メインメニューを開く

体育の日(たいいくのひ)は、日本国民の祝日の一つである。2000年平成12年)から、10月の第2月曜日と定められた。ハッピーマンデー制度及び移動祝日で定められた祝日のうち、一年で最後の祝日に当たる。

2020年(令和2年)の東京オリンピックをふまえて2020年から「スポーツの日[1]に名称が改められ、2020年に限り7月24日へ移動となる。このため、2020年10月は祝日がないことになる。

概要編集

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条は、「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としている。

フォーミュラ1日本グランプリはこの時期の開催が多く[2]島根県出雲市出雲全日本大学選抜駅伝が行われる。

由来編集

1964年昭和39年)に東京オリンピック開会式が催された10月10日を、1966年(昭和41年)から国民の祝日とした。[3]1966年10月10日は月曜日だった。

2000年(平成12年)からハッピーマンデー制度で、10月の第2月曜日となる。

2020年(令和2年)に限り、東京五輪・パラリンピック特措法で、2020年東京オリンピック開会式の7月24日(金曜日)に変更される[4]

「スポーツの日」への名称変更編集

2017年(平成29年)に、超党派の国会議員らによるスポーツ議員連盟が「体育の日」を「スポーツの日」へ変更する改正法案の国会提出を準備する[5][6]

2018年(平成30年)6月13日に改正祝日法が参議院本会議で可決して成立し、2020年1月1日付で「体育の日」は「スポーツの日」へ改められた[4]

2020年に限り、10月第2月曜日から2020年東京オリンピック開会式の7月24日(金曜日)へ移動し、同様に7月の第3月曜日から23日(木曜日)へ移動する海の日、続く土曜日、日曜日と4連休となる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の祝日では初の片仮名の名称である。
  2. ^ 2013年は当初10月6日に設定したが、JAFの申請により体育の日を含む三連休内の10月13日に変更となった。2013年F1カレンダーが発表。日本GPが日程変更
  3. ^ 10月10日が東京地方で「晴れの特異日」であることから、1964年東京オリンピックで開会式が催されたが、昭和34年発行『気象学ハンドブック』は10月の晴れの特異日は14日としている。
  4. ^ a b “東京五輪前後に3祝日移動 改正法成立、渋滞を緩和”. 日本経済新聞. (2018年6月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31696030T10C18A6CR0000/ 2018年6月13日閲覧。 
  5. ^ 体育協会名称「スポーツ協会」へ 変更検討、体育の日も デイリースポーツ、2017年1月1日閲覧。
  6. ^ 体育の日 名称「スポーツの日」に 改正法案を今秋提出へ 毎日新聞、2017年4月27日更新、2017年9月27日閲覧。

外部リンク編集