佐藤 可士和(さとう かしわ、男性、1965年2月11日 - )は、東京都出身のクリエイティブディレクターアートディレクターグラフィックデザイナー慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授

目次

経歴編集

成城高等学校卒業後、御茶ノ水美術学院を経て多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科進学、卒業。大貫卓也に憧れ、株式会社博報堂に入社[1]

2000年に独立し、クリエイティブスタジオ「株式会社サムライ」を設立し、同社代表取締役に就任。社名は、自分の名前(可士和の「士」)に由来。

主な仕事に、ホンダステップワゴンなどのTVCFSMAPなどミュージシャンのアートワーク、NTTドコモFOMA N702iD / N703iD」のプロダクトデザインユニクロNYグローバル旗艦店、UT STORE HARAJUKU.のクリエイティブディレクションセブン-イレブンブランディング国立新美術館VIサイン計画、幼稚園大学病院のブランディング、「極生」(キリンビール)等の商品開発から広告キャンペーン、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIのVIと空間ディレクション、楽天グループ、ファーストリテイリングCINHK教育テレビえいごであそぼ」のアートディレクション、NBOX ホンダロゴデザインなどがある。

2011年9月、横浜みなとみらい地区にグランドオープンした安藤百福発明記念館(愛称:カップヌードルミュージアム)のコンセプトワーク、トータルデザインを手がけた。また近年では、今治タオルのブランディング、JAPAN国際コンテンツフェスティバルのシンボルマークデザインとクリエイティブディレクションなどを手がけている。

明治学院大学2007年4月 - )、多摩美術大学2008年4月 - )客員教授。東京ADC理事、東京TDC理事、JAGDA運営委員、大阪府市特別参与(2012年7月 - 2013年3月)、2016年度文化交流使[2]

人物編集

本人について編集

仕事仲間について編集

  • 佐野研二郎も同様に大貫卓也の講演に"衝撃を受け"博報堂に入社。佐藤の下で学んでいた[5]

仕事について編集

  • 直線的な表現や原色を使った色彩構成、ラフなタッチのイラスト表現を頻繁に用いる傾向がある。
  • セブン-イレブンなど、数多くのブランディングプロジェクトを手がける。特にSMAPとは、「S map ~SMAP 014」からアルバムのアートワークなどを手掛ける、馴染みの存在である。

主な仕事編集

広告編集

ブランディング編集

 
ユニクロ・ロゴマーク

CDジャケット編集

テレビ番組編集

サイトデザイン編集

上記2社のサイトは、共にWebユーザビリティコンサルティングの株式会社ビービットとの共同による。

ロゴ編集

 
ヤンマー・ロゴマーク
(2013年7月 - )

展覧会編集

  • 「佐藤可士和展 -BEYOND-」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)2004年
  • 「TOKYO 02-03 <MORE THAN 2D, LESS THAN 3D>」(パリ「資生堂ラ・ボーテ」)2002年
  • 「The Power of Art Direction!」(クリエイションギャラリーG8)2002年

主な受賞歴編集

著書編集

  • 佐藤可士和の仕事と周辺 Artist,Designer and Director SCAN(2001年、六耀社
  • 佐藤可士和 世界のグラフィックデザイン(2004年、ギンザグラフィックギャラリー)
  • BEYOND - KASHIWA SATO(2004年、宣伝会議
  • 佐藤可士和の超整理術(2007年、日本経済新聞出版社
  • 佐藤可士和 デザインペディア(2008年、マガジンハウス
  • 佐藤可士和のクリエイティブシンキング(2010年、日本経済新聞出版社
  • 佐藤可士和さん、仕事って楽しいですか? (2012年、宣伝会議)
  • 聞き上手 話し上手 38の可士和談議(2013年、集英社

出演編集

テレビ編集

脚注編集

外部リンク編集