メインメニューを開く

佐藤泰生

佐藤 泰生(さとう たいせい、1945年 - )は、日本洋画家新制作協会会員[1][2]和光大学芸術科名誉教授[3]神奈川県逗子市在住[2]

目次

経歴編集

1945年に中国の大連で生まれる[4] 。1967年東京藝術大学油絵科(小磯教室)卒業[4]。大橋賞を受賞する[4]。1969年大学院修了[5]。大学では猪熊弦一郎脇田和らとともに新制作協会(発足時:新制作派協会)を結成した小磯良平教授に師事する[4][6]。1973 - 1978年の間、フランス政府給費留学生として渡仏滞在する[4]。1980年新制作協会会員となる[5]。2001-2002年渡仏パリ滞在[4]。1992年和光大学芸術科教授に就任(2015年3月退職)[5][6]

受賞歴編集

主たる個展歴編集

  • 1976年 日本橋高島屋で滞欧作展を開催[4]
  • 1976年 パリのパッスレル・サンルイ画廊で個展を開催[4]
  • 1978年 日動画廊で個展(以後、9回開催:1984年、1989年、1992年、1999年、2002年、2005年、2007年、2011年、2015年)を開催 [3]
    • 1992年 佐藤泰生屏風絵展 [4]
    • 2011年 『佐藤泰生の新しい世界観』展(2011年11月10日 - 21日・本店、2012年1月14日 - 22日・福岡)[4]
    • 2015年 『それぞれの時間 佐藤泰生展』(2015年11月5日 - 18日・本店、2016年1月16日 - 24日・福岡)[3][8][9][10]
  • 2007年 『佐藤泰生の世界展 - 1963~2007』を諏訪市美術館で開催 [4][11]。  
  • 2009年 高島屋(東京・大阪・名古屋・横浜)で個展を開催(2013年にも開催『風と光と夢』展[12])。
  • 2015年 佐藤泰生和光大学退職記念展(2015年2月7日 - 21日)[5][6]

新聞小説の挿画編集

  • 1992年 宮本輝著『朝の歓び』(日本経済新聞朝刊連載)挿画担当(1992年9月14日 - 1993年10月17日 全385回)[4]
    • 1994年 『佐藤泰生原画展』を開催(日動画廊 東京展:2014年1月18日 - 25日・福岡展:2月5日 - 13日・大阪展:2月21-28日)[4]
  • 2008年 高樹のぶ子著『甘苦上海』(日本経済新聞朝刊連載)挿画担当(2008年9月30日 - 2009年10月31日 全386回)[4]
    • 2010年 『佐藤泰生原画展』を開催(三越[東京・名古屋・仙台・福岡・松山]) [4]
  • 2011年 高樹のぶ子著『マルセル』[13]毎日新聞朝刊連載)挿画担当(全355回)[4][14][15]
    • 2012年 『佐藤泰生原画展』を開催(日動画廊 東京展:2012年3月13日 - 26日・名古屋展:4月2日 - 12日・福岡展:4月17日 - 26日、梅田画廊 大阪展:5月7日 - 16日) [4]

脚注編集

  1. ^ 新制作協会HP 会員名簿絵画部
  2. ^ a b 『美術市場2014』(株)美術新星社発行・(株)経済界発売 103頁。
  3. ^ a b c 『それぞれの時間 佐藤泰生展』図録 (2015年) 日動画廊発行・日動出版制作 巻末「佐藤泰生略歴」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『佐藤泰生の新しい世界観』展図録 (2011年) 日動画廊発行・日動出版制作 巻末「佐藤泰生略歴」
  5. ^ a b c d “佐藤泰生先生 退職記念展『泰生の半生を再生。』2/7-21”. 和光大学芸術科. (2015年2月16日). http://www.wako.ac.jp/art/i/?p=5258 2015年5月26日閲覧。 
  6. ^ a b c “佐藤泰生 和光大学退職記念展「泰生の半生を再生。」”. Art Annual online. (2015年1月26日). http://www.art-annual.jp/news-exhibition/exhibition/45422/ 2015年5月11日閲覧。 
  7. ^ 昭和会展 過去の受賞作家(日動画廊)
  8. ^ 『美術の窓 2015年11月号』第406号、生活の友社、 136-137頁、2015年12月8日閲覧。
  9. ^ 佐藤泰生展 それぞれのじかん 〜油彩画とガラス絵 日動画廊本店”. 日動画廊. 2015年12月10日閲覧。
  10. ^ 佐藤泰生展 それぞれのじかん 〜油彩画とガラス絵 福岡日動画廊”. 日動画廊. 2015年12月10日閲覧。
  11. ^ “佐藤泰生の世界 来月26日から諏訪市美術館で開催”. 長野日報. (2007年6月23日). http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=7518 2015年5月26日閲覧。 
  12. ^ -風と光と夢-佐藤泰生展 始まりました。”. 大阪タカシマヤBlog (2013年5月23日). 2015年5月10日閲覧。
  13. ^ 1968年に京都で発生したロートレックの絵画マルセル盗難事件を扱っている。
  14. ^ “佐藤泰生和光大学退職記念展”. 朝日新聞デジタル. (2012年4月13日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201204120283.html 2015年5月26日閲覧。 
  15. ^ 毎日新聞連載小説 高樹のぶ子著「マルセル」 佐藤泰生原画展(日動画廊)

外部リンク編集