メインメニューを開く

佐山 優(さやま まさる、1943年3月24日 - )は、日本中央競馬会(JRA)に所属する元調教師、元騎手栗東トレーニングセンター所属。京都府出身。

佐山優
Masaru-Sayama20090314.jpg
2009年阪神スプリングジャンプ表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
(出生地は栃木県足利市
生年月日 (1943-03-24) 1943年3月24日(76歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 杉村政春(1954年 - 1971年)
杉村一馬(1971年-1977年)
服部正利(1977年-1978年)
池田三郎(1978年-1983年)
初免許年 1961年
免許区分 平地・障害
騎手引退日 1983年
重賞勝利 8勝
通算勝利 1643戦204勝
調教師情報
初免許年 1983年(1984年開業)
調教師引退日 2014年(定年)
重賞勝利 23勝
G1級勝利 4勝
通算勝利 6847戦511勝
(中央6825戦509勝、地方22戦2勝)
経歴
所属 栗東T.C.(1984年-2012年)
テンプレートを表示

1961年に中央競馬で騎手デビュー。京都大障害を春秋連覇したタカライジンなどに騎乗し、1983年までに障害競走重賞8勝を含む204勝を挙げた。騎手引退後の1984年より厩舎を開業。「ヒシ」の冠名で知られた阿部雅一郎の知遇を得、1995年のスプリンターズステークス優勝馬ヒシアケボノ、2002年から2003年にGI競走で3勝を挙げたヒシミラクルなどを手掛けた。2014年に定年引退。

舅は騎手・調教師の池田三郎

目次

経歴編集

1943年、栃木県足利市に生まれる[1]。出生名は松田優[1]太平洋戦争中に実父が戦死し、地方競馬足利競馬場厩務員を務めていた叔父・佐山小太郎に育てられた[1]。後に小太郎が国営競馬京都競馬場へ移ったことに伴い、優も京都で育つ[1]。小太郎は京都で名門の伊藤勝吉厩舎に所属し、優駿競走(日本ダービー)優勝馬タチカゼ阪神3歳ステークスなど27勝を挙げた牝馬ワカクサを担当している[1]

伊藤厩舎の主戦騎手だった杉村一馬に憧れて騎手を志し、11歳の時から厩舎で騎手見習いとして過ごした[1]。見習い時代には、杉村が乗って桜花賞に優勝するワカクモテンポイントキングスポイントの母)の調教も担当した[1]

18歳となった1961年に騎手免許を取得[2]。同年3月に一馬の父・杉村政春厩舎からデビューし、4月11日に初勝利を挙げた。体重が重かったため2年目から障害競走を中心に騎乗し[2]、4年目の1964年5月、フジノオーのライバルとして知られたタカライジンに騎乗して京都大障害(春)を制し、重賞初勝利を挙げた。同馬では秋の京都大障害も制し、春秋連覇を達成している。以後も平地での騎乗も兼業しながら、障害で重賞勝利を重ねた。1967年には京都大障害を含む障害11勝、平地でも10勝を挙げた。1971年に杉村政春の死去に伴い、一馬の厩舎に移籍。その後服部正利厩舎を経て、騎手生活晩年には舅の池田三郎厩舎に所属した。

1983年に4度目の受験で調教師免許を取得し、騎手を引退。通算1643戦204勝(うち障害404戦79勝)。重賞8勝は全て障害競走で挙げた。

1984年、死去した池田三郎の後を引き継いで厩舎を開業[3]。3月に初勝利を挙げ、同年7月にはトーワカチドキが金鯱賞を制し、調教師としての重賞初勝利を挙げた。以後しばらくは年間10勝前後を挙げる中堅から下位の成績であったが、1990年に「ヒシ」の冠名を使用した有力馬主・阿部雅一郎と知り合い、以後その所有馬を管理することで成績が向上していった[4]。1992年にはヒシマサルなどによる重賞4勝を含む39勝を挙げて勝利度数で全国4位に付け、優秀調教師賞を初受賞。1995年12月にはヒシアケボノスプリンターズステークスを制し、GI競走を初制覇。小太郎と二代のGI級競走優勝を果たした。翌1996年にはヒシナタリーなどで重賞6勝を挙げ、2度目の優秀調教師賞を受賞した。

2000年代に入るまで短距離競走で活躍する馬が多かったことから「短距離厩舎」との評もあり[3]、佐山自身「中距離、長距離と混ぜ合わせてどこでもGIを勝てる馬が欲しい[3]」と語っていたが、2002年に長距離競走の菊花賞においてヒシミラクルが10番人気という低評価を覆して優勝し、クラシック競走を初制覇を果たす。同馬は翌年の天皇賞(春)宝塚記念をいずれも人気薄で制し、同年の最優秀父内国産馬に選出された。

以後も複数の重賞勝利馬を管理し、2013年2月にはJRA通算500勝を達成。翌2014年2月をもって70歳定年により調教師を引退した。調教師としての通算成績は6847戦511勝(うち地方22戦2勝)、GI競走4勝を含む重賞23勝。

通算成績編集

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 125 126 149 1239 .101 .203
障害 79 52 63 404 .196 .324
204 178 212 1643 .124 .233
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1961年3月19日 - バンシユン - - 5着
初勝利 1961年4月1日 - オクミドリ - - 1着
重賞初騎乗 1962年6月24日 アラブ大障害(春) ダイヤアロー 6頭 4 6着
重賞初勝利 1964年5月3日 京都大障害(春) タカライジン 5頭 1 1着
GI級初騎乗 1967年7月2日 宝塚記念 ワカクモ 8頭 6 7着

主な騎乗馬編集

  • タカライジン(1964年京都大障害・春、京都大障害・秋)
  • ギヤルソンヌ(1965年アラブ大障害・秋)
  • ミホノマツ(1967年京都大障害・春)
  • キタシンザン(1969年阪神障害ステークス・春)
  • フェアブァイタル(1970年京都大障害・春)
  • ツキヒデキング(1970年阪神障害ステークス・春)
  • フジチャイナ(1974年阪神障害ステークス・秋)

調教師成績編集

開催 通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
中央 平地 492 543 533 6653 .074 .156
障害 17 12 14 172 .099 .169
509 555 547 6825 .075 .156
地方 平地 2 5 1 22 .091 .308
総計 511 560 548 6847 .075 .156
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1984年3月4日 1回阪神4日5R - ケーティサクラ - - 17着
初勝利 1984年5月20日 3回阪神2日4R - リンドムーン - - 1着
重賞初出走 1990年1月28日 1回阪神2日11R 京都牝馬特別 ファンドリポポ 14頭 8 11着
重賞初勝利 1984年7月8日 2回中京8日10R 金鯱賞 トーワカチドキ 15頭 1 1着
GI初出走 1990年5月20日 3回東京2日10R 優駿牝馬 トーワルビー 20頭 7 10着
GI初勝利 1995年12月17日 5回中山6日10R スプリンターズS ヒシアケボノ 16頭 1 1着

主な管理馬編集

GI競走優勝馬

その他重賞競走優勝馬

受賞編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 木村(1997)pp.336-337
  2. ^ a b 木村(1997)pp.337-338
  3. ^ a b c 芦谷(2001)p.254
  4. ^ 木村(1997)pp.340-341

参考文献編集

関連項目編集