佐藤一英

佐藤一英(さとう いちえい、1899年明治32年)10月13日 - 1979年昭和54年)8月24日)は、詩人

愛知県中島郡祖父江町に生まれ、萩原町高松(現・一宮市)に育つ。萩原尋常高等小学校卒業。愛知第一師範学校中退、早稲田大学英語科中退。「青騎士」など、いくつかの雑誌を主宰、編集。1931年から1932年に発行した「児童文学」は、宮沢賢治が童話「北守将軍と三人兄弟の医者」「グスコーブドリの伝記」を発表したことで知られる[1]木曽川高校をはじめ、郷里の小・中学校、高等学校の校歌の作詞も手掛けている。

著書編集

  • 『晴天』 1922年
  • 『故園の莱』 青騎士発行所、1923年
  • 『大和し美し』 1933年、1936年
  • 『新韻律詩抄』 1935年
  • 『われを咎めよ』 1939年
  • 『遠い海風』(全詩集) 1939年
  • 『新韻律詩論』(文集) 1940年
  • 『一の賦』 1942年
  • 『魂の楯』 1942年
  • 『空海頌』 1942年
  • 『剣とともに』 1943年
  • 『みいくさの日』 1944年
  • 『乏しき木片』 1946年
  • 『幻の鐘』 1948年

脚注編集

  1. ^ 続刊していれば、「風の又三郎」も発表の予定であった。

外部リンク編集