ゆうぞう、1898年4月28日 - 1928年8月16日)は、大正~昭和初期の洋画家である。大阪府大阪市出身。

佐伯祐三
Saeki Yuzo
生誕 (1898-04-28) 1898年4月28日
日本の旗 日本 大阪府西成郡中津村
(後の大阪市大淀区、現・北区)
死没 1928年8月16日(1928-08-16)(30歳)
フランスの旗 フランス
墓地 光徳寺(大阪市)
心法寺(東京都千代田区)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京美術学校
著名な実績 洋画家
代表作 「郵便配達夫」など
配偶者 佐伯米子
活動期間 1917年 - 1928年
この人物に影響を
与えた芸術家
藤島武二
モーリス・ド・ヴラマンク

目次

人物編集

 
郵便配達夫(1928年)

佐伯は画家としての短い活動期間の大部分をパリモンパルナス等で過ごし、フランスで客死した。佐伯の作品はパリの街角、店先などを独特の荒々しいタッチで描いたものが多い。佐伯の風景画にはモチーフとして文字の登場するものが多く、街角のポスター、看板等の文字を造形要素の一部として取り入れている点が特色である。作品の大半は都市風景だが、人物画、静物画等もある。

佐伯は1898年(明治31年)、大阪府西成郡中津村(現大阪市北区中津二丁目)にある光徳寺の男4人女3人の兄弟の次男として生まれた。1917年(大正6年)東京の小石川(現・文京区)にあった川端画学校に入り、藤島武二に師事する。旧制北野中学(現・大阪府立北野高等学校)を卒業した後、1918年(大正7年)には、東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科に入学し、引き続き藤島武二に師事、1923年(大正12年)に同校を卒業した[1]。東京美術学校では、卒業に際し自画像を描いて母校に寄付することがならわしになっており、佐伯の自画像も現存している。鋭い眼光が印象的なこの自画像は、作風の面では印象派風の穏やかなもので、後のパリ滞在中の佐伯の作風とはかなり異なっている。なお、在学中に結婚した佐伯の妻・佐伯米子(旧姓・池田)も絵を描き、二科展などにも入選していた。

佐伯はその後満30歳で死去するまでの6年足らずの画家生活の間、2回パリに滞在し[2]、代表作の多くはパリで描かれている。第1回のパリ渡航は1924年(大正13年)1月から1926年1月までで、約2年の滞在であった。1924年のある時(初夏とされる)、佐伯はパリ郊外のオーヴェル=シュル=オワーズゴッホの終焉の地として知られる)に、フォーヴィスムの画家モーリス・ド・ヴラマンクを訪ねた。佐伯は持参した自作『裸婦』を見せたところ、ヴラマンクに「このアカデミックめ!」と一蹴され、強いショックを受けたとされる(その後、何度かヴラマンクの下に足を運んでいる)。事実、この頃から佐伯の画風は変化し始める。この第一次滞仏時の作品の多くはパリの街頭風景を描いたもので、ヴラマンクとともにユトリロの影響が明らかである。佐伯はパリに長く滞在することを望んでいたが、佐伯の健康を案じた家族らの説得に応じ、1926年にいったん日本へ帰国した。パリでの友人である前田寛治里見勝蔵、小島善太郎らと「1930年協会」を結成する[3]

2度目の滞仏はそれから間もない1927年(昭和2年)8月からであり、佐伯はその後ふたたび日本の土を踏むことはなかった。佐伯は旺盛に制作を続けていたが、1928年3月頃より持病の結核が悪化したほか、精神面でも不安定となった。「黄色いレストラン」が屋外で描いた最後の作品で「描ききった」と家族に説明していたという。屋内ではその後も偶然訪れた郵便配達夫をモデルに油絵2点、グワッシュ1点を描く(この郵便配達夫は後にも先にもこの時にしか姿を見せなかったことから、佐伯の妻はあの人は神様だったのではないか、と語っている)[4]。自殺未遂を経て、ヌイイ=シュル=マルヌのセーヌ県立ヴィル・エヴラール精神病院に入院。一切の食事を拒み、同年8月16日、妻が娘の看病をしていたので妻に看取られることなく衰弱死した。墓所は生家である大阪市の光徳寺と東京都千代田区の心法寺。

