佐藤敏夫 (音響監督)

佐藤 敏夫(さとう としお、1940年1月13日[1] ー )は日本音響監督、吹替演出家である。フリー。

経歴・人物編集

1962年東北新社に入社[2]。外画演出部に所属し数々の洋画吹替の演出を担当[3]1997年に退社し、以後フリーの音響監督として活動している[2]。アニメーションの音響監督もいくつか担当している。

外画吹替の黎明期から活躍するベテランの一人であり[4]、活動50年以上を迎えた現在でも現役で活躍している。佐藤の演出は業界での評価も非常に高く、その手腕の高さは80年代頃には「佐藤に演出してもらえたら一人前」と言われていたほど[5]。自身の吹替演出について佐藤は「単なる(原語版の)模倣ではなく物語や役のイメージにあった演出を心がけた」と発言している[6]

出演した役者からの信頼も厚く、三ツ矢雄二は「巨匠」と評し[5]小山力也は「私の師匠」としている[7]坂本真綾は「第2の父」と呼び慕い、「佐藤さんの演出には作品に対する愛、ひとつひとつの役柄に対する愛、役者やスタッフに対する愛がある」と語っている[8]大塚明夫も相性が良く仕事がやりやすい演出家として佐藤の名を挙げている[9]

横山智佐によると佐藤はゲームでの演出の際、作品世界に入りこむため台詞を言っている役者の姿はあえて見ずに、机に突っ伏してピクリとも動かず声を聞いていたという。横山はこれを怖いと思いつつも「なんて丁寧な収録なんだ」と感動したという[10]

近年の若い音響監督について、「自分がお前を使ってやるんだ」という言い方をする人がいることには苦言を呈しており、「『この役をお前にやらせてやるよ』ということでは、良い物が出来ないような気がする」と発言している[11]。また「今の風潮として、忙しいとか、期間が無いとか、とにかく作らなきゃいけないという切羽詰ったところが現場にあるので、余計に『じゃあこれはお前、これはお前、これはお前な』みたいな作り方をしているように見えるんですが、それをやったら吹替えの未来は無くなってく」と語り、キャスティングする側が役者の本質を理解した上で「だからこそ、この役はあなたにお願いしたい」という姿勢をとることが日本語版を大事にしていくことになると述べている[11]

近年の若手声優については「どんな役でも出来るかもしれないけども、『これだけは俺に任せろ』というような個性というか(中略)『この人にこの俳優の声を演じてもらいたい』というような個性的な役者が少なくなってきている」と発言している[11]

エピソード編集

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を演出した際、本国側のスタッフからアナキン・スカイウォーカーの役には演じるジェイク・ロイドと同年代の子役を起用するよう要請があった。佐藤は児童劇団を訪ねまわったものの芝居ができる子役がいなかったため、本国側との交渉の末子役の吹き替え経験が豊富な矢島晶子を起用することに成功したという[12]。また『スター・ウォーズ クローン大戦』でのアサージ・ヴェントレス配役の際も、アメリカ側から原語版(グレイ・デライル、ニカ・フッターマン)と同じ20代女性での配役が要望されていたが、日本では同年代でオリジナルに似たしゃがれた声を出せる声優がいなかったため、当時40代半ばであった磯辺万沙子がキャスティングされた。佐藤はこの時も現地スタッフを納得させるのに苦労したと述べている[12]

ゲーム『サクラ大戦シリーズ』では、『サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜』まで全てのシリーズの音響監督を担当した。原作者である広井王子の想いに答えるため佐藤は、声の特徴を明確に打ち出すことと、キャラクターと声でチーム(帝国華撃団)としてのアンサンブルを取ることを意識したという[13]。そのため、当時としては珍しく細かい部分まで丁寧に演技指導があり収録が行われたゲーム作品になったという[10]

主な参加作品編集

アニメーション編集

1973年

1975年

1978年

1979年

2003年

2005年

劇場アニメ編集

2004年

OVA編集

1997年

ゲーム編集

1996年

1998年

2000年

2001年

2002年

2005年

日本語吹替版演出編集

映画編集

テレビドラマ編集

海外アニメ編集

脚注編集

  1. ^ シネ通! ダークボの偏愛コラム #69”. 2018年9月4日閲覧。
  2. ^ a b ロゴ - 声優ワークショップ Fourth AVENUE (フォースアベニュー)”. 2017年6月21日閲覧。
  3. ^ 『サウンド・オブ・ミュージック』製作50周年記念吹替版 インタビュー 演出家 佐藤敏夫”. 2017年6月21日閲覧。
  4. ^ NITABOHオフィシャルサイト / メイキング / 声優オーディション”. 2017年6月21日閲覧。
  5. ^ a b 『アマデウス 日本語吹替音声追加収録版ブルーレイ』発売記念 特別試写会 オフィシャルレポート ゲスト:三ツ矢雄二さん”. 2017年6月21日閲覧。
  6. ^ “吹き替え映画 歌声も絶妙”. 朝日新聞. (2017年5月23日) 
  7. ^ 20世紀FOXホームエンターテイメントのツイート(2015年3月27日) - Twitter
  8. ^ *- 坂本真綾 【I.D.】 12人の優しい人たち -*”. 2017年6月21日閲覧。
  9. ^ ワーナーブラザーズ公式「吹替の力」大塚明夫インタビュー”. ワーナー・ブラザース. 2019年02月29日閲覧。
  10. ^ a b 横山智佐 『わたしが愛したゲームキャラ』 ソフトバンククリエイティブ、1999年、40-42頁。ISBN 4797309415 
  11. ^ a b c 「大塚周夫との思い出」 音響演出家・佐藤敏夫 インタビュー”. ふきカエル. 2020年3月6日閲覧。
  12. ^ a b 高貴準三「Lode of STAR WARS」『宇宙船』Vol.112(2004年5月号)、朝日ソノラマ、2004年5月1日、 60頁、 雑誌コード:01843-05。
  13. ^ 出山健示 『広井王子の全仕事』 毎日コミュニケーションズ、2000年、65-66頁。ISBN 4839902593 

関連項目編集

外部リンク編集