佐野日本大学高等学校

栃木県佐野市にある日本大学付属の高等学校

佐野日本大学高等学校(さのにほんだいがくこうとうがっこう)は栃木県佐野市石塚町にある日本大学準付属の私立高等学校。略称は「佐野日大(さのにちだい)」「佐日(さにち)」など。

佐野日本大学高等学校
Sano Nihon University Secondary School.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人佐野日本大学学園
校訓 自主創造・文武両道・師弟同行
設立年月日 1964年(昭和39年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 09508H
所在地 327-0192
栃木県佐野市石塚町2555
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

特色編集

本校は日本大学準付属の高等学校である。佐野市を中心とする安佐地域の地元市町村による誘致に日本大学が応える形で設置された。校訓には『文武両道』『師弟同行』『自主創造』を掲げ、『人づくりの佐野日大』をモットーにしている。2004年平成16年)には栃木県英語スピーチコンテストで優勝者を出す。2006年(平成18年)から文部科学省より理系教育に重点をおくスーパーサイエンスハイスクール (SSH) に指定された(特別進学コースにSSHクラスを1クラス設置)。

概要編集

  • 理事長:長谷川弘
  • 学校長:渡邊明男

教育環境編集

  • 特別進学コースαクラス及びSSHクラス
  • 特別進学コース
  • スーパー進学コース
  • 進学コース
  • 人間科学進学コース(2009年度より募集停止)

2005年度まで一貫コース高等部が設置されていたが、解消された。かつて特別進学コースにはβ専攻が設置されていた。2010年佐野日本大学中等教育学校が開校することに伴って佐野日本大学中学校が廃止となったため、2011年からは高校から入学する生徒のみによるクラス編成となる。また、人間科学進学コースは2009年度より募集停止となった。)

施設編集

  • 本館
    事務施設・大会議室・ホール・放送室・桜萩庵(礼法学習室として使用される和室)・進学コース職員室等を備える。
  • 図書館・特別教室棟
    特別進学コースが使用する。特進職員室・高等学校図書館・CAI教室・コンピューター室・美術室を備えている。(1996(平成8)年度以前は、特別進学コースが使用。1997(平成9)年度から2010(平成22)年度まで中学校および中等教育学校が使用。)
  • 理科研究棟 
    天体望遠鏡・理科室・音楽室・被服室・調理室・購買室等を備える。
  • 1号棟
    平成26年10月に新築・建て替えされ、スーパー進学コースおよび進学コースが使用する。進路指導室・進路センター・入試室・高等学校保健室・スーパー進学コース職員室がある。
  • 2号棟
    中等教育学校のクラスが使用する。中等教育図書室を備える。(2014(平成26)年度途中まではスーパー進学コース・進学コースも使用。)
  • 3号・中等教育学校棟
    中等教育学校のクラスが使用する。(1996(平成8)年度以前は、当時の中学校のクラスが使用。1997(平成9)年度から2010(平成22)年度まで特別進学コースが使用。)
  • 『プラザ40』
    2004年度に創立40年を迎え建設された、屋内温水プール付の講堂兼総合体育館。
    主に体育や部活動で使用。
  • 『スタジアム30』
    30周年時に設置された総合グラウンド。野球場と陸上競技場を備える。
  • 他に研修寮がある。また、職員室がコース別に三か所に分かれているほか、2つの体育教員室、中等教育学校職員室も敷地内にある。また、テニス場、グラウンド、職員駐車場などがある。

部活動編集

 


在校生・教職員編集

佐野市は両毛線東武佐野線が交差する交通の要衝でもあることから、北関東3県(栃木・茨城・群馬)や埼玉県からの通学者が多い。2021年4月現在で総生徒数約240人。教職員数約263名。足利工業大学附属高校と共に、埼玉県内の中学校で出張入試を行なっている。

交通編集

スクールバス

佐野駅から15分、吉水駅から7分、足利駅足利市駅から25分、静和駅から25分。

平成20年度より館林駅小山駅太田駅栃木駅からもスクールバスを運行するようになった。スクールバスは一部関東自動車への委託による運行である。

自転車

佐野駅から20~30分、富田駅から30分、吉水駅から15分

関連団体編集

佐野日本大学短期大学佐野日本大学中等教育学校、姉妹法人に社会福祉法人桜和会(おうわかい)がある。

沿革編集

  • 1964年5月1日 - 学校法人佐野学園設立、佐野日本大学高等学校(普通科)創立
  • 1967年4月1日 - 商業科を設置
  • 1973年11月17日 - 創立10周年記念式典挙行
  • 1978年11月1日 - 創立15周年記念式典挙行
  • 1987年4月1日 - 法人名称を佐野日本大学学園に変更
  • 1988年4月1日 - 佐野日本大学中学校開校
  • 1988年5月14日 - 創立25周年記念式典挙行
  • 1989年4月1日 - 商業科募集停止、国際教養科設置
  • 1993年11月27日 - 創立30周年記念式典挙行
  • 1993年12月31日 - 総合グラウンド・スタジアム30竣工
  • 1996年3月31日 - 国際教養科募集停止
  • 2001年4月1日 - 普通科グローバルコミュニケーションコース開設(高校)
  • 2001年4月1日 - 普通科スポーツ進学コース開設(高校)
  • 2003年4月1日 - 人間科学進学コース開設(高校)
  • 2004年9月1日 - 講堂兼総合体育館・プラザ40竣工
  • 2004年10月14日 - 英国Grammar School For Girls 姉妹校提携調印式
  • 2004年10月16日 - 創立40周年記念式典挙行(養老孟司氏の講演等)
  • 2006年4月 - 文部科学省より、スーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定(5年間)
  • 2010年3月 - 佐野日本大学中学校を廃止、佐野日本大学中等教育学校に移行
  • 2010年4月 - 中学校の発展的廃止により、敷地内に佐野日本大学中等教育学校が開校
  • 2020年8月 - 人工芝グラウンドが完成

著名な卒業生編集

スポーツ編集

芸能編集

アナウンサー編集

政界編集

  • 清水武

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集