メインメニューを開く

橘佐為

日本の奈良時代の貴族
佐為王から転送)

橘 佐為(たちばな の さい)は、奈良時代前期から中期にかけての賜姓皇族貴族。初名は佐為王従四位下美努王(三野王)の子。官位正四位下中宮大夫。 天平年間初頭に風流侍従の一人とされた狭井王[1]と同一人物と想定される。佐為流の始祖。

 
橘佐為
時代 奈良時代前期 - 中期
生誕 不明
死没 天平9年8月1日737年8月30日
改名 佐為王→橘佐為
官位 正四位下中宮大夫
主君 元明天皇元正天皇聖武天皇
氏族 宿禰→橘朝臣
父母 父:美努王、母:県犬養三千代
兄弟 諸兄佐為牟漏女王
異父兄弟:光明皇后藤原多比能
広足、文成、綿裳、御笠、広岡宮子、
古那可智、広岡真都我、広岡真姪
テンプレートを表示

経歴編集

和銅7年(714年)二世王の蔭位により无位から従五位下叙爵養老5年(721年従五位上に叙せられ、まもなく紀男人山上憶良らと共に、教育係として退朝後に皇太子・首皇子(のちの聖武天皇)に侍すよう命じられる[2]

聖武朝に入ると、神亀元年(724年正五位下、神亀4年(727年従四位下、天平3年(731年従四位上と順調に昇進した。天平8年(736年)兄・葛城王と共に、母・県犬養三千代が和銅元年(708年)に与えられた橘宿禰姓の賜与を願い許されて臣籍降下し、橘佐為と名乗る。天平9年(737年)2月に正四位下に叙せられるが、おりから流行していた天然痘より同年8月1日に卒去。最終官位は中宮大夫右兵衛率正四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 藤氏家伝』下
  2. ^ 『続日本紀』養老5年正月23日条
  3. ^ a b 『尊卑分脈』など
  4. ^ 『続日本紀』天平宝字3年7月5日条

参考文献編集