メインメニューを開く

佐野 泰彦(さの やすひこ、1923年2月16日[1] - 1996年12月5日[2])は、日本歴史学者ポルトガル語学者。

目次

経歴編集

福岡県北九州市生まれ。父の死で叔父を頼って上京し東京・赤坂で育つ[3]東京帝国大学卒。ブラジルへ留学し、東京外国語大学ポルトガル語助教授、上智大学外国語学部助教授、教授、1992年定年、名誉教授。

編著書編集

  • 『基礎ポルトガル語』編 大学書林 1962
  • 『ブラジル語会話 英語対照』大学書林 1969
  • 『海外旅行ポケットブラジル語会話』大学書林 1980
  • 『カナ発音葡和小辞典』編 大学書林 1982
  • 『ポルトガル・ブラジル文化への誘い』同朋舎出版 1983
  • 『英語から学ぶポルトガル語会話 アプリケイティブ・メソッド』創拓社 1991
共編

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、514頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 「赤坂と紀尾井町ー自分史のひとこま」