メインメニューを開く

小出義雄

日本の陸上競技指導者、元選手
佐倉アスリート倶楽部から転送)

小出 義雄(こいで よしお、1939年4月15日[1] - 2019年4月24日)は、陸上競技の元選手。佐倉アスリート倶楽部代表取締役[2]マラソン・中長距離選手の指導者。順天堂大学客員教授千葉県佐倉市出身[3]

小出義雄
こいで よしお
Portal:陸上競技
Yoshio Koide at Tsukuba Creo Square.jpg
つくばクレオスクエアにて(2015年6月)
選手情報
フルネーム 小出義雄
ラテン文字 Yoshio Koide
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走マラソン
所属 佐倉アスリートクラブ
大学 順天堂大学
生年月日 (1939-04-15) 1939年4月15日
出身地 千葉県佐倉市
居住地 千葉県佐倉市
没年月日 (2019-04-24) 2019年4月24日(80歳没)
死没地 千葉県浦安市
編集 テンプレートのヘルプを表示する

目次

概要編集

大きなサングラスが特徴。小出正子(現姓:高橋)は実子。高橋健一は婿。

来歴編集

千葉県立山武農業高等学校卒業後、家業の農業に従事していたが、陸上競技への思い断ち難く、出奔[3]。小出自身の語るところによると「電話工事のアルバイトや工事現場の作業員をやりながら食いつなぎ、昭和高圧(現在の高圧昭和ボンベ)駅伝部で競技を続けた」後に苦学の末、22歳で順天堂大学体育学部に入学[3]箱根駅伝に3年連続出場[3](1年時の第38回は5区区間10位、2年時の第39回は8区区間3位、3年時の第40回は8区区間5位)。

1965年に順天堂大学を卒業。体育科・保健体育科教員となり、千葉県の公立高校教員に勤務。千葉県立長生高等学校千葉県立佐倉高等学校船橋市立船橋高等学校で教鞭をとり、鈴木秀夫、河合美香らを育てた。野木丈司は佐倉高校時代の教え子。鈴木大地は市立船橋高校時代の教え子であり、順天堂大学の後輩[4]

陸上指導者として編集

日本の陸上競技指導者としては早い時点で女性の長距離種目への適性を評価し、その対策を研究した[8]。有望な選手を探す中、中学時代の増田明美に目を付けたが、わずかな差で成田高等学校の瀧田詔生に先を越され、指導の機会を逃したこともある[9]。その後佐倉高校で倉橋尚美を長距離選手として育て、増田が初マラソンで日本最高を記録した1982年2月の光町マラソンに倉橋を出走させて増田に次ぐ2位(記録は当時日本歴代2位)でゴールさせている[10]

「ほめて育てる」という選手育成方法が知られている[2]。ただし本人はほめるだけでなく、叱る、アドバイスや注意をするといったことも組み合わせ、相手の個性に合わせて指導することが大事であるとインタビューで語っている[2]。 監督がゴールにいてあげるべき時は選手が勝った時ではなく、負けた時に「おまえが悪いんじゃない、監督が悪いんだ。」と慰めるためだ、と語っている[11]

指導者としての最後の大会になったのは2019年3月10日の名古屋ウィメンズマラソンであるが、その会場で偶然にも自らが育成した有森裕子、鈴木博美、高橋尚子らもいたため、皆で写真を撮ったのが最後になったと愛弟子の有森が語っている[12]

人物編集

豪放磊落な性格で、酒好き。インタビューの度に顔が赤くなっているのは酒を飲んでいるからだとか、高橋尚子シドニーオリンピックで金メダルを取った時に、途中の様子を見て「これは勝てる」と思ったため、祝杯と称して酒を大量に飲んでゴール地点や祝勝会に参加できなかった等、酒にまつわる話に事欠かない[11]。2001年には、サンクスから「小出監督のおつまみセット」が発売された。

夫人とは長生高校勤務時、陸上部の生徒と部活顧問という関係であった。

高橋尚子と共に、マラソン選手を育成するゲームの開発に携わった。

スポーツニッポンに勝手に名前を使われ、サッカー日本代表の2010年ワールドカップのトレーニングが無駄だと言ったと報道された。しかし、関係者からそれを聞き自身のホームページでそれを否定した後、そのトレーニングが高山順化には最適であると太鼓判を押し、スポニチの身勝手な創作報道で岡田武史が気を悪くしていないかと心配した。

現役時代の記録編集

マラソン
箱根駅伝区間成績
  • 第38回(1962年)5区 1時間36分08秒(区間10位)
  • 第39回(1963年)8区 1時間10分17秒(区間3位)
  • 第40回(1964年)8区 1時間05分57秒(区間5位)

佐倉アスリート倶楽部編集

佐倉アスリート倶楽部株式会社(SAC、さくらアスリートくらぶ)は、小出義雄が設立したスポーツクラブ。及び、スポーツ育成団体。

マラソン・中距離選手を指導する部門を「佐倉アスリート倶楽部」、ジュニア選手を指導する「小出道場」(こいでどうじょう)に分ける。

育成選手編集

現在、ユニバーサルエンターテインメント(旧:アルゼ)・豊田自動織機所属の選手に指導育成を行う。また、女子選手育成に卓越した手腕を発揮し、以下に挙げる選手をはじめとして、多くの選手を育成した。

主な輩出選手

著書編集

関連書籍・DVD編集

ゲーム編集

  • 高橋尚子のマラソンしようよ!(PlayStation 2用ソフト、タイトー、2003年11月13日発売) 全面協力

出典編集

  1. ^ カウントダウン東京(3)トラックの記憶 円谷さん、振り向け 小出義雄が語る”. CHUNICHI WEB. 中日スポーツ (2013年9月5日). 2015年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月14日閲覧。
  2. ^ a b c 第35回小出義雄氏(陸上競技指導者・佐倉アスリート倶楽部株式会社代表取締役)「個性を見極め、やる気を引き出す指導者論」”. エフ・マガ インタビュー. NTTファシリティーズ. 2015年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 【vol.26】こころとからだの健康タイム|ゲスト 小出 義雄 さん”. ぶんぶん通信. エヌ・ピュア. 2015年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月14日閲覧。
  4. ^ “鈴木長官、市船高時代に小出氏から授業「やる気引き出すのが上手」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年4月24日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190424/ath19042421470022-n1.html 2019年4月25日閲覧。 
  5. ^ a b 小出義雄氏が死去、3月に指導一線退く 80歳肺炎 - 日刊スポーツ 2019年4月24日
  6. ^ “小出義雄さん死因は肺炎、家族が明かす/陸上”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年4月24日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190424/ath19042420050018-n1.htmll 2019年4月25日閲覧。 
  7. ^ 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳 - 毎日新聞 2019年4月24日
  8. ^ “【社説】小出義雄さん死去 女子長距離を育てた”. 東京新聞. (2019年4月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019042502000179.html 2019年5月3日閲覧。 
  9. ^ 増田明美『おしゃべりなランナー 走って転んでまた起きて』リヨン社、1997年、p.248
  10. ^ “専門監督、「ガラス細工」を巧みに掌握・女子マラソン物語(6)”. 日本経済新聞. (2000年6月14日). http://www.nikkei.co.jp/topic5/sydney/column/20000614eiii023414.html 2019年5月3日閲覧。 
  11. ^ a b ショナイの話 2013年2月11日放送分[出典無効]
  12. ^ “有森裕子さん、小出義雄氏訃報に涙「東京五輪のマラソンを一緒に見たかった」”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年4月24日). https://hochi.news/articles/20190424-OHT1T50274.html 2019年4月25日閲覧。 

外部リンク編集