メインメニューを開く

佐藤首相訪米阻止闘争(さとうしゅしょうほうべいそしとうそう)は、1969年11月16日~17日に行われた新左翼による闘争・事件。近代日本史上最大の2500人超の逮捕者を出し、1967年から続いた学生運動・新左翼運動の高揚に一つの終止符を打った。

目次

概要編集

この年の11月17日は、内閣総理大臣佐藤栄作の訪米予定日であった。佐藤首相の訪米の目的は、日米安全保障条約が期限切れ(以降は自動継続)となる1970年昭和45年)を目前に控え、安保条約の継続をアメリカと協議することであった。

全共闘・新左翼諸派はこれを阻止する闘争を、70年安保の前哨戦(11月決戦)と位置づけ、前月の10.21国際反戦デー闘争に続いて各地で集会・行動を企画した。中核派解放派等を中心とした武闘派は、佐藤首相の訪米を実力阻止すべく、ゲバルト棒火炎瓶で武装した行動隊を、東京国際空港に送り込んだ。

11月16日から始まった武闘派の実力闘争は、数百人ずつに分かれて蒲田駅に到着した部隊が、その都度機動隊に個別撃破されるという形になり、羽田闘争等の過去の闘争と比べても完全な敗北に終わった。佐藤首相の訪米は予定通り行われた。

その他編集

  • 前月の10.21国際反戦デー闘争と合わせた逮捕者数は4000人以上に上り、新左翼の武闘各派は疲弊した。1970年安保闘争は平穏のうちに終わったが、その大きな要因の一つは武闘各派が逮捕者の救援、保釈金のカンパ等に追われ過激な闘争を手控えていたためである。新左翼の実力闘争が再び活発化するのは1971年に入ってからとなる。
  • 1968年から続いた全共闘運動最後の大規模闘争であり、全共闘のOB会では佐藤訪米阻止のシュプレヒコールで盛り上がるという。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 臼井敏男 『叛逆の時を生きて』 朝日新聞出版、2010年、144頁。猪瀬は自身も参加したこの1969年の佐藤訪米阻止闘争でもって、60年代後半の学生運動は終わったと述べている。その後の運動は、いわゆる全共闘運動ではないという。同上書、144頁。

参考文献編集