現在、佐伯の作品は大阪中之島美術館準備室50点、和歌山県立近代美術館14点など、日本各地の34か所に所蔵されている[5]

主な作品編集

 
『テラスの広告』(1927年)ブリヂストン美術館蔵
画像 作品名 制作年 技法・素材 サイズ(縦x横cm) 所有者 備考
  自画像 1915年 油彩キャンバス 45.0x33.3 東京国立近代美術館
  自画像 1917年 油彩キャンバス 45.5x33.4 三重県立美術館
自画像 1917年 油彩キャンバス 45.4x33.5 笠間日動美術館
自画像 1917年頃 油彩キャンバス 45.5x37.9 愛知県美術館
勝浦風景 1918-19年頃 油彩キャンバス 90.8x90.8 個人[6]
戸山ヶ原風景 1920年 油彩キャンバス 50.5x60.5 大阪中之島美術館準備室
  帽子をかぶる自画像 1922年頃 キャンバス油彩 73x53.4 和歌山県立近代美術館
  自画像 1923年 油彩キャンバス 60.3x45.2 東京藝術大学大学美術館
  自画像 1923年頃 油彩キャンバス 53.5x45.7 神奈川県立近代美術館
ベッドに坐る裸婦 1923年 油彩キャンバス 91.2x65.5 和歌山県立近代美術館
裸婦 1923年頃 油彩キャンバス 73.0x116.6 西宮市大谷記念美術館
  立てる自画像 1924年 油彩キャンバス 80.5x54.8 大阪中之島美術館準備室 裏面に《夜のノートルダム(マント=ラ=ジョリ)》
  パリ遠望 1924年 キャンバス油彩 55.3x72.7 大阪中之島美術館準備室
  オワーズ河周辺風景(ネル=ラ=ヴァレ) 1924年 キャンバス油彩 59.0x79.5 個人[7]
オーヴェールの教会 1924年 油彩キャンバス 59.5x71.5 鳥取県立博物館
セーヌ河の見える風景 1924年 油彩板 36.5x45.4 東京藝術大学大学美術館
  クラマールの午後 1924年 油彩キャンバス 53x64.5 山種美術館
  教会 1924年 油彩キャンバス 59.5x72.0 大阪市立美術館 裏面に《パリの裏町》
パリの裏町 1924年 油彩キャンバス 59.5x72.0 大阪市立美術館
煙突のある風景 1924年頃 油彩キャンバス 64.0x52.8 個人[8] 裏面に《下落合風景》
パリの街角 1925年 山王美術館
  レ・ジュ・ド・ノエル 1925年 油彩キャンバス 71.5x58.3 和歌山県立近代美術館
  広告のある門 1925年 油彩キャンバス 60x3.3 和歌山県立近代美術館
  リュ・デュ・シャトーの歩道 1925年 油彩キャンバス 60.5x73.3 和歌山県立近代美術館
タラスコンの遺跡 1925年 油彩キャンバス 63.8x51.6 兵庫県立美術館[9]
パリの裏街 1925年 油彩キャンバス 63.5x79.5 ウッドワン美術館
ロカション・ドゥ・シボー 1925年 油彩キャンバス 63.5x79.5 ウッドワン美術館
ロカション・ド・ヴォワチュール 1925年 油彩キャンバス 63.5x79.0 ひろしま美術館
風景 1925年頃 油彩キャンバス 60.0x72.0 ひろしま美術館
裸婦 1925年頃 油彩キャンバス 60.0x72.0 ひろしま美術館
オニー牧場 1925年 油彩キャンバス 60.0x80.3 下関市立美術館
  靴屋(コルドヌリ) 1925年 油彩キャンバス 72.5x59.0 ブリヂストン美術館
靴屋(コルドヌリ) 1925年 油彩キャンバス 54.0x47.0 茨城県近代美術館
  エッフェル塔の見える通り 1925年 油彩キャンバス 65x81
  寺院 1925年 油彩キャンバス 60.5x73
  パリ雪景 1925年 油彩キャンバス 60.5x72
  ストーブ 1925年 油彩キャンバス 51.5x44
