佐野浅夫

日本の俳優、童話作家、実業家 (1925 - 2022)

佐野 浅夫(さの あさお、本名:佐野 淺雄〈読み同じ〉、1925年大正14年)8月13日 - 2022年令和4年)6月28日)は、日本俳優声優童話作家実業家。アクターズ・セブン所属。身長168cm。神奈川県横浜市(現在の区分では保土ケ谷区)出身。

さの あさお
佐野 浅夫
本名 佐野 淺雄[1]
生年月日 (1925-08-13) 1925年8月13日
没年月日 (2022-06-28) 2022年6月28日(96歳没)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市(現:保土ケ谷区
死没地 日本の旗 日本 京都府京都市
身長 168cm
血液型 AB型
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画吹き替え
活動期間 1943年 - 2022年
配偶者 あり(1998年に先妻と死別、2000年に再婚)
著名な家族 川村晃司(継子/養子)
里見浩太朗従甥
佐野圭亮族子、浩太朗の長男)
事務所 アクターズセブン
公式サイト アクターズセブンによるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
私は貝になりたい
肝っ玉かあさん』シリーズ
水戸黄門
大岡越前
ありがとう』(第2・3・4シリーズ)
おやじ山脈
じゃがいも
 
受賞
勲四等瑞宝章1996年
ペスタロッチー教育賞(2001年)
テンプレートを表示

来歴・人物編集

実家は相模鉄道天王町駅近くの青果商[注 1]神奈川県立横浜第三中学校卒業。中学校の同期生には松山善三がいる。

太平洋戦争下の1943年昭和18年)、日本大学芸術学部在学中、同窓の高山象三に誘われて劇団「苦楽座」に入団したことで俳優人生を歩み出した[2]。18歳で入団した苦楽座では最年少で皆に可愛がられた。1945年、苦楽座は中国地方を慰問する移動演劇「櫻隊」に改称した。同年3月、佐野は本土決戦に備える特攻隊応召し、劇団を離れた。丸山定夫園井恵子仲みどりら劇団員9人は8月6日広島市への原子爆弾投下により後に全員が死亡し、櫻隊はこれにより壊滅した[2][3]。佐野は軍隊を抜け出して、日本の敗戦後の8月20日頃、東京大学医学部附属病院に仲を見舞った。仲間の消息を訊こうとしたが、仲はベッドに寝たきりで何も訊けず、病室を後にした。「これまでは自分だけが生き残ったことが後ろめたかった。しかし、仲間を知る人がいなくなった今こそ」と62年間の沈黙を破り、2007年8月6日(月曜日)に東京都目黒区五百羅漢寺で仲間への思いを初めて語り追悼した。『読売新聞』2007年8月6日や『東京新聞』『毎日新聞』でも戦争体験から反戦平和を述べている[4][5]

戦後、劇団民藝の結成に参加。1971年の内部での対立により、下條正巳鈴木瑞穂佐々木すみ江らと共に退団する。

TBSテレビ系列のホームドラマや時代劇に多数出演。1993年から2000年まで『水戸黄門』で3代目水戸光圀役を演じたことで特に知られる。初代東野英治郎・2代目西村晃とは一味違い、庶民的で優しく慈悲深い「泣き虫黄門様」として親しまれた。光圀役に決まった時、東野英治郎に挨拶し、初代を長く演じて分身みたいなもので、他人が演じるのは嫌だと感じているだろうと思っていたら「よかった」と喜んでもらえて、本当に嬉しかったと回想している[2]。光圀役としての出演回数は246回、太秦にある東映京都撮影所では自転車を乗り回していたという。

NHKラジオ第2放送の『お話でてこい』では、童話の朗読役として4000回を超える放送をこなした。創作童話の執筆にも取り組み、『せん爺さんの太鼓』などの著書がある。これらの功績を讃え、2001年広島大学からペスタロッチー教育賞を授与されている。

1996年勲四等瑞宝章を受章。

1998年に先妻・英子夫人に先立たれ、芸能活動を休止したが、2000年2月に21歳年下の育子夫人と再婚。

育子夫人と前夫(川村姓)との間の長男は大学教員、次男は競輪選手の川村晃司[6]。2代目助さん及び5代目光圀役の里見浩太朗(本名:佐野邦俊)は従甥で[7][8]、浩太朗の長男の佐野圭亮は族子にあたる。

