佐治 信忠(さじ のぶただ、1945年11月25日 - )は、日本実業家サントリーホールディングス代表取締役会長[2]日本アドバタイザーズ協会理事長。ACジャパン理事長。学校法人慶應義塾評議員・理事。一般財団法人日本ウズベキスタン・シルクロード財団評議員[3]2020年フォーブス日本長者番付4位[1]。保有資産額は2020年4月時点で、94億米ドル(約1兆60億円)[1]

さじ のぶただ
佐治 信忠
生誕 (1945-11-25) 1945年11月25日(75歳)
日本の旗 日本 兵庫県
住居 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾大学経済学部経済学科
職業 実業家
純資産 減少94億ドル(2020年4月)[1]
肩書き サントリーホールディングス株式会社
代表取締役会長
取締役会 サントリーホールディングス株式会社
配偶者 既婚
佐治敬三(父:サントリー第2代社長)
家族 鳥井信治郎(祖父:サントリー創業者・初代社長)
平賀譲(祖父:男爵)
大平賢作(祖父:元住友銀行会長)
鳥井道夫(叔父:サントリー名誉会長)
鳥井信一郎(従兄:サントリー第3代社長)
鳥井信吾(従弟:サントリーホールディングス副会長)
鳥井信宏(従甥:サントリーホールディングス副社長)

経歴編集

キリンとの経営統合破談編集

平成21年7月にキリンホールディングスとの経営統合が日本経済新聞によってリークされたが、平成22年2月8日に破談が発表された。サントリーの株式の約9割を握る創業一族の位置付けなどを巡って紛糾した。統合比率に関してキリン側が事前合意を覆す強硬な条件を提示したことから、佐治が一族を纏め切れず合意に至らなかったことが原因とされる。

また、上場企業であるキリンと非上場のサントリーの違いもあり、オーナー企業の方が楽だという心情も吐露した[6]

人物編集

  • サントリー文化財団評議員会長を務める。
  • 雑誌「フォーブス」2013年4月3日付の記事によると個人資産107億ドルと推定され、日本の富豪2位にランキングされた。
  • 歯に衣着せぬ言動で知られ、「本音の論客」として政財界に対してストレートな物言いで話題を集めることが多い。
  • 2011年10月、橋下徹(元大阪市長)の任期修了に伴う大阪府知事選挙では民主党より出馬要請されたが、実業家に専念するために辞退した。
  • 宣弘社社長の小林隆吉とは大学時代に広告研究会に所属していた時からの友人である[7]。2002年には経営難となった宣弘社を買収してサン宣弘社を設立した[7]。現在は電通グループの一員となった電通アドギアに社名を変更。宣弘社は現存している。

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集

先代:
(新設)
サントリーホールディングス社長
初代:2009年 - 2014年
次代:
新浪剛史
先代:
鳥井信一郎
サントリー(のちのサントリー酒類)社長
第4代:2001年 - 2009年
次代:
相場康則