佐野常民

日本の武士、政治家

佐野 常民(さの つねたみ、1823年2月8日文政5年12月28日) - 1902年明治35年)12月7日)は、日本武士佐賀藩士)、政治家日本赤十字社の創始者。官職枢密顧問官農商務大臣大蔵卿元老院議長栄典正二位勲一等伯爵。「佐賀の七賢人」の1人。名は栄寿栄寿左衛門。子は佐野常羽

佐野 常民
さの つねたみ
Tsunetami Sano.jpg
生年月日 1823年2月8日
文政5年12月28日
出生地 日本の旗 日本 肥前国佐賀郡早津江村
(現・佐賀県佐賀市
没年月日 (1902-12-07) 1902年12月7日(79歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市
出身校 弘道館
前職 武士佐賀藩士
龍池会(現・日本美術協会)会頭
称号 正二位
勲一等旭日桐花大綬章
伯爵
日本赤十字社名誉社員
配偶者 佐野駒子
子女 佐野常羽
親族 下村充贇(父)
岡村昭彦(曾孫)

内閣 第1次松方内閣
在任期間 1892年7月14日 - 1892年8月8日

在任期間 1888年4月30日 - 1892年7月14日

在任期間 1882年9月12日 - 1885年12月22日

日本の旗 第5代 大蔵卿
在任期間 1880年2月28日 - 1881年10月21日
テンプレートを表示

経歴編集

1823年文政6年)、 佐賀藩士下村三郎左衛門(充贇)の5男として佐賀(肥前国佐賀郡早津江村 現・佐賀市)に生まれる。幼名は鱗三郎。1831年天保2年)に佐賀藩医佐野常徴の養子となり、佐賀藩の前藩主・鍋島斉直から栄寿の名を授かった。佐賀藩校・弘道館に学び、1837年(天保8年)には養父のいる江戸へ遊学、古賀侗庵に学ぶ。

1839年(天保10年)、佐賀に帰り、弘道館で考証学を、松尾塾で外科術を学ぶ。1842年(天保13年)、佐野家の養女・駒子と結婚する。1846年弘化3年)、京都で広瀬元恭の時習堂に入門し、1848年嘉永元年)には大坂緒方洪庵適塾で学び、さらに紀伊国華岡青洲が開いた春林軒塾に入門する。適塾では大村益次郎明治維新で活躍する多くの人材と知遇をうる。

幕末動乱編集

1849年嘉永2年)、江戸伊東玄朴の象先堂塾に入門し、塾頭となる。江戸では戸塚静海にも学んでいる。この頃に勤皇運動に傾倒。藩の知るところとなり、急遽佐賀に戻るよう命じられている。1851年(嘉永4年)、長崎に移り、家塾を開く。1853年(嘉永6年)、佐賀に帰り、佐賀藩の精煉方頭人となり、藩主・鍋島直正から「栄寿左衛門」の名を授かる。1855年安政2年)6月に長崎の海軍予備伝習に参加する。同年8月に幕府が長崎海軍伝習所を開設し、佐賀藩から常民ら四十八名が第一期生として参加する。この頃に藩主・鍋島直正へ海軍創設の必要性を説き、自ら海軍所の責任者となる。1857年(安政4年)、佐賀藩がオランダから購入した飛雲丸の船将となり、翌1858年(安政5年)、三重津海軍所の監督となる。1863年文久3年)、三重津海軍所で幕府注文の蒸気鑵(ボイラー)を製作する。1867年慶応3年)、パリ万国博覧会に参加し、その万博会場で国際赤十字の組織と活動を見聞し、オランダに行き、日進の建造を発注する。西欧諸国の軍事、産業、造船術などを視察して翌1868年(明治元年)に帰国。

明治編集

1870年明治3年)3月10月までの8か月間、兵部少丞に就任し、日本海軍の基礎創りに尽力する。しかし、増田明道ら他の海軍担当官との関係は良好とは言い難く、佐野の奮闘は空回りでしかなかった。罷免についても同僚の船越衛は同情している。1871年(明治4年)、初代燈台頭に就任し、洋式燈台の建設にあたる(同時に工部大丞にも就任)。1872年(明治5年)、博覧会御用掛に就任し、日本の産業の近代化をめざすべく、同年3月に初の官設博覧会を湯島聖堂で開催する(湯島聖堂博覧会)。1873年(明治6年)、ウィーン万国博覧会事務副総裁に就任して、ウィーン万博に派遣される。博覧会を通じて日本の近代化に貢献し、「博覧会男」の異名を得る。通訳はアレクサンダー・フォン・シーボルトが努めた。

