佐羽根駅

日本の岩手県宮古市にある三陸鉄道の駅

佐羽根駅(さばねえき)は、岩手県宮古市田代にある三陸鉄道リアス線の駅である。

佐羽根駅
Sabane.jpg
駅ホーム

佐羽根駅の位置(岩手県内)
佐羽根駅
佐羽根駅
佐羽根駅位置図(岩手県)
さばね
SABANE
一の渡 (2.9km)
(3.6km) 田老
所在地 岩手県宮古市田代
所属事業者 三陸鉄道
所属路線 リアス線
キロ程 101.1km(起点)
電報略号 サネ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1972年昭和47年)2月27日
テンプレートを表示

駅の愛称は「神楽の里」。当地が黒森神楽の伝承の地であることに由来する。

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。ホーム上に待合室がある。

利用状況編集

2015年度(平成27年度)の年間乗車人員は952人である[1]

近年の推移は下記のとおりである。

乗車人員推移
年度 乗車人員 出典
2012年(平成24年) 1,166 [1]
2013年(平成25年) 908
2014年(平成26年) 840
2015年(平成27年) 952

駅周辺編集

山間の駅で、近隣の黒森山への登山口である。

隣の駅編集

三陸鉄道
リアス線
快速
通過
普通
一の渡駅 - 佐羽根駅 - 田老駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 8 運輸・通信 (PDF)”. 宮古市の統計 平成28年版. 宮古市. p. 50 (2016年). 2018年3月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集