佐礼谷村(されだにむら)は、1955年まで愛媛県伊予郡にあったであり、現在の伊予市の南東部の地域である。

されだにむら
佐礼谷村
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 新設合併
中山町・佐礼谷村中山町
現在の自治体 伊予市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
伊予郡
団体コード 消滅時制度なし
隣接自治体 南山崎村中山町上灘村
佐礼谷村役場
所在地 制度なし
愛媛県伊予郡佐礼谷村
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

現在の伊予市の南東部。中山川上流域に位置し、東に障子山階上山、南に秦皇山がある。

北は南山崎村に、東及び南は旧中山町に接する。

歴史編集

藩政期

  • 大洲藩に属した。

明治以降

  • 佐礼谷村は藩政期からの村名である。明治に入っても、初めは浮穴郡に、明治11年から下浮穴郡に属する。
  • 1886年(明治19年) - 小学校開校
  • 1889年(明治22年) 12月15日 - 町村制施行により、佐礼谷村成立。
  • 1897年(明治30年) 4月1日 - 伊予郡に属する
  • 1947年(昭和22年) - 中学校開校
  • 1955年(昭和30年) 2月1日 - 中山町との合併により中山町となる。
佐礼谷村の系譜
(町村制実施以前の村)
佐礼谷 ━━━ 佐礼谷村   ━━┓ (昭和30年2月1日合併)
                   ┃━━ 中山町 
        中山町  ━━━━┛

地域編集

藩政期からの村である佐礼谷が一村でそのまま明治期に佐礼谷村となり、中山町に合併するまで続いた。合併後も中山町の大字の一つとして存続した。中山町になってから後の1958年(昭和33年)、平岡地区を伊予市(旧)に編入した。

国道56号犬寄峠の南から東方に入った農山村である。1921年(大正10年)人口2186人との記録がある。

産業編集

米、大豆、雑穀、薪、木材などを産した。

関連項目編集