メインメニューを開く

佐野 真樹夫(さの まきお、1943年12月20日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手内野手)。

佐野 真樹夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1943-12-20) 1943年12月20日(75歳)
身長
体重
177 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1965年 ドラフト1位
初出場 1966年4月24日
最終出場 1969年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

息子は中日ドラゴンズでプレーしたのちに、常葉学園菊川高等学校硬式野球部の部長(2008年夏のみ監督兼任)を務めている佐野心。実姉は俳優座の女優・高山真樹(旧芸名:酒井捷代)[1]

来歴・人物編集

浜松商業高校3年生時の1961年に主将、三塁手として夏の甲子園に出場するも、1回戦で「怪童」と呼ばれた尾崎行雄高田繁を擁する浪商高校(大阪)に0-1で惜敗した。

卒業後は専修大学に進学。東都大学野球リーグでは1965年、4年生時に主将をつとめ、1年生エース芝池博明の活躍もあって春秋の連続優勝を達成した。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で立命大を降し優勝している。1964年春季リーグでベストナイン(三塁手)に選出された。1年下のチームメートに佐藤正治外野手がいる。

1965年のドラフト会議広島カープに1位指名を受けて入団。プロ1年目の1966年から主に三塁手として起用され、57試合に出場。2年目の1967年には三塁手として50試合に先発出場し、興津立雄漆畑勝久らと定位置を争う。しかしその後は怪我もあって出場機会が減少、1969年オフに実働わずか4年で現役を引退。

引退後は、長年にわたり浜松市内でシニアリーグを指導している。1982年には全国優勝。1984年からは浜松南リトルシニアの監督を務める。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1966 広島 57 113 100 9 21 5 0 2 32 8 1 4 1 0 11 0 1 22 2 .210 .295 .320 .615
1967 67 169 152 14 32 2 0 1 37 8 4 2 1 0 12 0 4 22 2 .211 .286 .243 .529
1968 18 27 24 2 3 0 0 0 3 1 1 0 0 0 2 0 1 5 2 .125 .222 .125 .347
1969 20 32 30 0 3 0 0 0 3 0 0 0 1 0 1 0 0 9 1 .100 .129 .100 .229
通算:4年 162 341 306 25 59 7 0 3 75 17 6 6 3 0 26 0 6 58 7 .193 .269 .245 .514

記録編集

背番号編集

  • 4 (1966年 - 1969年)

脚注編集

  1. ^ 佐貫百合人『役者烈々 俳優座養成所の軌跡』、三一書房、1995年、213頁

関連項目編集