メインメニューを開く

佐藤 藤三郎(さとう とうざぶろう、1935年(昭和10年)10月26日 - )は、日本の農家、農業問題評論家著作家詩人無着成恭の『山びこ学校』の卒業生[1]。 上山市の青年学級主事、教育委員農業協同組合理事などを務める[2]

来歴編集

山形県上山市(旧山元村)出身。山元村立山元中学校在学時に無着成恭の教えをうけ、1951年、文集『山びこ学校』に生活記録がのる。山形県立上山農業高等学校定時制に在学中に農民詩を発表。以後、農業のかたわら著作活動を続けている。木村迪夫に影響を与え、詩の道へ進ませるきっかけを作った。

著書編集

脚注編集