2006年5月2日(火曜日)放送の『名奉行! 大岡越前』第2シリーズ第三話 「仇を追って40年…男と女、愛と憎しみのお白州!」にゲスト出演、これが事実上の最後のドラマ出演となった。さらに2008年脳梗塞を発症し、その影響で視力が悪くなったために活動を控えるようになった[9]

2009年11月10日に亡くなった森繁久彌の葬儀には参列したほか、2013年時点では『水戸黄門』ドラマ当時の衣装を着て高齢者施設を訪問するボランティア活動を行っていた[9](89歳当時の2014年12月10日に撮影された写真も残されている)。また里見浩太朗によれば2019年にNHKで放送された『スローな武士にしてくれ』の撮影時、京都撮影所に撮影見学に来ていたという[8]

2022年5月12日に肺炎を起こし、約3週間入院。2022年6月28日(火曜日)午後9時59分、老衰のため京都市内の自宅で死去[10][11]。96歳没。訃報は同年7月4日に所属事務所により公表された。関係者によれば同年5月12日に肺炎を患って入院。6月初旬に体調が好転したことで退院し、その後は自宅で過ごしていたが、死去当日に体調が急変し、妻に看取られて息を引き取ったという[12]

出演作品編集

映画編集

など

テレビドラマ編集

吹き替え編集

映画編集

ドラマ編集

ラジオ編集

ナレーション編集

バラエティ編集

CM編集

著書編集

  • 『お話でてこいのおじさんのお話』ひかりのくに, 1990年7月
  • 『せん爺さんの太鼓』鴇田幹絵. 舵社, 1995年8月

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 晩年には横浜市中央卸売市場にて自ら仲買業者の社長を務めていた。

出典編集

  1. ^ 訃報 佐野浅夫さん 96歳=俳優『毎日新聞』朝刊2022年7月5日(社会面)
  2. ^ a b c 【評伝】戦没劇団員への思い 原点『東京新聞』朝刊2022年7月5日(社会面)2022年7月30日閲覧
  3. ^ 【黄門は旅ゆく】2 特攻 生き残ったふたり『朝日新聞』夕刊2009年11月10日
  4. ^ 今、平和を語る:佐野浅夫さん”. 恒久平和のために(WP版) (2012年6月25日). 2014年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月28日閲覧。
  5. ^ 『毎日新聞』朝刊(大阪版)連載第11回「原爆非命 桜隊は問う」”. 空のたね (2012年4月17日). 2014年5月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月28日閲覧。
  6. ^ “「水戸黄門賞」の主役は、黄門さまの息子・川村晃司”. 東スポWEB. (2011年9月18日). http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-maedaakita/47/ 2018年5月10日閲覧。 
  7. ^ “里見浩太朗 佐野浅夫さんを偲ぶ「親戚で同じ役ができたのはまれで、幸せなこと」…5代目黄門様”. スポーツ報知. (2022年7月5日). https://hochi.news/articles/20220704-OHT1T51186.html 2022年7月5日閲覧。 
  8. ^ a b “里見浩太朗“母のいとこ”佐野さんは「とても芸に厳しいおじさん」”. スポニチ アネックス. (2022年7月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/05/kiji/20220705s00041000108000c.html?amp=1 2022年7月5日閲覧。 
  9. ^ a b [佐野浅夫さん]黄門様で元気を 施設行脚” (日本語). ヨミドクター(読売新聞) (2013年2月18日). 2022年7月4日閲覧。
  10. ^ “俳優の佐野浅夫さん死去、96歳”. 共同通信. (2022年7月4日). https://nordot.app/916519342763671552 2022年7月4日閲覧。 
  11. ^ “俳優・佐野浅夫さん 老衰のため96歳で死去 「水戸黄門」3代目“泣き虫黄門”で人気”. スポーツニッポン. (2022年7月4日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/04/kiji/20220704s00041000297000c.html 2022年7月4日閲覧。 
  12. ^ 「96歳老衰で死去“水戸黄門”佐野浅夫さん 肺炎で5月入院、6月退院も体調急変し眠るように…」日刊スポーツ(2022年7月4日)
  13. ^ “3代目黄門さま・佐野浅夫さん、老衰で死去 96歳 「泣き虫黄門」で人気”. スポーツニッポン. (2022年7月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/05/kiji/20220705s00041000095000c.html 2022年11月26日閲覧。 

外部リンク編集