佐竹 義処(さたけ よしずみ、旧字体・正式表記: 佐竹義處)は、江戸時代前期から中期にかけての大名出羽国久保田藩3代藩主。

 
佐竹義処
Satake Yoshizumi.jpg
佐竹義処像(天徳寺蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永14年8月21日1637年10月9日
死没 元禄16年6月23日1703年8月5日
改名 徳寿丸(幼名)→義処
別名 通称:次郎
戒名 徳雲院不山宗見
墓所 秋田県秋田市泉三嶽根の天徳寺
官位 従四位下右京大夫侍従左少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
出羽久保田藩
氏族 佐竹氏
父母 父:佐竹義隆、母:光聚院(寿流姫、佐竹義章娘)
兄弟 義寘義処義慰義長
亀子(黒田長興継室)
正室:宝明院(鶴姫、松平直政娘)
側室:2人
義苗相馬叙胤義格藤堂高通養女、
松平宣富正室、養真院(黒田長軌正室)、
幻体院(松平宣維正室)ら

生涯編集

寛永14年(1637年)、2代藩主・佐竹義隆の次男として誕生。

正保3年(1646年)8月12日、江戸幕府3代将軍徳川家光御目見する。承応3年(1654年)12月26日、従四位下・右京大夫に叙任される。後に侍従、左少将に遷任される。

寛文12年(1672年)2月9日、父・義隆の死去により家督を相続した。元禄14年(1701年)2月11日、弟・義長に2万石、庶兄・義寘の子義都に1万石を分け与えた。

元禄16年(1703年)6月23日、領内横手城において死去、享年65。寝食を忘れ、時には吐血しながらも藩政改革に取り組んだが、傾いた財政を建て直す前に死去した。

長男・義苗は早世したものの、次男・相馬叙胤相馬中村藩主、三男・佐竹義格は久保田藩主になった。

偏諱を受けた人物編集

 (※「処」は正式には旧字体で「處」と書くのが正しい。)