佐武一郎

日本の数学者

佐武 一郎(さたけ いちろう、1927年 - 2014年10月10日)は、日本数学者山口県出身。カリフォルニア大学バークレー校名誉教授。東北大学名誉教授。理学博士。 専門は微分幾何学代数群佐武同型英語版(Satake isomorphism)、志村多様体の佐武コンパクト化、ディンキン図形の一般化である佐武図形英語版(Satake diagram)などで知られる。著書の『線型代数学』は線型代数学の入門書として有名であり[1]、現在でも広く読まれている。

略歴編集

著書・訳書編集

  • 『線型代数学』
  • 『線形代数』
  • 『現代数学の源流』
  • 『リー群の話』
  • 『リー環の話』
  • 『代数学への誘い』
  • 『ケーラー多様体入門』(アンドレ・ヴェイユの著書の小林昭七との共訳)

脚注編集

  1. ^ 2006年に日本数学会出版賞を受賞している。日本数学会の記事
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる

外部リンク編集