メインメニューを開く

佐藤三矢

佐藤 三矢(さとう みつや、1971年11月11日 -)は、広島県広島市出身の保健学者、介護予防研究家。吉備国際大学准教授。日本保健福祉ネイリスト協会理事[1][2]

目次

作品編集

監修著書編集

  • 『新版 目でみるMMT』監修/佐藤三矢、平澤玲、舟木優佳 医歯薬出版 2016年[3]
  • 『目でみるMMT 頭部・頸部・体幹・上肢』監修/佐藤三矢 医歯薬出版 2010年[4]

共著編集

  • 『リハビリテーション医学電子辞書 Ver.3.2』医歯薬出版 編/医歯薬出版 2017年【佐藤三矢の執筆部分:新版目でみるMMT】[6]
  • 『生活環境学テキスト/シンプル理学療法学・作業療法学シリーズ』監修/細田多穂、編集/村田伸、岡本加奈子、北島栄二 南江堂 2016年【佐藤三矢の執筆部分:7章/玄関・アプローチの環境整備】[7]
  • 『地域理学療法学/PT・OTビジュアルテキスト』監修/重森健太 羊土社 2015年【佐藤三矢の執筆部分:第1章/総論/地域理学療法の概念】[8]
  • 『豊かな老後生活を目指した高齢者介護支援 』編著/三原博光、松本百合美 関西学院大学出版会 2013年【佐藤三矢の執筆部分:第5章/高齢者の暮らしと楽しみ/~高齢者の化粧やおしゃれ~】[9]
  • 『ベッドサイドですぐにできる!転倒・転落予防のベストプラクティス』編集/鈴木みずえ 南江堂 2013年【佐藤三矢の執筆部分:巻末付録 SMA日本語版】[10]
  • 『介護ケア・ガイド』編集主幹/日髙正巳 文光堂 2012年【佐藤三矢の執筆部分:第2章/3.起き上がり】[11]
  • 『運動療法学 第2版』編集/柳澤 金原出版 2012年【佐藤三矢の執筆部分:ボバースアプローチ】[12]
  • 『ここまでできる 高齢者の転倒予防』武藤芳照 総監修 日本看護協会出版会 2010年【佐藤三矢の執筆部分:第3章 転倒予防事業の実践事例 6 岡山市古都学区+老人保健施設 古都の森 産・民・学の連携による転倒予防教室への取り組み】[13]
  • 『地域理学療法にこだわる』監修/嶋田智明 編集/日高正巳 文光堂 2010年【佐藤三矢の執筆部分:第4部 技術軸/20.活動的な生活を演出する─実践的なレクリエーション支援の極意】[14]
  • 『ペリー 歩行分析 正常歩行と異常歩行』統括監訳者/武田功 医歯薬出版 2007年【佐藤三矢の担当部分:第4部 歩行分析システム】[15]

エクササイズDVD編集

  • DVD(30分ver.)『古都式体操(こづしきたいそう)基礎編』 2004年[16]
  • DVD(60分ver.)『吉備国大式ベスト10プログラム(古都式体操応用編)』/文科省大学COC事業 2013年[17]
  • DVD(10分ver.)『ロコモ予防エクササイズ(古都式体操ショート編)』[18]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集