 
有栖川宮熾仁親王から博愛社設立の許可を受ける佐野常民

1875年(明治8年)、元老院議官となる。1877年(明治10年)2月に西南戦争が起こり、敵味方の区別なく戦場で負傷した将兵を看護する赤十字社の知識を元に、「博愛社設立請願書」を政府に提出するが不許可となり、5月に熊本で有栖川宮熾仁親王から博愛社設立の許可を得る。博愛社総長に東伏見宮嘉彰親王が就任。

1878年(明治11年)、大給恒らと博愛社の総副長となる。1879年(明治12年)、日本美術の海外流出を防ぐために、龍池会(後の日本美術協会)と呼ばれる美術団体を発足し、会頭に就任する。亡くなるまで会長を務め、芸術家の保護と育成に力を尽くす。同年10月には中央衛生会会長に就任する。1880年(明治13年)、大蔵卿に就任するが、翌年の政変で辞任する。

1888年(明治21年)、枢密顧問官に就任する。7月、磐梯山噴火の救援活動を行う。 1882年(明治15年)、元老院議長に就任する。1883年(明治16年)、大日本私立衛生会が発足し、会頭に就任する。1886年(明治19年)、東京飯田町に博愛社病院を開設する。

 
正会員認定証(1902年)

1887年(明治20年)、博愛社を日本赤十字社と改称し、初代社長に就任する。子爵。9月、日本赤十字社が国際赤十字に加盟する。12月、日本美術協会会頭に就任する。1892年(明治25年)、第1次松方内閣で農商務大臣に就任する。1894年(明治27年)の日清戦争や、1900年(明治33年)の義和団の乱で日本赤十字社は、戦時救護活動を行う。1895年(明治28年)、伯爵に陞爵。

 
伯爵佐野常民之墓

1902年(明治35年)、東京の自宅で死去、80歳。死に際して勲一等旭日桐花大綬章が贈られる。墓所は青山墓地

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

その他編集

  • 常民は、明治時代にを関東の内陸部に位置する本庄宿中山道で最大の宿場町)へ遷都する案を提出するも周囲の賛同を得られず、断念している。

親族編集

  • 父:下村充贇 - 佐賀藩士
  • 養父:佐野常徴 - 藩医
  • 妻:佐野駒子 - 養父の娘
  • 長男:常実 - 母は駒子。幼名源一郎。常民の随行者としてウィーン万国博覧会へ行ったことがあり、長じてドイツへ留学したが、1880年に留学先で没した[11]
  • 娘:粂千代 - 母は駒子。嫡子だった常実が早世したため、丹羽浅見家の浅見忠雄を粂千代の婿に迎え養嫡子・佐野常樹とする。
  • 三男:佐野常羽
  • 娘:田村貞子(1882年生) - 田村丕顕の妻。その孫にジャーナリストの岡村昭彦、演出家の岡村春彦
  • 妾:若井しま - 若井兼三郎の妹[12]
  • 妾:東海林春 - 仙台藩士東海林庄五郎の長女[13]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 佐野常民」 アジア歴史資料センター Ref.A06051168600 
  2. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  3. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。
  4. ^ 『官報』第5831号「叙任及辞令」1902年12月9日。
  5. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)
  6. ^ 『官報』第1169号、明治20年5月25日。
  7. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  8. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」1895年11月1日。
  9. ^ 『官報』第4638号・付録「辞令」1898年12月14日。
  10. ^ 『官報』第5831号「叙任及辞令」1902年12月9日。
  11. ^ 『日赤の創始者佐野常民』吉川龍子、吉川弘文館, 2001年、p208
  12. ^ 若井兼三郎(わかいけんざぶろう) 谷中・桜木・上野公園路地裏徹底ツアー
  13. ^ 『弊風一班 畜妾の実例』黒岩涙香、現代教養文庫、社会思想社、1992年、p68

参考文献(和文)・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代:
(新設)
  農商工高等会議議長
1896年 - 1897年
次代:
渋沢栄一
先代:
寺島宗則(→欠員)
  元老院議長
1882年 - 1885年
次代:
大木喬任
先代:
佐々木高行
  元老院副議長
1881年 - 1882年
次代:
(欠員→)東久世通禧
先代:
森有礼
  中央衛生会
1879年 - 1880年
次代:
細川潤次郎
先代:
(新設)
  灯台頭
1871年 - 1873年
次代:
佐藤与三
その他の役職
先代:
(新設)
日本赤十字社社長
1887年 - 1902年
次代:
松方正義
先代:
(新設)
日本美術協会会頭
1887年 - 1902年
龍池会会頭
1879年 - 1887年
次代:
土方久元
先代:
(新設)
大日本私立衛生会会頭
1883年 - 1887年
次代:
山田顕義
日本の爵位
先代:
陞爵
伯爵
佐野(常民)家初代
1895年 - 1902年
次代:
佐野常羽
先代:
叙爵
子爵
佐野(常民)家初代
1887年 - 1895年
次代:
陞爵