メインメニューを開く

佐治 乾(さじ すすむ、1929年1月13日 - 2001年2月7日)は、日本脚本家福岡県出身。主に映画テレビドラマなどを手掛けた。関西大学文学部英文学科卒業。生前は脚本家事務所・ラグス所属。

さじ すすむ
佐治乾
生年月日 (1929-01-13) 1929年1月13日
没年月日 (2001-02-07) 2001年2月7日(72歳没)
出生地 福岡県
職業 脚本家
ジャンル 映画・テレビドラマ
テンプレートを表示

略歴編集

大学在学中より官能小説を中心とした投稿作家として多額の賞金を稼ぎ、卒業後、脚本家の八木保太郎に師事。1954年、映画『ママの日記』でデビュー。50年代は日活、60年代は主に東映アクション、サスペンスものなどを多数執筆しているが、特に『恋と太陽とギャング』(石井輝男監督)、『誇り高き挑戦』(深作欣二監督)など現代ギャングものに才能を発揮し、1970年には日活ニューアクションの傑作『反逆のメロディー』を執筆。映画衰退以降はテレビの刑事ドラマにも手を広げ、『ワイルド7』『大都会 PARTII』などのメインライターを務める一方、『南極物語』などの大作映画やロマンポルノにも傾斜し、ジャンルに囚われない仕事ぶりを見せた。門下生には北川悦吏子伴一彦らがいる。

2001年2月7日、肺炎のため死去[1]。72歳没。

主な作品編集

劇場映画編集

ビデオ映画編集

テレビドラマ編集

連続編集

単発編集

脚注編集

  1. ^ 脚本家・佐治乾氏逝去 テレビドラマトピックス2001年2月22日閲覧

関連項目編集