佐藤武夫

佐藤 武夫(さとう たけお、1899年10月22日 - 1972年4月11日)は、日本の建築家建築音響工学の先駆者。

さとう たけお
佐藤 武夫
生誕 1899年(明治32年)10月22日
愛知県名古屋市主税町
死没 (1972-04-11) 1972年4月11日(72歳没)
東京都中央区
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
職業 建築家
受賞 日本建築学会賞作品賞(1960年)
黄綬褒章(1963年)
日本芸術院賞(1967年)
勲三等瑞宝章(1969年)
所属 佐藤武夫設計事務所
(現・佐藤総合計画
建築物 岩国徴古館
旭川市総合庁舎
北海道開拓記念館

目次

経歴・人物編集

愛知県名古屋市主税町(現在の名古屋市東区)で生まれた。少年期は軍人だった父の転任に従って北海道山口など転居が多かった。

旧制岩国中学校から建築を志して、早稲田大学に進学した。1924年、卒業後、母校早稲田大学の助教授に就任。

その頃大学では、大隈講堂の設計が始まり、恩師佐藤功一の指導のもとで設計に従った。この講堂を設計する中で音響について苦心を重ねた。当時、建築の音響について多くは経験的なもので決められていたが、科学的な研究を進めていった。その過程で日光東照宮の本地堂で起こる「鳴竜」の現象を初めて科学的に解明した。1935年、音響の研究で工学博士号。1938年教授に就任。

1945年に自宅にて設計事務所を始め、1951年には大学を辞し、以後は設計事務所(佐藤武夫設計事務所、現・佐藤総合計画)の経営に専念。1951年に錦帯橋の再建工事に協力。作家の宇野千代木挽町の邸宅など、個人住宅も手掛けた。1957年から1959年まで日本建築学会会長も務めた。

1972年4月11日東京都中央区聖路加病院にて死去。72歳没。

作品編集

名称 所在地 状態 備考
/大隈講堂 1927年(昭和2年) 13東京都新宿区 重要文化財 共同設計:佐藤功一
/岩国徴古館 1945年(昭和20年) 35山口県岩国市
/長崎国際文化会館 1955年(昭和30年) 42長崎県長崎市 現存せず
/旭川市総合庁舎 1958年(昭和33年) 01北海道旭川市
/新潟市庁舎(四代目庁舎) 1958年(昭和33年) 15新潟県新潟市 現存せず
/岩国市庁舎 1959年(昭和34年) 35山口県岩国市 現存せず
/文京区総合庁舎公会堂 1959年(昭和34年) 13東京都文京区 現存せず
/防府市公会堂 1960年(昭和35年) 35山口県防府市
/ホテルニュージャパン 1960年(昭和35年) 13東京都千代田区 現存せず
/長野市民会館 1961年(昭和36年) 20長野県長野市 現存せず
/矢板市庁舎 1961年(昭和36年) 09栃木県矢板市
/葛飾区総合庁舎 1962年(昭和37年) 13東京都葛飾区
/土浦市旧庁舎(二代目庁舎) 1963年(昭和38年) 08茨城県土浦市
/旧福岡県文化会館 1964年(昭和39年) 40福岡市中央区 福岡県立美術館
/農協ビル 1965年(昭和40年) 13東京都千代田区 現存せず
/江東公会堂 1965年(昭和40年) 13東京都江東区 現存せず
/新橋駅前ビル 1966年(昭和41年) 13東京都港区 解体予定
/熊本市民会館 1967年(昭和42年) 43熊本市中央区
/新潟県民会館 1967年(昭和42年) 15新潟県新潟市
/大津市庁舎 1967年(昭和42年) 25滋賀県大津市
/土浦市民会館 1968年(昭和43年) 08茨城県土浦市
/中央区役所 1969年(昭和44年) 13東京都中央区
/北海道開拓記念館 1970年(昭和45年) 01北海道札幌市
/城南信用金庫本店 1970年(昭和45年) 13東京都品川区
/岩手県民会館 1973年(昭和48年) 03岩手県盛岡市

受賞等編集

著書編集

  • 薔薇窓―建築随筆評論集(1957年)
  • ヨーロッパの劇場(1959年)
  • 市庁舎建築(1961年)
  • 佐藤武夫作品集(1963年)
  • 公会堂建築(1966年)
  • 火燈窓―建築家評論随筆集(1969年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞』1967年4月7日(東京本社発行)朝刊、14頁。

外部リンク編集

関連項目編集