何という行き方!』(What a Way to Go!)は1964年アメリカ合衆国映画

何という行き方!
What a Way to Go!
監督 J・リー・トンプソン
脚本 アドルフ・グリーン
ベティ・コムデン
原作 グエン・デイヴィス
製作 アーサー・P・ジェイコブス
音楽 ネルソン・リドル
撮影 レオン・シャムロイ
編集 マージョリー・ファウラー
制作会社 Apjac-Orchard Productions
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年5月14日
日本の旗 1964年10月10日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 370万ドル[1]
興行収入 1110万ドル[2]
テンプレートを表示

監督はJ・リー・トンプソン。出演はシャーリー・マクレーンポール・ニューマンロバート・ミッチャムディーン・マーティンジーン・ケリーボブ・カミングスディック・ヴァン・ダイクなど[3]

ストーリー編集

シンプルな結婚生活を望むルイザは、エドガーという男性と結婚する。 ある日、ルイザの母親から気に入られていた金持ちのレナードが家を訪れ、彼の冗談から刺激を受けたエドガーは一生懸命働き、大金持ちとなり、レナードを破産に追い込む。だが、エドガーは拝金主義者になり、やがて心臓まひで死ぬ。多額の遺産を受け取ったルイザは、パリへ行き、タクシー運転手で生計を立てる画家のラリーと結婚する。ラリーは絵画の世界で成功するも死亡する。帰国したルイザは、ロッドという男と出会い結婚する。そして、彼女が夢見た簡素な生活のため、牧場経営を始めるも、ロッドは牛にけられて死ぬ。その後、ルイザはニューヨークへ行き、売れない道化師のピンキーと結婚する。やがてピンキーも成功するが、群集事故により死亡する。 一人ぼっちになったルイザが精神科医に相談していたところ、ビル小間使いとなったレナードが現れる。 そして、2人は結ばれ、幸せに暮らす。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1971年5月9日『日曜洋画劇場』)

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. 978-0-8108-4244-1. p254
  2. ^ Box Office Information for What a Way to Go! The Numbers. Retrieved 2013-04-30.
  3. ^ 何という行き方! - 映画.com

外部リンク編集