  リュ・ブランシオン 1925年 油彩キャンバス 59.8x73.0 個人[10]
  ノートル・ダム(マント・ラ・ジョリ) 1925年 油彩キャンバス 79.5x59.0 個人 裏面に《オワーズ河周辺風景》
  ノートル・ダム(マント・ラ・ジョリ) 1925年 油彩キャンバス 78.7x52.5 大阪府立北野高等学校
  夜のノートル・ダム(マント・ラ・ジョリ) 1925年 油彩キャンバス 80.5x54.5 大阪中之島美術館準備室 裏面に《立てる自画像》
  1925年10月5日 油彩キャンバス 73.1x60.8 大阪中之島美術館準備室
  酒場(オー・カーヴ・ブルー) 1925年 油彩キャンバス 72.2x60.1 大阪中之島美術館準備室
  運送屋(カミオン) 1925年 油彩キャンバス 60.2x72.1 大阪中之島美術館準備室
パリの街角(家具付きホテル) 1925年頃 油彩キャンバス 65.1x81.1 個人(大阪中之島美術館準備室)[11]
  人形 1925年頃 油彩キャンバス 41.2x32.2 大阪中之島美術館準備室
絵具箱 1925-26年頃 油彩キャンバス 45.8x53.8 大阪中之島美術館準備室
  絵具箱 1925-26年頃 油彩キャンバス 53x65
休息(鉄道工夫) 1925-26年頃 油彩キャンバス 59.4x71.3 ブリヂストン美術館
  滞船 1926年 油彩キャンバス 61.0x72.5 神奈川県立近代美術館
滞船 1926年頃 油彩キャンバス 53.0x65.0 横浜美術館
  滞船 1926年 油彩キャンバス 60.8x91
  滞船 1926年 油彩キャンバス 51.5x64
  汽船 1926年頃 油彩キャンバス 38.0x45.5 大阪中之島美術館準備室寄託
  1926年頃 油彩キャンバス 31.8x41.0 個人(大阪中之島美術館準備室寄託)[12]
  下落合風景 1926年頃 油彩キャンバス 60.4x72.8 大阪中之島美術館準備室寄託
  下落合風景 1926年頃 油彩キャンバス 50.0x60.5 和歌山県立近代美術館
下落合風景 1926年頃 油彩キャンバス 60.7x72.8 ポーラ美術館[13]
  下落合風景 1926年頃 油彩キャンバス 80.5x65.0 個人[14]
  白い壁の家(下落合風景) 1926年頃 油彩キャンバス 45.8x61.2 個人[15]
下落合風景 1926年頃 油彩キャンバス 60.9x73.0 学校法人甲南学園甲南小学校[16]
下落合風景(テニス) 1926年頃 油彩キャンバス 73.0x117.5 新宿区(落合第一小学校)[17]
下落合風景 1926年 油彩キャンバス 61.5x73.0 ウッドワン美術館[18]
  下落合風景 1926年頃 油彩キャンバス 52.5x70.5 個人[19] 裏面に《煙突のある風景》
  シグナル 1926年頃 油彩キャンバス 69.6x71.8
肥後橋風景 1926-27年 油彩キャンバス 60.7x90.7 朝日新聞社香雪美術館寄託
  新聞屋 1927年 油彩キャンバス 73.6x60.2 朝日新聞社
  ガス灯と広告 1927年 油彩キャンバス 65x100 東京国立近代美術館
雪景色 1927年 油彩キャンバス 61.0x72.5 東京国立近代美術館
  テラスの広告 1927年 油彩キャンバス 51.5x63.4 ブリヂストン美術館
滞船 1927年 油彩キャンバス 53.0x65.2 ポーラ美術館
パリ裏町(炭屋) 1927年 油彩キャンバス 52.0x64.0 笠間日動美術館
広告塔 1927年 油彩キャンバス 79.5x52.8 新潟県立近代美術館・万代島美術館
  ラ・クロッシュ 1927年 油彩キャンバス 52.5x64.0 静岡県立美術館
米子像 1927年 油彩キャンバス 53.4x45.4 三重県立美術館
