メインメニューを開く

佐賀県総合運動場陸上競技場(さがけんそうごううんどうじょう・りくじょうきょうぎじょう)は、佐賀県佐賀市佐賀県総合運動場内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は佐賀県が所有し、鹿児島県でフィットネスクラブを運営するセイカスポーツセンターを中心とした「セイカスポーツグループ」が指定管理者として運営管理を行っている。

佐賀県総合運動場陸上競技場
佐賀県総合運動場陸上競技場
佐賀県総合運動場陸上競技場の位置(佐賀市内)
佐賀県総合運動場陸上競技場
施設情報
所在地 佐賀県佐賀市日の出2丁目1-10
位置 北緯33度16分36.13秒
東経130度17分30.6秒
座標: 北緯33度16分36.13秒 東経130度17分30.6秒
起工 1968年
開場 1970年9月
修繕 2011年
所有者 佐賀県
運用者 佐賀県体育協会
グラウンド 8レーン
照明 4基
大型映像装置 電光掲示盤
使用チーム、大会
PJM→鳥栖フューチャーズ(1994 - 1996)
サガン鳥栖(不定期)
第31回国民体育大会
平成19年度全国高等学校総合体育大会
収容能力
17,000人
アクセス
JR佐賀駅から徒歩20分

目次

概要編集

1976年佐賀県で開催された第31回国民体育大会夏季・秋季大会(若楠国体)のメイン会場として1968年から整備事業が開始され、1970年に竣工した、日本陸上競技連盟第2種公認陸上競技場。

1994年からはジャパンフットボールリーグ所属のPJMフューチャーズ(翌年より鳥栖フューチャーズ、1997年消滅)が、1996年6月に鳥栖スタジアムが完成するまでの間、暫定ホームスタジアムとして使用。それに伴い照明設備の設置とバックスタンドの座席化を行った。また1998年には大型映像装置も設置された。2007年7月28日に行われた平成19年度全国高等学校総合体育大会の開会式会場となった。

2011年5月からメインスタンドの耐震工事を軸とした改修工事が行われた。主な改修内容としては耐震化の他に、メインスタンド座席の個席化と大型映像装置のLED化、ユニバーサルデザインの導入など。総事業費は約12億4000万円で、2012年4月に完了した[1]

日本プロサッカーリーグに加盟するサガン鳥栖が不定期にホームゲームを開催することがあるほか、練習場としても使用している。2012年まではホームスタジアムの鳥栖スタジアムが芝の張替えのため使用できない毎年10月頃に開催されていた。サガン鳥栖がJ1に昇格した2012年シーズンでもリーグ戦3試合が開催された[2]。同競技場でのJ1相当の試合は、1995年10月7日開催のNICOSシリーズ(年度後期)15節・ガンバ大阪名古屋グランパスエイト[3](1-2名古屋勝利)以来、17年ぶりであった。

設備が老朽化していることに加え、佐賀県で開催される次期国体(2023年に「第78回国民スポーツ大会」として開催が決定[4])が開催可能な日本陸連第1種公認を得られないため、雨天練習場の整備や走路の改修、諸室等の整備と、第2競技場の日本陸連第3種公認に向けた全面リニューアルを実施することが決まっており[5]、2018年11月1日に県が決定した「SAGAサンライズパーク(仮称)施設計画」[6]において、「SAGAスタ」(仮称)の愛称が与えられている。

施設編集

日本陸上競技連盟第2種公認の全天候型舗装トラック8レーンを有する。

大型映像装置は1998年に新設、2012年にリニューアルされた。当初はサッカー・ラグビー用の手書きパネル式スコアボードがバックスタンド中央部分にあったが、大型映像装置設置後は使わない事があった。現在は手書きパネルは撤去されている模様。

ナイター設備は1995年に新設。4基の照明柱が各コーナーに立つ。

スタンドは17,000人程度収容で、コーナースタンド全部とバックスタンドの一部が芝生席。2012年のリニューアルでメインスタンドの座席はすべて個別席に改められた。サガン鳥栖の公式戦では、規定により芝生席を定員とカウント出来ないため、バックスタンドの両端がサポーター席に割り当てられている[7]

開催された主な大会・試合編集

鳥栖フューチャーズ・サガン鳥栖の公式戦を除く。

交通編集

施設画像編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集