佐田豊

日本の俳優(1911−2017)

佐田 豊(さだ ゆたか[1]1911年明治44年〉3月30日[1][2] - 2017年平成29年〉7月[要出典])は、日本の元俳優東京府[2]東京市本郷区千駄木(現・東京都文京区千駄木)生まれ。本名同じ。旧芸名・別名:佐田 豊二[2]佐田 豊彦

さだ ゆたか
佐田 豊
本名 同じ
別名義 佐田 豊二
佐田 豊彦
生年月日 (1911-03-30) 1911年3月30日
没年月日 2017年7月
出生地 日本の旗 日本東京府東京市本郷区千駄木(現在の東京都文京区千駄木)
職業俳優
ジャンル 演劇劇映画時代劇現代劇特撮映画サイレント映画トーキー)、テレビ映画
活動期間 1932年 - 1978年
主な作品
天国と地獄
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1928年、旧制京北中学校(現在の京北学園京北高等学校)を卒業後、高松プロに入社。その後J.O.スタヂオの演技部に所属。当初は監督志望であったが、すぐに俳優へ転身し河合大都映画の作品に多数出演する。

第二次世界大戦中は移動劇団にて活動し、映画では松竹作品に出演記録がある。

戦後は東宝と専属契約を結び成瀬巳喜男監督作品や特撮映画など数多くの作品に出演、中でも黒澤明監督『天国と地獄』での子供を誘拐される運転手・青木役が有名であり、佐田自身も最も好きな役だと語っている[3]

1970年に専属制度が崩壊した後はテレビドラマに数本出演、俳優を引退している。

後輩の加藤茂雄によると、2010年時点では存命で、かつての東宝専属俳優の中でも最長老の人物である[要出典]

2017年7月、死去。106歳没。[要出典]

おもな出演作品編集

映画編集

テレビ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ノンクレジット。

出典編集

  1. ^ a b c d 東宝特撮映画全史 1983, p. 530, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d 初代ゴジラ研究読本 2014, p. 113, 「オール初代ゴジラ 俳優大図鑑」
  3. ^ レーザーディスク「天国と地獄」TLL2401 解説書 「人生の記念」俳優佐田豊(談)
  4. ^ a b c d e f g h i j k 東宝特撮映画全史 1983, pp. 535–536, 「主要特撮作品配役リスト」
  5. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 9, 「『透明人間』作品解説/俳優名鑑」
  6. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 25, 「『地球防衛軍』作品解説/俳優名鑑」
  7. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 39, 「『日本誕生』作品解説/俳優名鑑」

参考文献編集

  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 「映画論叢」第26号(国書刊行会2010年川口節子・加藤茂雄インタビュー
  • 『東宝特撮映画大全集』執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさし、ヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 
  • 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2014年8月24日。ISBN 978-4-8003-0452-0 

外部リンク編集