裏街の広告 1927年 油彩キャンバス 60.4x73.0 京都国立近代美術館
  広告(アン・ジュノ) 1927年 油彩キャンバス 65.2x81.1 大阪中之島美術館準備室
  レストラン(オテル・デュ・マルシェ) 1927年 油彩キャンバス 54.5x65.4 大阪中之島美術館準備室
  靴屋 1927年 油彩キャンバス 60.6x83.2 大阪中之島美術館準備室
カフェ・タバ 1926年頃 油彩キャンバス 54.5x65.1 個人(大阪中之島美術館準備室寄託)[20]
  バーの入り口 1927年 油彩キャンバス 60.0x49.0 国立国際美術館
  オプセルヴァトワール附近 1927年 油彩キャンバス 73.0x92.0 和歌山県立近代美術館
男の顔(K氏の像) 1927年 油彩板 33.0x23.8 和歌山県立近代美術館
  リュクサンブール公園 1927年 油彩キャンバス 71.0x59.0 田辺市立美術館
神戸風景 1927年 油彩キャンバス 53.0x72.5 兵庫県立美術館[21]
広告塔 1927年 油彩キャンバス 70.8x37.5 兵庫県立美術館[22]
  広告“ヴェルダン” 1927年 油彩キャンバス 54.0x65.0 大原美術館[23]
パリ街景 1927年 油彩キャンバス 65.0x81.0 大原美術館[24]
1927年 油彩キャンバス 65.0x80.3 福岡市美術館
  プティ・レストラン 1927年 油彩キャンバス 54.1x65.2 個人[25]
  カフェ・レストラン 1927年 油彩キャンバス 61.0x50.3 個人[26]
  Wall with advertisements 1928年以前
  パリの坂道 1927年 油彩キャンバス 73.5x60.3
  ガラージュ 1927-28年 油彩キャンバス 60.4x73.9 ブリヂストン美術館
  モランの寺(サン・ジェルマン・シュル・モラン) 1928年 油彩キャンバス 60x73 東京国立近代美術館
  共同便所 1928年 油彩キャンバス 72.4x59.8 大阪中之島美術館準備室
  モランの寺 1928年 油彩カルトン 37.2x44.5 大阪中之島美術館準備室
  モラン風景 1928年 油彩キャンバス 59.6x91.8 大阪中之島美術館準備室
  村と丘 1928年 油彩キャンバス 60.8x73.0 大阪中之島美術館準備室
  街はずれの寺 1928年 油彩キャンバス 60.3x72.1 大阪中之島美術館準備室
  工場 1928年 油彩キャンバス 60.0x91.0 大阪中之島美術館準備室
  煉瓦焼場 1928年 油彩キャンバス 60.2x73.1 大阪中之島美術館準備室
  カフェ・レストラン 1928年 油彩キャンバス 59.9x73.0 大阪中之島美術館準備室
  1928年 油彩キャンバス 73.3x60.4 田辺市立美術館
  工場 1928年 油彩キャンバス 73.4x60.3 田辺市立美術館
赤い入口 1928年 油彩キャンバス 61.0x73.2 堀美術館[27]
  サン・タンヌ教会 1928年 油彩キャンバス 72.5x59.7 三重県立美術館
  パンテオン寺院 1928年 油彩キャンバス 65.0x53.0 新潟県立近代美術館・万代島美術館
  ホテルの裏庭 1928年 油彩キャンバス 61x50.5
  白い道 1928年 油彩キャンバス 72.0x59.0 個人[28]
  郵便配達夫(半身) 1928年 油彩キャンバス 65.0x54.5 大阪中之島美術館準備室
  郵便配達夫 1928年 油彩キャンバス 80.8x65.0 大阪中之島美術館準備室
  黄色いレストラン 1928年 油彩キャンバス 73.0x60.8 大阪中之島美術館準備室 絶筆に近い作品
  ロシヤの少女 1928年 油彩キャンバス 65.3x53.3 大阪中之島美術館準備室 絶筆に近い作品

