メインメニューを開く
佐野善左衛門宅跡東京都千代田区

佐野 政言(さの まさこと、 宝暦7年(1757年) - 天明4年4月3日1784年5月21日))は、江戸時代中期の旗本佐野政豊の子で、通称を善左衛門という。目付や江戸町奉行を務めた村上義礼は義兄(政言の妻の兄)。妹に春日広瑞室、小宮山長則室。10人姉弟の末子で一人息子であった。

目次

概要編集

佐野善左衛門家は三河以来の譜代である五兵衛政之を初代とし代々番士を務めた家であり、政言は6代目にあたる。父伝右衛門政豊も大番や西丸や本丸の新番を務め1773年(安永2年)に致仕し、代わって8月に政言が8月22日に17歳で家督を相続(500石)した。1777年(安永6年)に大番士、翌1778年(安永6年)に新番士となる[1]

天明4年(1784年3月24日江戸城中で、若年寄田沼意知に向かって走り出しながら「覚えがあろう」と3度叫んでから、一竿子忠綱作の大脇差で殿中刃傷に及んだ。その8日後に意知が絶命すると、佐野政言には切腹が命じられ、自害して果てた。葬儀は4月5日に行われたが、両親など遺族には謹慎が申し付けられたため出席できなかった。佐野家も改易となったが、遺産は父に譲られることが認められた。唯一の男子である政言には子がなかったこともあり、その後長く佐野家の再興はなかったが、幕末になって再興されている。

犯行の動機は、意知とその父意次が先祖粉飾のために藤姓足利氏佐野家系図を借り返さなかった事[2]上野国の佐野家の領地にある佐野大明神を意知の家来が横領し田沼大明神にした事、田沼家賄賂を送ったが一向に昇進出来なかった事、等々諸説あったが、幕府は乱心として処理した。

田沼を嫌う風潮があった市中では田沼を斬ったことを評価され、世人からは「世直し大明神」と呼ばれて崇められた。墓所徳本寺。法名は元良印釈以貞。

脚注編集

  1. ^ 山田忠雄「佐野政言切腹余話」1988年3月(『史学57(4)』慶應義塾大学)
  2. ^ 佐野は自家の系図に手を加えて、系図の明らかでない田沼家が佐野家の庶流であるように改竄を申し出て恩を売ろうとするが、出自に拘泥のない意次は佐野の申し出を政務多忙もあって放置する。これを、佐野は系図改竄まで申し出た自分の好意を無にしたと逆恨みした、という説もある。

佐野政言が登場する作品編集

関連項目編集