メインメニューを開く
本来の表記は「佐山二郞」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

佐山二郞(さやま じろう、1947年- )は、軍事技術史研究家。

岡山県岡山市生まれ。拓殖大学商学部卒業。会社勤務のかたわら、火砲を中心とした軍事技術史を研究。東京鉄鋼埠頭勤務[1]

著書編集

  • 『日本の大砲』竹内昭共著 出版協同社 1986
  • 『大砲入門 陸軍兵器徹底研究』光人社NF文庫 1999
  • 『小銃拳銃機関銃入門 日本の小火器徹底研究』光人社NF文庫 2000
  • 『工兵入門 技術兵科徹底研究』光人社NF文庫 2001
  • 『機甲入門 機械化部隊徹底研究』光人社NF文庫 2002
  • 『日本陸軍の傑作兵器駄作兵器 究極の武器徹底研究』光人社NF文庫 2003
  • 日露戦争の兵器』光人社NF文庫 2005
  • 『日本陸軍の火砲高射砲 日本の陸戦兵器徹底研究』光人社NF文庫 2010
  • 『迫撃砲噴進砲他 日本陸軍の火砲 日本の陸戦兵器徹底研究』光人社NF文庫 2011
  • 『日本陸軍の火砲歩兵砲対戦車砲他 日本の陸戦兵器徹底研究』光人社NF文庫 2011
  • 『日本陸軍の火砲要塞砲 日本の陸戦兵器徹底研究』光人社NF文庫 2011
  • 『続・日本陸軍の火砲機関砲要塞砲 日本の陸戦兵器徹底研究』光人社NF文庫 2012
  • 『野戦重砲 騎砲他 日本陸軍の火砲 日本の陸戦兵器徹底研究』光人社NF文庫 2012
  • 『野砲山砲 日本陸軍の火砲 日本の陸戦兵器徹底研究』光人社NF文庫 2012

編集

  1. ^ 『小銃拳銃機関銃入門』著者紹介