佐藤 嘉幸(さとう よしゆき、1971年 - )は、日本の哲学者筑波大学人文社会系准教授。 専門はミシェル・フーコージル・ドゥルーズジャック・デリダルイ・アルチュセールなどのフランス現代思想、社会理論、権力理論。

略歴編集

著作編集

  • Pouvoir et résistance: Foucault, Deleuze, Derrida, AlthusserL'Harmattan, 2007)
  • 『権力と抵抗——フーコー・ドゥルーズ・デリダ・アルチュセール』(人文書院、2008年)
  • 『新自由主義と権力——フーコーから現在性の哲学へ』(人文書院、2009年)
  • 田口卓臣・小出裕章他共著『『脱原発の哲学』を読む』(読書人、2017年)
  • 田口卓臣・前田朗他共著『『脱原発の哲学』は語る』(読書人、2018年)
  • 小出裕章・崎山比早子他共著『福島原発集団訴訟の判決を巡って——民衆の視点から』(読書人、2019年)
  • 王寺賢太・立木康介編『〈68年5月〉と私たち——「現代思想と政治」の系譜学』(読書人、2019年)
  • 徳田太郎共編『いばらき原発県民投票——議会審議を検証する』(読書人、2021年)
  • 小泉義之立木康介編『フーコー研究』(岩波書店、2021年)
  • 立木康介共編『ミシェル・フーコー『コレージュ・ド・フランス講義』を読む』(水声社、2021年)

訳書編集

  • ミシェル・フーコー『ミシェル・フーコー思考集成IX』(蓮實重彦渡邊守章監修、共訳、筑摩書房、2001年)
  • ジュディス・バトラー『自分自身を説明すること——倫理的暴力の批判』(清水知子との共訳、月曜社、2008年)
  • ジュディス・バトラー『権力の心的な生——主体化=服従化に関する諸理論』(清水知子との共訳、月曜社、2012年)
  • ミシェル・フーコー『ユートピア的身体/ヘテロトピア』(水声社、2013年)
  • ジャック・デリダ『獣と主権者II』(西山雄二・亀井大輔・荒金直人との共訳、白水社、2016年)
  • ジュディス・バトラー『アセンブリ——行為遂行性・複数性・政治』(清水知子との共訳、青土社、2018年)
  • ジュディス・バトラー『物質=問題(マター)となる身体——セックスの言説的境界について』(佐藤嘉幸監訳、竹村和子越智博美らとの共訳、以文社、2021年)
  • アントニオ・ネグリマイケル・ハート『アセンブリ——新たな民主主義の編成』(水嶋一憲・箱田徹・飯村祥之との共訳、岩波書店、2022年)
  • ジュディス・バトラー『非暴力の力』(清水知子との共訳、青土社、2022年)

外部リンク編集