参考文献編集

  • 東京国立近代美術館編 『没後50年記念佐伯祐三展』 朝日新聞社、1978年。 
  • 練馬区立美術館 横山勝彦 和歌山県立近代美術館 寺口淳司編 『「佐伯祐三ー芸術家への道ー」展 図録』 印象社、2005年。 
  • 橋爪節也 熊田司 菅谷富夫編 『没後80年記念 佐伯祐三展 ーパリで夭折した天才画家の道ー』 産経新聞大阪本社、2008年。 
  • 新宿歴史博物館編 『新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館開館記念特別展 「佐伯祐三展ー下落合の風景ー」』 新宿歴史博物館、2010年。 
  • 大阪新美術館建設準備室 読売新聞大阪本社企画事業部編 『大阪新美術館コレクション 佐伯祐三とパリ ポスターのある街角』 読売新聞大阪本社、2013年。 

脚注編集

  1. ^ 『東京美術学校一覧 従大正12年至大正14年』東京美術学校、1925年11月、p.184
  2. ^ 1回目は船で、2回目は早いのでシベリア鉄道で渡仏(「ぶらぶら美術館」佐伯祐三特別展 宇都宮美術館BS日テレ2014年10月17日放送)。
  3. ^ 一九三〇年協会編 『一九三〇年協会美術年鑑 第1』 一九三〇年協会、1929年、66頁。 
  4. ^ ぶらぶら美術・博物館」佐伯祐三特別展 宇都宮美術館BS日テレ2014年10月17日放送)。
  5. ^ 週刊朝日百科 『日本の美術館を楽しむNo.24 三重県立美術館』 朝日新聞社、2005年、13頁
  6. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第3図。
  7. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第28図。
  8. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第30図。
  9. ^ [ID_12576] タラスコンの遺跡 : 作品情報 _ 所蔵作品検索 _ 兵庫県立美術館
  10. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第45図。
  11. ^ 『大阪新美術館コレクション 佐伯祐三とパリ ポスターのある街角』第16図
  12. ^ 『大阪新美術館コレクション 佐伯祐三とパリ ポスターのある街角』第32図
  13. ^ 『佐伯祐三展 ―下落合の風景―』第9図。
  14. ^ 『佐伯祐三展 ―下落合の風景―』第12図。
  15. ^ 『佐伯祐三展 ―下落合の風景―』第14図。
  16. ^ 『佐伯祐三展 ―下落合の風景―』第16図。
  17. ^ 『佐伯祐三展 ―下落合の風景―』第18図。
  18. ^ 『佐伯祐三展 ―下落合の風景―』第21図。
  19. ^ 『佐伯祐三展 ―下落合の風景―』第21図。
  20. ^ 『大阪新美術館コレクション 佐伯祐三とパリ ポスターのある街角』第34図
  21. ^ [ID_12480] 神戸風景 : 作品情報 _ 所蔵作品検索 _ 兵庫県立美術館
  22. ^ [ID_12577] 広告塔 : 作品情報 _ 所蔵作品検索 _ 兵庫県立美術館
  23. ^ OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>日本の絵画と彫刻>佐伯祐三
  24. ^ OHARA MUSEUM of ART ― OHARAグランプリ
  25. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第103図。
  26. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第104図。
  27. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第134図。
  28. ^ 『没後80年 佐伯祐三展 ―パリで夭折した天才画家の道―』第133図。

関連項目編集

 
新宿区立佐伯公園にある旧宅跡

外部リンク編集

f