佐伯麻呂
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 養老7年3月14日723年4月23日
官位 従四位下備後守
主君 文武天皇元明天皇
氏族 佐伯氏
父母 父:佐伯東人
兄弟 広足麻呂
大麻呂石湯児屋麻呂、果安
テンプレートを表示

佐伯 麻呂(さえき の まろ)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族。佐伯東人の子とする系図がある[1]官位従四位下備後守

経歴編集

文武天皇4年(700年)5月に遣新羅大使に任ぜられて新羅に渡航し、10月に帰国し孔雀や珍物を持ち帰った(この時の冠位は直広肆)[2]大宝律令における位階制の施行を通じて正五位上に叙せられ、和銅元年(708年)備後守を経て、和銅5年(712年)従四位下に至る。

養老7年(723年)3月14日卒去。最終官位は散位従四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 鈴木真年『諸系譜』第8冊,佐伯宿禰
  2. ^ 『続日本紀』文武4年10月19日条

参考文献編集